03 | 2017/04 | 05

救急車デビューとか笑えない 

「意識を失いました。生あくびをしています。脳梗塞かもしれません」

 一仕事終えて『ビッグバン・セオリー』でも見ようかとTVを付けたとき、デイサービスのケアマネージャーさんから上記のような連絡が入りました。
 義父がデイサービス到着後、バイタルを計りお茶を飲んで一息ついた後の朝礼のような時間に、突然意識をなくしたそうです。
 既に救急車は呼んでいて、行き先はかかりつけの病院にお願いしてみる・・・との事。

 義父が倒れたのは心配だけど、正直、倒れたのが自宅じゃなくデイサービスで良かった、と思いました。切実に!
 自分でも救急車を呼ぶことはできたとは思います。
 そしてダンナに連絡を入れるのが精一杯。
 とてもじゃないけど、義父の靴や上着を持っていくことなんて、考えも及ばなかった。

 結果から言うと、義父は救急車の中で意識を取り戻しました。
 左半身に痺れもありません。
 意識を失っていた前後の記憶もハッキリしています。

 血圧は低めですが、心拍に乱れもなく正常だそうです。
 若い女医さんが義父と話ながらエコー検査をしてくれましたが、「全く異常なし」

 もう一人若い男性医師も来て、お薬手帳やカルテから原因を探ったものの原因は分からないとのこと。
 「モヤッとするわねー」
 とケアマネージャーさんが私の気持ちを代弁してくれました。
 いやもうホント、このケアマネさんがいてくれて本当に良かった。
 明るいし、気がきくし、要介護者にも家族にも密に接するし、細かいチェックが行き届いてるから僅かな体調変化に気付いて受診を勧めてくれるし、バイタルの比較資料も付けてくれるので、お医者様からも喜ばれる。
 これまでのケアマネさんで断トツで一番です!

 ところで義父の症状は二人の若いお医者様の言うことには、
 「朝礼で時々倒れる人いますよね。あれって意識が戻ったらケロッとしてるでしょ。あれです。特発性失神です。」

 まぁ、どこも悪くなさそうだし、昼食を食べそこねた義父(とケアマネさん)は、お腹すいたから早く帰りたいと騒ぐし。
 で、デイケアに連絡を入れたら、社長直々に迎えに来てくれるとのこと。
 支払い窓口では、「今月は限度額過ぎてる」という事で支払いもありませんでした。
 (いくらになるか義父は相当気にしていので、夕方報告した時とても喜びました)

 救急から移動して支払い窓口で待っていると、早々に社長が病院に着き、義父とケアマネさんはデイサービスへ帰って行きました。
 二人とも満面の笑顔。
 社長にお礼を言う暇もなかったわ。

 後に残された娘(休講だった)も私も、安心したら、急にお腹が減ってきて。
 黒崎イオンの回転寿司(はま寿司)に行ってみました。
 初めてでしたが、デザートも多くてなかなか良かったです。
 勢いで頼んだうどんが思ったより量が多くて(⌒_⌒;
 安心太りが心配です。 
 17J13.jpg
 帰宅後【特発性失神】を検索してみたところ、「特発性(とくはつせい)」とは、原因が見当たらないことで「原因不明」なものにつける名称という事が分かりました。
 世の中には、とかく答えが出ないものの方が圧倒的に多い気がします。
 

ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た
スポンサーサイト

セロクエル25㎎錠が処方されました 


 3週間のサリドマイド投薬が終り、1週間の休薬期間中に入った義父。
 「薬が合わないせいで体調が悪い」
 普段は私たちにモンクばかり言っているので、薬の少ない年末年始は平穏な日々が過ごせるに違いない。
 しかし、それは甘い考えでした。
 
