07 | 2017/08 | 09

小沢征爾さんもタクトを振った【別府アルゲリッチ音楽祭2017】 


 朝刊の社会面で、【小澤征爾さん初のタクト】という別府アルゲリッチ音楽祭の記事を目にしました。
 今年で19回目ですって!
 アルゲリッチ音楽祭はかなり前から「行く行く」言っていたのに未だに・・・なんですよね。腰が重いのにも程があるなぁ。来年こそは20周年の節目だし絶対行こう!
 0517b 0517c
 ※画像出典:

 公式サイトマルタ・アルゲリッチさんの言葉に感銘を受けたので、皆さまにも読んでいただきたい。
 平和ってなにより素晴らしいこと。尊いことです!
 ↓サイトから引用させていただきました。

平和だからこそ、日本で音楽祭を開催できます。
この幸運が一日でも早く世界の人々へも訪れることを願い、かつてベートーヴェンが
人類の寛容と連帯を歌い上げたように心を込めて演奏したいと思っています。
そして子どもたちを待つ未来が平和であるように、また子どもたちが積極的にこの平和へ
向かう努力をしてくれることを願っています。
この願いを多くの皆さまと共有できれば幸せです。

0517ポスター


 ポスターも素敵ですねぇ。 このポーズはアルゲリッチの画像でよく見るわね(^^)

 さて、マルタ・アルゲリッチといえば“神の手”を持つと言われる世界的ピアニスト。
 御年75歳。アルゼンチン出身。離婚歴3回&娘三人。
 日本とのかかわり、と言えないかもだけど、中村紘子とともに『第7回ショパン国際ピアノコンクール(1965年)』に出場しています。
 ちなみに結果は、アルゲリッチ第1位、中村紘子第4位でした。

 ネットによるとアルゲリッチといえばショパン、らしいですが・・・
 1975年演奏『チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番』。指揮は2番目の夫だったシャルル・デュトワ
 
 
 一方の小澤征爾さんは、日本人なら誰でも知っている(ですよね?)世界的指揮者。
 近年は闘病のため仕事をキャンセル等の記事もあり、また体力が回復して何処ぞでタクトを振るったなんて情報もあったり。
 81歳なので心配だけど、インタビューでは熱く語る姿も見られたので、またオーケストラを指揮する姿が見られると期待しています。

 誰でも聞いたことある曲(私の小学校では掃除時間の曲)&視聴回数の多さで選んだ動画をご紹介。
 チャイコフスキーくるみ割り人形』1993年6月に行われた小澤征爾指揮によるベルリン・フィルの野外コンサート
 

 二人の共演動画はこれしか探せなかったけど、なかなかですよ☆
 小澤征爾&アルゲリッチの掛け合いは03:34~
 

 別府には3月に行ったのですが、去年の熊本地震で影響を受けた温泉もあるようです。
 つい最近まで「九州は地震ないから」と思っていたのが完全に覆ったな。
 でも、別府の町の湯けむりを眺めていたら、老後は温泉付き老人マンションで暮らせたら幸せだろうな・・・なんて思ったわ。


 この記事は5/18に投稿するつもりがその後PCを開く余裕がなくて今日(5/23)に至りました。時間が経ちすぎましたが「もったいない精神」で投稿しておきますm(_ _)m
 なお、別府アルゲリッチ音楽祭は26日まで開催中です。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た
スポンサーサイト

『青春の影』(財津和夫)聴き比べ ~岩崎宏美/福山雅治/森山直太郎/クリス・ハート/アンディ・ラウ~ 


 チューリップの『青春の影』という曲をご存知ですか?
 一定年齢以上の方でなくてもCMやドラマで使われたことも多いので、聴けば「ああ、この歌ね」と分かる歌だと思います。
 アニメ『クレヨンしんちゃん』第396話Bパート*『新しい家を探すゾ』(2001年)の挿入歌としても使われたから、クレしんファンは知っているかも?
 (*:著作権がクリアできずにDVDには未収録だそうです)

