03 | 2017/04 | 05

ボカロと『NARUTO』、ボカロと『ヘタリア』 

ヒナタ(cv 水樹奈々)は原作よりアニメの露出が多いキャラだそうです。


MMD・・・普通に生活していたら、知らずに過ごしていたんじゃないかと思います。
別Blogで紹介した『淋しい熱帯魚』テニプリver.を歌い踊る動画で、MMDに出合いました。
思いがけないキャラのダンスに腹筋崩壊!
楽しいし画像も見ごたえがあるし、MMDが何の略かも知りませんでしたが好きになりましたヽ(^∇^)ノ

あっ、MMDというのはMikuMikuDance(ミクミクダンス)の略で、コンピュータアニメーションを作成する3DCGソフトウェアの事、らしいです。(アナログ人間なので私には理解不能なモノです(>_<;)
詳細はWikiでどうぞ→http://ja.wikipedia.org/wiki/MikuMikuDance
そんなMMDをリンク先様も作っていることが分かり、早速視聴させて頂きました☆
▼[MMD]月読風ヒナタ様に「え?あぁ、そう。」を踊っていただいた[NARUTO]


「おおおおっすごーい!!」

ヒナタのイメージは「ナルトをずっと好きだけど伝えられなくて自己嫌悪に陥ってる純情な女の子」でした。
原作を読んでいないので、あくまでアニメでの印象だから違うかもしれませんが・・・
そんなヒナタが色っぽい歌詞の曲に負けないくらい、明るいエロスを振りまいて踊っていますね!
タイトルに入っている「月読」っていうのはイタチが使う幻術だったと思います。
(スミマセン。NARUTOは2年ほどアニメから離れていて orz )

オリジナル曲はコチラ。
セクシーで思わせぶりな歌詞にビックリ!


この動画を作ったのは玖堂真生日(クドウマフキ) さん。
(お名前クリックで多ジャンルのイラスト・SS・パロディなどが堪能できます)
玖堂さんは現在『ヘタリア』がお気に入りで、そちらのMMDも多数制作されています。
▼コメント非表示で動画を堪能されることをお薦めします^^


綺 麗! のひとことに尽きる!!

色彩も動きも表情も背景もカメラワークもダンスも(〃∇〃)
幻想的で、シーンごとに色んなストーリーが生まれそうな雰囲気ですね。
歌い踊っているのは『APヘタリア』のプロイセン(普憫)とハンガリー姐さん。
方向音痴で世界史は忘却の彼方・・・な私は、ヘタリアのキャラの顔と名前がなかなか一致しないんだけど、少なくてもこの2人は覚えられました←

使われている『magnet』は、2009年5月1日にニコニコ動画に投稿されたオリジナル曲です。
作詞作曲はみなと(流星P)氏。歌は初音ミク・巡音ルカ。
オリジナル動画は2010年8月2日より非公開になっています。
※詳細は→コチラ

NARUTO、ヘタリア、ボカロ曲、MMD・・・
単独でも十分魅力的なのに、コラボすると更に見ごたえ聞き応えがアップして素敵ですよね。
「才能溢れる人が大勢いる日本の未来は明るい。」
そう思います!


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
スポンサーサイト

【事務員G】ボカロ曲と特撮にハマります!【牙狼<GARO>】 

特撮をFULL(TV&劇場版)で見たのは『仮面ライダー響鬼』が最後だったなぁ・・・
そして特撮にも出演している京本政樹さんを初めて見たのは『必殺』の組紐屋の竜だったと思う。
『必殺シリーズ』は語り出すと超長くなるから、今はやめておきます^^


初音ミクのフィギュアは持っているのに、曲はほんの数曲しか知らなかった私。
「ボカロ曲は知らないと時代においていかれるかな。」
と思うこともあったけれど、この年になると新しい分野にチャレンジするのにかなりパワーが必要で・・・

「たかが音楽を聴くのにそんな覚悟が必要か?」

・・・なんですけど、腰が重いんですよ。
ど っ こ ら し ょ !!
って掛け声がないと動けない(笑)