 どの薬の副作用かは分かりませんが、少し前から、父の態度や言葉が暴力的になって来ました。
 脚だけでなく、呂律が回らなかったり、手先が震えたり。
 自分の身体が思うようにならないのは、凄いストレスだろうと思います。
 だから、ついイライラして、突然怒鳴ったり、歩行器でワザとぶつかったりで憂さ晴らししているんでしょう。

 でも、お義母さんを悪し様に罵るのは居たたまれなくて・・・・
 そういう時、私は凍り付いてしまって、上手く対処できません。
 話題を変えたり、お茶をすすめたり、飼い犬を使って場を和ませるくらいです。
 ですので、義父のこんな態度を初めて見た長女が、義父にこう言い放ったとき、つい心に中で拍手喝采してしまいました。

ジジ! ババに人権がないような酷いこと言うなら、私もう二度とこの家には来ないよ!

 義父が一番可愛がっている孫の言葉に、さすがの義父も反省したのか、その後ひどい暴言は治まっています。
 治まったかのように見えました。
 ところが、デイサービスの方で、小出しにしているようなんです。

 ・挨拶をしても返さず無視
 ・「動きたくない」とリハビリを全くしない
 ・行事に参加しない
 ・歩行器でトイレに行く時(それ以外はほぼ横になっている)、以前は傍にいる人に「すまんね」と声をかけたり、物を避けたりしていたのが、ぶつかっても謝らない&歩行器を物にぶつけてどかす

 私の悪口を言っているのは知っています。
 取りあえず、私に面と向かっては言いません。今のところは←
 私への不満は、火山の下のマグマの如く溜まっていると思いますけどね。

 そんな義父に、お医者様が処方して下さったのが、セロクエル25㎎錠。
 認知症の方は、理性で抑えられなくなった性格がむき出しになったり、自分の気持ちを上手く表現できないストレスが溜まると、興奮したり怒りっぽくなるそうです。
 そしてその矛先が、一番身近な奥さんや介護者に、暴言、暴力、いじめへとして向かってしまう。
 セロクエルは、認知症による暴言・暴力・声出し・徘徊を緩和する薬だそうです。
 
 あれ?
 お義父さん、認知症じゃないけど?
 でも、セロクエルを飲めば、心穏やかになって、お義母さんに暴言を吐くのが治まるなら、頼らざるを得ない。
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
 ↑を打ち込んでから数時間が経ち、一悶着ありました。
 最近お義父さんの鞄から1万円がなくなったらしいんです。
 この話題は、私と二人のときしか言い出しません。 
 つまるところ、私を疑っているんだと思います。

 そのくせ、私にお金を下ろしてきてくれと通帳を預ける。
 先日も45万円引き出すよう頼まれました。
 普段は15万なので、何度も念を押したのですが・・・・
 そして今晩、下ろしたお金の内訳を言え、というのです。
 「言われた」じゃないな。実際は「怒鳴られ」ました。
 そのくせ、私が喋ろうとすると「そうじゃない」とテーブルを叩いて遮るし。

 訳が分かりません。
 トイレのため起きて、義母、ダンナ、私がいるリビングにやってきた途端にこれですよ。
 なんでこんなに興奮しているの? 
 義父は認知症と診断されていないのに、暴言・暴力・声出しという【認知症患者の周辺症状(BPSD)】が出てしまってるようです。

 今晩、あまりの所業に思わず涙が出てしまいました。
 それに驚いたのか、義父はそそくさと席を立ち自室へ。
 義母とダンナも焦ったんでしょうね、私を労わってくれましたよ。

 その後帰宅の挨拶に行った際、「明日からも来てほしい」旨の言葉はありましたが、全く反省の色もなく謝罪もありません。
 で、大人気ないとは思ったけれど謝罪を求めたところ、「呂律が回らないから言いたくても言えない」とジェスチャー付きで伝えてきました。
 なかなか面白い回答じゃないの。
 悔しさや怒りは治まらないけど、取りあえず座布団一枚分貸しということで←

 殺伐としてしまいましたね。スミマセン。
 こんな時はペットに頼るしかない!
 ▼山茶花の絨緞とハナ(ポメラニアン♀6歳)2016/12/15
 2016D15.jpg


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た

小でも必ず座って用をたして下さいね 

 「トイレでは、大でも小でも必ず座わって用をたしてください」

 新婚当初、茶道の先生は夫婦になった最初の約束事として、旦那様にそうお願いしたそうです。
 さらに「出汁は取っておきますから、朝食は貴方が作って下さい」とも。
 そしてその約束が、今でも守られているというのが驚きです!