 『青春の影』は、1974年6月5日発売でチューリップのメジャー6曲目であり、作詞・作曲・ボーカルは財津和夫、編曲はチューリップ、弦管編曲は青木望さん。当時チューリップのボーカルは姫野さんと思っていましたがこの曲は財津さんです。チューリップは全員がボーカルをするバンドだそうです。

 まずはご本家から。
チューリップver. (1982年12月21日発売/TULIP LIVE The 1000thより)
 

財津和夫LIVE版歌詞つき
 
 
■20世紀○HK版
 
 年齢を重ねてより深みが増し、聴き入ってしまいますね♡
 では、実力は折り紙付きな歌手によるカバーをお聴き下さい。

■クリス・ハート
 
 あまりの素晴らさに言葉を失います!Fullで聴きたい!!

■森山直太朗
声質が似ていてとても聴きやすい。素敵です!
 推奨されなくてもエンドレスリピートしてしまうアナタの姿が見えます。
 

アンディ・ラウ(劉德華)
 香港の大スターが広東語で歌う『青春の影』。中国語タイトルは「永遠記得你」
  ・ニコ動:LIVE1988年
  ・youtube:LIVE2003年
 どちらも観客が大合唱してます。嬉しくなりますねこういうの見ると(〃∇〃)

 お次は、『青春の影』で検索すると上位に出てくる福山雅治Ver.

 ★2001年(Full)
 

 ★視聴回数が多いもの
 
 ★オールナイトニッポン「魂のリクエスト」Ver.
  ・2012.05.20(ラジコ音源Full。クリアです)→https://youtu.be/2BYHjSeFW4Q
  ・2012.05.19(歌詞付Full)→ https://youtu.be/JY2vV4C6X0g
  ・1996.09.23→https://youtu.be/HRtFFzEylFw?t=3m39s
  ・1995.09.18(注意:カセットテープ音源)→https://youtu.be/3cNcHSceL_8?t=4m36s

岩崎宏美
 
 岩崎さんの声は包み込まれるような心地好さ。必見です!
 
岩崎宏美&氷川きよし
 https://youtu.be/O7Hmt3bb1vU
 Fullで聴きたいし、氷川Ver.も是非、と思いました。


 最後にご紹介するのは、涙腺崩壊CMとして有名(らしい...<(_ _)>)な動画。
 読売新聞、全日空、プラチナ・ギルド・インターナショナル3社のコラボCM第3弾(2008年3/21~31放送)のテーマ曲として『青春の影』が使われています。
 出演:大和田伸也/黒田福美、監督:中島信也/澤本嘉光
 ▼「恋とか、愛とかのすこし先。」
 
 大和田伸也さん最高ヽ(○≧ω≦)(≧ω≦●)ノ 
 泣かされました!!! 
  


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た

昭和の漫画少女とデヴィッド・ボウイ 

 デビッド・ボウイ
 英国のロックスターで俳優だった彼の名前を覚えたのは、子供の頃友達に借りて読んだ少女漫画の中でした。
 鈴木雅子、萩尾望都、木原敏江、大矢ちき、山岸涼子、池田理代子、大島弓子、岸裕子等の漫画で、通りすがりのモブとして、あるいは名前のあるキャラとして登場していた記憶があります。

 彼のペットが仔豚だったのを知ったのも、そもそもペットのカテゴリに豚が入るのを知ったのも少女漫画でした。
 「彼はオトコの趣味はいいがオンナの趣味が悪い」
 などとのたまう漫画家先生の呟き(当時は主にローマ字で背景の一部として書かれていた)は、小学女子には意味が分からないまでもシッカリと記憶に刻んだのでした。

 彼の姿を雑誌で見たのは、彼の名前を知った数年後だったと思います。
 想像していたより華奢で!!!
 身長は178センチなのに一時は50キロ以下だったそうですよ。
 160センチの私より軽かったのか(゚Д゚)