ところが8月に再演される【新生ロックミュージカルBLEACH】の朽木白哉役の太田基裕クン目当てで見た番組で、思いがけずボカロ曲を聴くことが出来たんです。
とにかく聴いてみて下さい。

エレピ/事務員G、ギター&歌/小西遼生

如何でしたか?
私は気付いたら涙が流れていました。
年々涙腺が緩んできているのは間違いないし、イケメンのギター弾き語りに見惚れた・・・という要素も確かにあります。
でも心にしみました。
とても好きになりました。

歌っているのは俳優・声優・歌手の小西遼生さん。
テニミュ(テニスの王子様ミュージカル)で『元祖イケメン』と言われていた方。
不動峰中の伊武深司役の画像は見たことがあり、確かにカッコいいなと思ってはいました。
『牙狼(GARO)』というTY東京の深夜特撮番組で主役だったのは最近知りました。

以下はWikiより『牙狼(GARO)』について
大人がターゲットの特撮のため、グロテスクなシーンや裸体シーンなど通常の放送枠では実現困難な表現がなされ、ホラー色の強い作風になっているのも大きな特徴である。
TVシリーズは「暗黒魔戒騎士篇」とされており、その後TVスペシャル、劇場版も製作されたほか、小説なども出版された。
2011年10月~2012年3月、TVシリーズ第2弾「牙狼<GARO>~MAKAISENKI~」がテレビ東京系列局で放映された。
劇場版第2弾「牙狼<GARO>〜蒼哭ノ魔竜〜」は 2013年初春公開予定。


わりと最近まで放送されていたのに見られなくて残念(´Д`)
第2シリーズは京本政樹さんはレギュラーじゃないようですが、この作品はゲストが豪華です!
竹中直人、峰岸徹、森本レオ、ピーター、渡辺裕之、斎藤工、川平慈英、根岸季衣、加勢大周、松金よね子、広田レオナ・・・ルックス的にも声的にもキャラ的にも好きな俳優さんが多い☆
峰岸徹さんは昔かなり好きでした。今も好きですダンディーでヽ(〃v〃)ノ

色んな意味で興味がわく『牙狼<GARO>』。
声フェチの私の関心は小西遼生さんの歌へ比重が偏っています。
ご紹介するのは『牙狼<GARO>』のED曲で、作詞作曲は京本政樹さん!
多才な方ですね~~
もともと俳優よりミュージシャン志望だったそうですよ。

『牙狼<GARO>』のEDは京本さんご自身が歌っていらっしゃいます。
動画は京本さんプロデュースの「GARO Project」。
出演者5人、小西遼生(ヴォーカル)、藤田玲(ラップ)、肘井美佳(コーラス)、渡辺裕之(ドラム)、京本政樹(プロデュース)のユニットです。


CDは2006年7月に発売されました。
GARO.jpg

シリーズ第2弾「牙狼<GARO>~MAKAISENKI~」は地上波での放送は見られなかったけれど、ケーブルTVのファミリー劇場で放送中でした \(^∀^)/
早速見なくちゃ。
『仮面ライダー555』の北崎/ドラゴンオルフェノク→仮面ライダーデルタにも変身(?) した藤田玲クンも出てるしね(^∇^)

京本政樹さんが歌う『牙狼(GARO)~僕が愛を伝えてゆく~』はコチラ
(画像クリックで動画サイトへ)
GARO京本
なつかしい『必殺』の組紐屋の竜の動画も素敵ですよ(〃∇〃)

-------------------------------------------

Dは五連休の後1日出勤し再び年休を取りました。
どれだけ年休たまってるの?
 PC全然使えない(T▽T)アハハ!
じゃなくて、資格試験に真摯に取り組む姿勢に感動しました。
ガン┏(=゚ー゚=)┛バレ┗(=゚ー゚=)┓ヨイ♪┏(゚ー゚=)┛ヨイ♪


▼『rain stops, good-bye』オリジナルはコチラ。
(コメントは非表示をオススメします)


長くなったので、事務員Gさんについては後日。という事でm(_ _)m


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た