 舅の退院に関するカンファレンスにより、祝日を挟んだ二日に退院の流れが決まった水曜日の17時過ぎ。
 早急に自宅に取り付ける介護用品を決めなければならず、会議にご参加いただいたケアマネさんと福祉用品レンタルの方に、病院からそのまま主人の実家へ来て頂きました。

1:歩行器は現状に合う物にチェンジ
2:ベッドに手すり設置
3:トイレに支える棒設置


 選ぶのはこの3点。
 3番の「支える棒」というのがイマイチ分かりませんでした。何故なら舅宅のトイレには、将来に備えて最初から手すりを取り付けていたからです。

 退院当日、帰宅して一息ついた頃、介護用具の搬入&取り付けが早速始まりました。
 ベッドの手すりは、力をかけてもピクリとも動かぬ設計だし、歩行器は「これはイイ!」と舅も大絶賛。
 どちらも気に入ってもらえてなによりでした。

 そして、いよいよトイレに設置する「棒」ですが・・・
 026_201611082008400ef.jpg 029_20161108200842087.jpg
 所謂「つっかえ棒」の縦バージョンでした(*^∇^*)
 「子供が小さかったら遊びそう」だとか「ストリップ棒ポールダンスの棒みたい」など、良からぬ感想を抱いたことは秘密です。

 舅は左手で棒を握り身体を支え、右手でズボンを捌いて用をたすつもりで、縦の棒を希望したのです。
 ところがケアマネさんから、
 「立って用をたしちゃダメですよー! これからは必ず座って用を足すこと!」
 と言い渡され、複雑な顔をしていました。

 やはり男性は、立って用をたしたいものなんでしょうか?
 掃除する立場で言わせて貰うなら、座って頂くと非常に助かるのですが。

 028.jpg
 画像左手は、最近では浴槽には浸からず椅子に座ってシャワーのみの浴室。
 姑も、歩行器でなんとか移動している舅もデイサービスで入浴するから、ここを使うのは*ハナだけだわね。
 (我が家の長男が天気の良い日曜にシャワーしてあげています)


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た

薬の飲み間違いは、患者本人・患者の家族・医師・看護師・薬剤師、いったい誰のせい? 


 歩行困難での入院(2回目)治療に区切りがつき退院したのが先週末。
 治療をほどこされているにしては入院前より更に歩けなくなってるんですけど、ホントに効いてるのかしら。
 トイレと食事以外は横になっているし、おしゃべりな人だったのに声に張りもなければ呂律も回らないし、もちろん元気なんて全くない。

 「ローガンさん、お母さんとハナ(ポメラニアン)のこと頼むね」 
 なんて、弱々しい声で何度もお願いされたんですよ、退院して1時間も経たないうちに。

 ▼私が行く末を託された()ハナwith電動ぬいぐるみ
       161003hana.jpg

 男の人が体調を壊した場合、女性よりも大袈裟に反応する傾向があるとはいえ、「130歳まで長生きする!」と豪語していた義父の弱りようには、失礼だと思いつつも笑ってしまいそうになります。
 だって退院3日前に義母とお見舞いに行った時には、義母曰く「私より元気」だったんですから。
 そんな義父ですが、食欲は旺盛なので、今の状態もそのうち改善されるだろうと楽観視はしています。