 ↓こんな髪型、頬がこけてる、糸目、高身長、物静かな頭脳派・・・・なボウイ似キャラが多かったです。
  
 
 学生時代、寮の隣室の女の子もボウイのファンで、二人でボウイが出演した西ドイツの映画を観に行った事がありました。
 「クリスチーネ・F」という作品で、普通の女学生がドラッグにハマる悲惨な物語。
 ヒロインはボウイのファンで、彼のコンサートに行くシーンがあり、ボウイがカメオ出演していました。
 今検索したら、『クリスチーネ・F ~麻薬と売春の日々~』という副題がついていたんですね。
 最後ヒロインがどうなったかの記憶が曖昧で・・・・多分忘れたいほど酷かったんだと思います。
 ボウイの記憶のみが残った作品でした。
 (※ベルリンの壁が崩壊する以前の作品です)

 ボウイの映像は、2年前のルイ・ヴィトンのCM以来見ていなかったのですが、死の二日前に撮った写真が公開されています。
 

死の2日前の1月8日(誕生日)に長年彼を撮ってきたフォトグラファー、ジミー・キングとフォト・セッションを行っていたボウイ。
 ボウイの、最後の写真はこちらから。
   http://consequenceofsound.net/2016/01/david-bowies-final-photographs/
 同フォトグラファーが3年前、2013年の1月8日に撮影したボウイの写真はこちら。(昼食時に和食レストランでの撮ったもの)
   http://www.davidbowie.com/news/exclusive-jimmy-king-bowie-birthday-photograph-48486

 

 デヴィッド・ボウイの訃報から3日。
 各国の著名人やファンの哀悼の言葉に「そうよね。そうだったわ」と頷きながら、日本の片隅で彼への感謝とご冥福を祈っています。


◆デヴィッド・ボウイ関連記事
 ・大島渚、クインシー・ジョーンズ、デヴィッド・ボウイ
 ・ハリウッド版『BLEACH』キャスト発表第一弾!!
 ・ルイ・ヴィトンとシャネルN°5 ~デヴィッド・ボウイとマリリン・モンロー~

最後のアルバム『★』(ブラックスター)2016/1/8発売
ブラックスター




ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
  にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た

12月10日は坂本九さんの誕生日です 


 坂本九さんといえば、ビルボードで3週連続1位になった「上を向いて歩こう」(SUKIYAKI)や「見上げてごらん夜の星を」がすぐ浮かびます。
 しかも、私はリアル世代じゃないにも関わらず、どちらの曲も歌えるんですよ。
 名曲というのは、覚えようとしなくても、向こうから耳に入ってくるものなんですね。

 ところで、九ちゃんは子供の頃の私にとって、歌手というより“TVにたくさん出てる人”のイメージでした。
 リアル世代でなかったせいでしょうか。
 そして私には、九ちゃんといえば“御巣鷹山”が1番に浮かぶワードなのです。

 1985年(昭和60年)の日本航空123便墜落事故。
 あれは、今でも鮮明に記憶に刻まれている衝撃的な事故でした。
 TVで流れる悲惨な映像。
 さらに、当時隆盛だった写真週刊誌『FOCUS』や『FRIDAY』での生々しい画像の数々。
 インターネットが普及していなかったあの頃、写真週刊誌の事故現場写真は、焦げた匂いや腐臭まで伝わる程の迫力でした。

 暗いムードになってしまいスミマセンm(_ _)m
 今日は九ちゃんの誕生日なんですから、笑顔でいくべきですよね。

 ネット情報ですが、九ちゃんは福祉やボランティア活動にも尽力されていたそうです。
 「彼の死によって手話が市民権を得るのが5年は遅れた」と言われているとか。(コチラより引用)
 九ちゃんといえば、明るい笑顔が印象的でしたが、見かけを裏切らないあたたかな心根の方だったのですね。

 最後に、 『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』のオリジナルと話題になったカバーCMをご紹介します。 
 ▼坂本九『上を向いて歩こう』 ※画像クリックで動画サイトへ
 1210九

 ▼坂本九『見上げてごらん夜の星を』
   

  『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』の2曲を歌い繋ぐ*総勢71名の著名人。
 この曲は、東日本大震災後「日本が明日に向かって前進するために」とサントリーグループが企画したもの。
   

 *参加71名(モレ、ダブリはご容赦下さい)
 大滝秀治/本木雅弘/ベッキー/加藤茶・仲本工事/堺正章/矢沢永吉/宮沢りえ/萩原健一/近藤真彦/小雪/三浦友和/松平健/檀れい/永瀬正敏/高島彩/小林克也/堀北真希/竹内結子/高橋克実/榮倉奈々/小栗旬/大森南朋/テリー伊藤/水前寺清子/三浦雄一郎・左右田一平/浜美枝・村田兆治/和田アキ子/富司純子/岡田将生/松田聖子/石井正則/石原さとみ/及川光博/小木博明・矢作兼(おぎやはぎ)/鎌倉道彦・近藤良平・藤田善宏(コンドルズ)/カンニング竹山/北山陽一・黒沢薫・酒井雄二・村上てつや・安岡優(ゴスペラーズ)/桐島かれん/桐谷健太/高良健吾/坂本龍一/佐々木希/佐藤健/蝶野正洋/鶴田真由/トミー・リー・ジョーンズ/仲里依紗/中村獅童/袴田吉彦/マギー司郎/松田翔太/光浦靖子/三吉彩花/ムッシュかまやつ/やくみつる/八嶋智人/山崎樹範/吉高由里子/吉永淳/笠浩二


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

阿川泰子さんに憧れていた女子高生 


 私と弟が高校生だったある日、弟が阿川泰子さんのコンサートへ行きました。

 それまで【ジャズ】といえば、『トムとジェリー』か洋画劇場の中でしか聴いたことがなかった私。
 クラシックのピアニスト志望の主人公(男)がナンパした女の子がジャズバンドをやっていて、ジャズ(ズージャという言葉をこの漫画で知った)に傾倒していく・・・という少女マンガは好きだったけど。
 とにかく、【ジャズ】は身近にはなかった。非日常でした。
 「カッコイイな」とは思っていたけれど。

 阿川泰子のコンサートへ行った弟は当然アルバムを買い帰宅後すぐレコードに針を落したので、居間にいた私にもよく聴こえました。
 「シュガーボイス」と評された阿川さんの声は心地よくて、どこか懐かしい曲とともにすっかりハートを奪われたのでした。
 
 スタンダードジャズと阿川泰子に!

 ぶっちゃけ、お顔立ちが好みでございました (*/∇\*)キャ

 ▼4枚目のアルバム『JOURNEY』 
    1980.jpg

『JOURNEY』曲目
01. Sentimental Journey センチメンタル・ジャーニー
02. Take The "A" Train A列車で行こう
03. Lover, Come Back To Me ラバー、カム・バック・トゥ・ミー
04. Moonlight Serenade ムーンライト・セレナーデ
05. In A Sentimental Mood イン・ア・センチメンタル・ムード
06. Star Dust スター・ダスト
07. Lullaby of Birdland バードランドの子守唄
08. Whisper Not ウイスパー・ノット
09. My Foolish Heart マイ・フーリッシュ・ハート
10. You'd Be So Nice To Come Home To  ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
11.Good-Bye グッド・バイ


 コレは中古レコード屋でもなかなか手に入らないでしょうが、機会があれば是非聴いてみて下さい!
 (CD版が1995年に出ているようです)
 ▼阿川さんの歌声と動く松田優作(文学座で同期)と三田工業のCMが堪能できるオススメ動画
 

 上記には入っていませんが、スタンダードジャズといえば「FLY ME TO THE MOON」が浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
 『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングでしたし幅広い層に浸透しているのでは(^^)
 個人的には「FLY ME TO THE MOON」といえば竹宮惠子の漫画『私を月まで連れてって!』です世代的に。
 そんなコトもあって、この曲も大好きです!
 ▼「FRY me to the MOON」
 北野タダオさん引退リサイタル(多分2008年)での阿川さん(59歳くらい)
 