 ところで、これまでの管理は自分でやっていた義父から頼まれ、初めて《おBOX》に手を付ける事になりました。
 予想はしていたけれど、毎食後、朝夕、寝る前、隔日、頓服・・・種類も多ければ回数もまちまちで、思わぬ時間がかかってしまいました。
 022_201610041737462d3.jpg
 しかもが多すぎて病院支給のボックスに入りきれず、義父は自前のボックスの中にもを入れていたのです。
 とここで、私の手が止まりました。
 「この、パッケージは違うけど同じ物よね」

 よく見たら、同じ薬が別のボックスにも入っていたんです。
 それだけじゃなく、同じパッケージの薬が自前のボックスと病院支給のボックス両方に入っている!
 つまり同じ薬を、一度に二重三重に飲んでいたわけです!!

 そりゃ、退院後更にふらつくようになるわよ。
 薬が効きすぎて副作用も二倍三倍だったわけなら。

 その後薬が抜けたのか、昨晩8時過ぎ頃自らベッドから起き出し、滑舌より喋り始めました。
 歩行器に摑まっているとはいえ、立ったままの姿勢で、です。
 久しぶりにお義父さんの明るい顔を見た気がします。
 まっ、退院直後の通院時にあまりにもヨレヨレだったから、明日から再入院決まっちゃってるんだけど。


 薬の飲み間違いの原因は、患者本人、患者の家族、医師、看護師、薬剤師、いったい誰のせいなのか。


 薬を出す時、看護師や薬剤師さんは丁寧に説明してくれているけど、こうした間違いは起こるんですね。
 子供の風邪で出される薬なら、種類も少なくて管理も簡単。
 でも高齢者の場合、同じ薬を定期的に受け取っていて、前の月の飲み残しが溜まっていたりする。
 お年寄りはもったいない精神で古いのから飲むから、途中でパッケージが代わったのに気付かず違う薬だと思って、結果二重摂取してしまう。

 まわりが薬の管理をすれば間違いは減るでしょうが、プライドが邪魔をして他人(嫁など)には頼みづらいんでしょうね。
 嫁の立場から言わせて貰うと、こちらから申し出ても100%の確立で断られておりましたし。
 今回は、義父が弱っていたから嫁に頼む気になって、発覚したわけです。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た
 

ポケモンGOのレベルアップは嬉しいけど介護のレベルアップは 


 義父母がデイサービスを利用し始めた頃、一時期より明るく朗らかになった義父母の様子を喜んでいた私に
「介護っていうのは良くなる事はないのよ。どんどん悪くなるだけ。覚悟しときなさい。」
 とシビアな言葉をくれたのは、自身も寝たきりの母親の介護を続けている女性でした。

 そして今、その言葉が現実となってきました。

 義父はますます歩行困難になり、歩行器から車椅子にレベルアップしつつあります。
 一時は手術をすれば・・・と希望を抱いたものの再検査で望みを断ち切られてしまいました。
 
 進行を遅らせる方法を探るための検査入院が決まった義父の心配は、2週間家に残る妻と犬のこと。
 食事作りも洗濯もしない少しボケた義母。危ないに決まっています。
 モチロン分かりますよその気持ちは私だって。

 でもサラッと
「私の入院中は誰か一人、夜泊まりに来てくれたらいいから」
 と言われて
「はい承知しました」
 なんて応えられるほど出来た人間ではないのですよ。アナタの息子の嫁であるワタシは。

 誰か一人って、私しかいないよね。
 徒歩10分しか離れていないんだし、家事と犬の散歩くらい(手抜きがデフォだけど)出来ると思われてる。
 頼りにされているのだし、やれないことじゃない。
 結局はやるのだから、気持ちよく引き受けたほうが自分を嫌いにならなくてすむ。
 でも、でも、でも・・・・・・

 気持ちを切り替えて、義父母宅で寝泊りする利点を考えてみました。
 ・Wi-FiあるからPC持ち込める!
 ・犬と遊び放題!
 ・犬の散歩がてらポケストップ巡りをすれば一石二鳥!
 ・歩数を稼いで卵も孵せる!

 半分がポケモンGO関連ww
 深刻さのカケラも感じられないですね。

 ブログの更新はしていないのに、ポケモンGOやる時間はある?
 全く更新していないのご訪問下さった心優しき皆さま、特に毎日お越し下さった皆さまに申し訳ないと思わないの?

 とセルフ突っ込みでお茶を濁すつもりはありませんが、更新なしの間もご訪問いただけた感謝の気持ちとお詫びはお伝えさせて下さい。
 ありがとうございました。そしてごめんなさい。


 スマホゲーム無縁だった私ですが、ポケモンGOは子供に勧められてやり始めました。
 ジム戦などは眼中になくて、ただポケモンをゲットするのが楽しくてやってます。
 隠れた地元の名所旧跡を知る事が出来るのも、やって良かったと思える点ですね。
 なにより歩数が大幅にアップして健康的です!
 って、ステマみたいになってスミマセン。

 原爆記念日の6日は、国道2号線で8時間かけて広島へ墓掃除へ行って来ました。
 20分座ったら自力で立ち上がれない義父には、掃除どころか訪れることもできない場所になってしまいましたね。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た


 

要介護者はケアマネージャーの許しがないと介護施設を選べないの? 


 義父母の介護度が上がったため、これまでのケアマネージャーさん(森田成一さん似)から別の営業所の方へチェンジすることになりました。
   脚舐め2
 それでまず、森田さん(仮)と新しいケアマネさん、そして介護者である義父母&嫁(=私)で顔合わせをしました。
 新しい方は女性で、きれいで感じのよい方です。
 犬好きで、ハナ(ポメラニアン♀)が付きまとうのを喜んで相手をしてくれました。
 雑種の中型犬を飼っているそうで、犬の話題で和みました(*^^*)
    脚舐め1
 そうそう、新しい方の名刺の肩書きは「介護支援専門員」なんですけど、森田さん(仮)の名刺は「ケアマネージャー」だったから職種が違うのかしら?
 と思って調べたら介護支援専門員=ケアマネージャーでした。お騒がせしてスミマセン<(_ _)>

 さて、顔合わせの数日後、今度はケアマネさん、介護器具メーカー、デイサービスの方、義父母、そして私の6名で会いました。
 その結果、現在週2でお世話になっているデイサービスを、週3に増やすことになりました。

 お菓子作り、工作、ドライブ、カラオケ、脳トレゲーム、メイクセラピー、マシンでのリハビリ・・・
 デイサービスでは、いろんな事をしています。
 本当に楽しいようで、職員さんも面白いことを言うし、みんなで大声で笑い、お腹が痛くなるほどだとか。
 以前3ヶ月ほど通ってやめたリハビリ施設とは「月とすっぽん」と言っています。

 確かに、今お世話になっているデイサービスの女性職員は、いつも笑顔でハキハキと喋る人。
 ジョークを交えた会話に、気の利いた所作。
 「こんな人になりたい」 
 と思える人です!
 
 自宅では、それぞれの部屋で一日の大半を過ごし、会話が多いとはいえない毎日を過ごす義父母。
 デイサービスに行けば、人と会話できるし大声で笑いあえる。
 カラオケのとき、社長がギターで伴奏するサービスもあったとか。
 
 そんな素敵な所だから、義母は友達を誘ったのです。
 送迎の範囲もOKだし、一日体験で実際過ごしてみて本人もとても気に入り、早速自分のケアマネージャーに相談したとか。

 ところが、そのケアマネさんがいい顔をしなかった。
 今通っているところを変えるのは許可できない、と言われたそうです。

 この話を義母がしたところ、
 「それはおかしい」
 と、新ケアマネさん・デイサービスの方・介護器具メーカーさんが声を合わせましたよ!