 
 お年を重ねても色褪せない魅力的な歌声。素敵な方です。
 阿川泰子さんのおかげでジャズを好きになった日本人は、かなりいるはず!
 功労賞的な、何か洒落たネーミングの賞を音楽業界は贈るべきだと私は思っています。
 

 最後に「FLY ME TO THE MOON」で有名どころといえば…で男女二人をご紹介しておきます。
  (※あくまで私個人の好みです)
 ◆フランク・シナトラ↓↓
   https://youtu.be/mhZ2X9znPxM 
 ◆ドリス・デイ↓↓
   https://youtu.be/j7bfudsfZjw

 ついでにエヴァからも珍しいのを1曲。
 ▼アスカが歌うFLY ME TO THE MOON(FULL/セリフ入り)
 


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

井上陽水といえば「少年時代」? ~『ニューヨーク恋物語』~ 


 昨日8月30日は、井上陽水さんのお誕生日でした。
 なんと67歳w(゚o゚)w

 中学時代、学年1位の女子が陽水さんのファンだったせいか、「頭のいい人が好きになる歌手」というイメージでした。
 ちなみに私は百恵ちゃんの大ファンで、世間ではピンクレディーがブームで、ジュリーも流行ってた・・・そんな時代。
 陽水さんの歌をちゃんと聴いたのは、数年経ってからだったわ。

 長年歌っていらして、日本発のミリオンセラー(アルバム)歌手でもある陽水さんの曲には、皆さまも思い出があるんじゃないかしら。
 私はアレとアレと・・・「ひとつ選べ」と言われると迷いに迷って決まらないB型でランキング好きな私は、自分で選ぶより世間の皆さまのご意見を伺うことにしました。

【井上陽水さんのカラオケ人気曲トップ30】

 これで、人気曲、定番曲がなんとなく分かる気が・・・します(^^)

 第1位 「少年時代」 
  ・28番目のシングル曲。1990年9月21日発売
  ・映画「少年時代」の主題歌。ソニー「ハンディカム105」のCMソング。

 第2位 「リバーサイドホテル」 
  ・18番目のシングル曲。1982年7月5日発売
  ・フジテレビ系ドラマ『ニューヨーク恋物語』テーマ曲
 
 
 第3位 「心もよう」 
  ・4番目のシングル曲。1973年9月21日発売。

 第4位 「傘がない」 
  ・2番目のシングル曲。1972年7月1日発売。

 第5位 「いっそセレナーデ」
  ・23番目のシングル曲。1984年10月24日発売。
  ・サントリー「角瓶」のCMソング。

 第6位 「Make-up Shadow」
  ・ 32番目のシングル曲。1993年7月21日発売。
  ・ドラマ「素晴らしきかな人生」の主題歌。トヨタ「ブレイド」のCMソング。

 第7位 「夢の中へ」
  ・3番目のシングル曲。1973年3月1日発売。
  ・映画「放課後」の主題歌。JR東日本カシオペアCMソング。KDDI「au CDMA 1X WIN」、キリンビバレッジ「温キリン 生茶」のCMソング。

 第8位 「ジェラシー」
  ・16番目のシングル曲。1981年6月21日発売。

 第9位 「新しいラプソディー」
  ・24番目のシングル曲。1986年5月21日発売。
  ・サントリー「角瓶」、日清カップヌードル、サッポロビール「黒ラベル」、「全日空」のCMソング。

 第10位 「ワインレッドの心」
  ・初セルフカバーアルバム「9.5カラット」収録。1984年12月21日発売。

 11位~30位は以下の通り。
 30b.png

 小学校の歌本にも載っている『少年時代』が1位でした!
 そういえば、ウチの旦那様も歌っていたわね。
 そんな『少年時代は』売り上げも1位のようですよ。
 10.jpg
 カラオケ人気ベスト10と微妙に違いますね(^^)

 カラオケ2位、売り上げ3位の『リバーサイドホテル』といえば、田村正和主演のドラマ
 『ニューヨーク恋物語』!
 田村正和
 1988年10月13日~12月22日にフジ系列で放送。鎌田敏夫脚本。

<配役>
田村正和…田島雅之(バーテンダー)
岸本加世子…芽野明子(婚約破棄されてNYの従姉里美の元へ)
桜田淳子…相川里美(株のディーラー。坂入の気持ちを知りつつ無視)
真田広之…坂入正弘(保父。里美らぶ)
李恵淑(イ・ヘスク)…張美姫(里美のルームメイト。田島らぶ)
柳葉敏郎…小池一徹(美姫らぶ)
峰岸徹…八代
  ※恋愛相関図はこんなカンジ↓
  坂入(真田広之)→里美(桜田淳子)、小池(柳葉敏郎)→美姫(李恵淑)→田島(田村正和)


 桜田淳子さんが真っ赤(衣装・唇)だった印象が強くて、大好きな真田さんの印象が薄い(;´艸`)
 田村正和さんカッコよかった!
 でも誰も幸せになれないドラマでしたね。誰の恋も実らず・・・
 とにかく、「バブル時代だったからこそ作られたドラマ」でした。世間離れしていて、キライじゃありません。
 ひとつ物申すなら、真田広之がもったいなさすぎなキャスティングだったこと。
 釣られて最後まで見たファンは多かったと思いますが。

 知らなかったけど、その後続編が作られたんですね。
 竹内結子さんは好きな女優さんですが、見るなら昔のがイイわ・・・と思う世代です。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

ドン・ヘンリーの誕生日に聴く『ホテル・カリフォルニア』 

 
 作業用BGMで80年代の洋楽をよく聴きます。

 で、今日も動画サイトの80年代洋楽メドレーを検索。
 ポリスのカップヌードルCMソング『Every Breath You Take 』やアーハのノエビア化粧品CM『Take On Me』をはじめ、
 地元のトイレメーカーと同じバンド名の『Africa』、
 当初邦題が「ハイスクールはダンステリア」だったシンディ・ローパーの出世作、
 個人的には「エンダァァアアア」よりホイットニーはコレでしょ、な『I Wanna Dance With Somebody』、
 シカゴの『 Hard To Say I'm Sorry』、
 ジャケットのボーイ・ジョージの女装があまりに綺麗だったけどそれ以外は結構ゴツかったカルチャー・クラブの『Do You Really Want To Hurt Me』、
 日産のCMソングだったイエスの『 Owner Of A Lonely Heart』、
 「ロッキー3」の主題歌サバイバーの『Eye of the Tiger』、
 「トップガン」といえばこの曲『Take My Breath Away』、
 ケニー・ロギンスの『フットルース』主題歌、
 小林麻美が歌った「“雨音はショパンの調べ”の方が実は好き」なガゼボの『I Like Chopin』

 ・・・・を聴きつつ息子の靴下を手洗いしていたら、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』が流れたんです。

 「記憶に間違いがなければ、これは70年代のはず」とググったら1976年の作品でしたd(゚-^*)
 (自分の年齢も忘れがちなのに、昔のことは何故か覚えているのがオバサンというもの)
 四捨五入すれば80年代だからOKだわね。

 で、ついでに『ホテル・カリフォルニア』の解説に目を通したら、なんと今日7月22日は作詞したドン・ヘンリーの68歳に誕生日!
 ゚☆.。.:*・゚☆お誕生日おめでとうございます☆゚・*:.。.☆゚ 
 お祝いになるかは分からないけど動画を貼っておきます。
 ▼1977年3月21日キャピタルセンターでのライブ映像
 
 
 ついでにイーグルスの解説も読んだら、彼らって、リンダ・ロンシュタットのバック・バンドだったんですね!
 知らなかったわー。
 高校のとき、リンダ・ロンシュタットが好きでよく聴いていたのに、FMで(^^)

 とても懐かしくなってので、私が大好きなリンダの曲も貼っておきます。
 同世代の方なら、当時の思い出がよみがえるかも(=^-^=)
 ▼『How Do I Make You』(お願いだから)/1980年
  
 
 しまった・・・
 22日に書きはじめたのに寝オチしたあげく、23日は義父の通院付き添いと、明日のケアマネ&介助器具メーカーさんの面談調整で時間が取れず、UPが23日夕方になってしまった(ノд`@)
 
 ちなみに今日7月23日は「ハリー・ポッター」シリーズで有名な英国俳優、ダニエル・ラドクリフくんの誕生日。
 もう26歳ですって!
 いまだに、『ハリー・ポッターと賢者の石』で初めて見たときの印象が強烈です。
 ホントに本から抜け出たようでしたね。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

大場久美子『スプリング・サンバ』をランカ・リーが歌ったら 

 いつの間にか我が家の車にセットされていた、大場久美子のベストアルバムCD。
 夫は少年時代大場久美子の大ファンで、それは今でも変わらないようです。
 子供の頃好きだったアイドルって、大人になっても嫌いになれませんよね。よほど外見が残念じゃない限り
 その点、大場久美子は、50を越えた今でも十分チャーミングだと思います。

ゴールデン☆ベスト 大場久美子[スペシャル・プライス]ゴールデン☆ベスト 大場久美子[スペシャル・プライス]
(2013/11/27)
大場久美子

商品詳細を見る


 大場久美子の曲で、特にファンではなかった私が今でも歌えるのが『スプリング・サンバ』。
 彼女の最大のヒット曲らしいです。納得(^^)
 初めて聴いたときは衝撃的でしたよ。いろんな意味で←
 今改めて聴いても、やはり衝撃的です。いろんな意味で。
▼「スプリング・サンバ」1979年3月発売。19歳の大場久美子すごく可愛い


 この曲を●十年ぶりに聴きながら
 「この曲ランカちゃん(マクロスF)にピッタリだな」と呟いたら、
 「私も思った!」
 と娘がすごい勢いで食いついてきまして(=^-^=)
 「昔のアイドルソングって偉大!」
 などと感激しておりましたよ。

 自分が褒められたわけでもないのに、何故だかイイ気分です。
 
 最近のアイドルは大人数で一人ひとりの顔がよく分からなくて比較できないけど、改めて昔のアイドルを見るとかなりレベルが高いですよね?
▼『大人になれば』1978年2月発売。LOTTEチョコのCMソング 





ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

【福山☆夏の大創業祭 2015 】稲佐山に行きたいけど、もうホテルは満室!? 

 福山さんのライビュ(『福山☆冬の大感謝祭 其の十四』宮城セキスイハイムスーパーアリーナ)が市内の映画館であったのに、当日知って涙を飲んだのは2月15日の夜。
 「まだ福山雅治好きだったの?」
 などと失礼極まりないコトをいう家族ですが、そんなことを言いつつも、福山さんがナビゲーターの番組「ホットスポット 最後の楽園」(NHK)は毎回欠かさず見ているんですよ。

▼『福山☆冬の大感謝祭 其の十四』でオープニングナンバーだった「少年」  

 魂のラジオ(2011年2月5日放送)での弾き語りver.
 歌ってる頃は日付が変わって2月6日。福山さん42歳のお誕生日^^


 そんな福山さんが今年の夏、地元長崎の稲佐山で3度目の野外ライヴをすると聞いてテンション上がっています。
 参 加 し た い !
 大阪や横浜は遠いけど、長崎ですもの。
 隣の隣の県です。地続きです!

 問題はチケットとホテルが取れるかですね。
 以前「ランタンフェスティバル」(2月:長崎市)目当てでホテル探しをした際、市内のホテルが全然予約できなくて、雲仙のホテルになったということがありました。
 観光地だから、ホテルが少ないわけではないと思います。
 「ランタンフェスティバル」が大きなお祭りだから訪れる人が多いわけで・・・

 で、福山さんの稲佐山ライヴですが、日にちは8月29日(土) 8月30日(日)2日間。
 夏休みだけど、最後の土日だからホテル空いてるかも(⌒o⌒)b 
 早速ネットで空室状況を調べたら・・・・・なんと「空室なし」!
 
 22日の『SUZUKI Talking F.M.』で、「ホテルがすでに満室らしい」と福山さんが言っていたけど眉唾かなと思っていました。
 「ホテルが取れない」とツイートしてる人の存在は知っていましたが・・・
 前回(2009年8月29日・8月30日)、稲佐山凱旋ライブに参加した人の体験記を探してみよう。

<ありがとうの言葉よりも、この感謝の気持ちを伝えるのならば、やっぱりライヴしかないでSHOW!福山☆夏の大創業祭 2015 おかげsummerで25/46周年!稲佐山(仮)>

  2015年8月29日(土) 長崎 稲佐山公園野外ステージ
  2015年8月30日(日) 長崎 稲佐山公園野外ステージ

 福山☆夏の大創業祭2015特設サイト http://www.fukuyamamasaharu.com/sp/sougyousai2015/


 そうそう、前回の凱旋ライブでは、2日間ともにパブリック・ビューイング(於:長崎ビッグNスタジアム)がありました。
 しかも延べ5万人を無料招待!
 今回は無料じゃなくていいから、2月15日みたいに全国でライブビューイングを開催してくれると、ファンとしては非常に嬉しいんですけど。
 そのあたり、検討してくれないかしら+゚*。(*^ー^*)゚:。*


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

【あなたに会えてよかった】鞄の中も机の中もなかったけれど、ポケット●●の中にあったUSB 

 大騒ぎしていたUSBを発見!
 机の上に一時置いていたポケットティッシュをバッグにしまったんですが、そのポケットテッシュの中にありました。
001_201502171532570bc.jpg
 コレ↑の開いた口から入り込んで、テッシュの下に落ち着いていた模様。
 掴んだとき、ちょっと硬い感触に「アレ?」となり気付いたんです。

 こんなところに入り込んでるなんて!
 使いかけのテッシュって、バッグに入れているうちにヨレヨレになっちゃって「もう使えないわー」と捨ててしまうことってありません?
 だからこのテッシュも、中にUSBが入っているなんて思わないから捨てていた可能性もあったわけで・・・
 間一髪で思い出を失うところだったわ。

 デジタルって場所を取らずに思い出を記録できて便利だけど、小さく軽すぎて存在感がない。
 場所を取るけど、アルバムとかファイルに保存したり、絵もスケッチブックに描けば、こんなことにはならないのよね。

 ところで、USBが見つかったので、脳内BGMは「夢の中へ」から小泉今日子の「あなたに会えてよかった」へチェンジしました。
 いやぁ、本当に見つかってよかった(*^ワ^*)

 Wikiってみたら、この「あなたに会えてよかった」はキョンキョン最大のヒット曲なんですね。
 158万枚(累計出荷枚数)だそうです。流行りましたよね^^
▼「あなたに会えてよかった」作詞:小泉今日子/作曲編曲:小林武史(1991年5月発売)

 この曲もカヴァーがたくさんあります。
 カヴァーが多いってことは「名曲」ってことですよね☆
 「ご本家が一番」とはいえ、歌唱力のある歌手が歌うと、また違った味わいがあるもの。
 中森明菜さんと青山テルマさん、どちらも聴き応え十分です。

▼中森明菜Ver.(1993年7月4日放送『ミュージックフェア』


▼青山テルマVer.(2008年/アルバム『DIARY』収録


 平井堅さんも2006年夏のライブ「Ken's Bar 2006」のアンコールで歌っているそうです。
 こちらも是非聴いてみたいわ(*^ー^*)


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た