 その義母の友達は、私にも良くして下さる方で、ご主人を亡くされたばかりで一人暮らし。
 今通っているところは、私も見学に行ったから雰囲気が分かるのですが、「笑顔あふれる」という感じじゃなかった。
 施設にとっては利用者の減少が経営に影響するのでしょうが、こんなことしたら、ケアマネと施設が癒着しているとしか思えないですよね!

 ここに書くことで怒りを静めようとしましたが、そのケアマネさんとの付き合いもあるんだろうし、本人がそれ以上言わないなら他人の私が口を出すわけにもいかず・・・・

 うっ、ストレスでまた太りそう()


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
    にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
 にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た


要支援1から要介護1へレベルアップしました 


 義父母と共に区役所で介護保険の申請をして、早いもので1年が経ちました。
 当時は家具や壁を伝って移動していた義父は、9月から家の中で歩行器を使うようになり、徐々に身体の自由がきかなくなっています。
 ヨシケイで材料を配達してもらい作っていた夕食も、台所に立つのがきつくなり、今では宅配のコンビニ弁当です。

 そんな頃、介護保険の更新の為に訪問調査があり私も同席したのですが、義母の回答には驚かされました。
 顔を洗わないし、歯も磨かない

 メンドクサイそうです・・・・
 服も、ハンガーに掛かっているのを適当に着ているとか。
 
 そういえば、最初にケアマネさんが訪問した春ごろ
 「来客があると分かっているのに寝巻きで応対しましたよね。お義母さんいつもあんな格好ですか?」
 と指摘されてドキっとした事があったんです。
 “プライドが高く、人に隙を見せるのは許せない”
 そんな人だと思っていた義母が、たしかに見かけに構わなくなっていました。

 義母は2011年の骨折以来脚を引きずっており、外に出ることがなくなりました。
 脚を引きずる姿をご近所の方に見られるのが嫌なのかもしれません。
 
 どの程度外に出ないかというと、
 「1ヶ月くらい靴はいてない」
 と平気で言うくらい、出ていないんです。

 4月末から、義父母は体操教室のようなデイサービスへ行き始めたものの、義母は3回でやめました。
 (義父は7月まで)
 日がな一日、録画した2時間ドラマなどをベッドに横たわって見ている義母。
 それでも家事をしていれば、身体を動かすしある程度頭も使う。
 でも、家事もほとんどしないのです。

 食後の食器をざっと洗って食洗機に入れること
 洗濯物を干すこと(干す前の過程は義父)
 犬にエサを食べさせること
 1週間に一度、自分の食べる米を炊くこと(夫婦別ご飯:義父は玄米)

 これが現状。
 何十年も記録し続け、1円の間違いもないと聞いた家計簿も、いまではお義父さんの仕事。
 家事のほとんどを担っているのは義父です。
 歩行器を押しながら頑張っています。

 人間は動かないと、確実に脚と脳がダメになってくる。
 危機感は抱いていても、義母を外に連れ出そうとしても、頑固だから家を出ようとしない。
 現在義母が靴を履くのは、10月から通い始めた週1回のデイケアサービスの車に乗るときと通院のみ。

 義母は要介護になりデイサービスが週2になったので、靴を履く回数は2倍に増えます。
 人とのふれあいも増えるので、鈍ったコミュニケーション能力が回復してくれれば・・・・と期待しています。

 明後日はケアマネさんとの話し合い。
 何度目かしら・・・
 2015年は、ケアマネさんはじめ介護関係所の連絡先が、リストにたくさん追加された年になりました。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

血圧計は腕に巻きつけるタイプがイイとお医者様が 

 血圧を抑える薬が効かず、「病院に連れて行って」と電話がかかってくる事が増えました。


 普段は送迎だけを私に頼んでいた義父も、昨日はかなりフラフラしていたせいか医院に一緒に入っても何も言わなかったので、診察室まで同行しました。
 このA内科医院は、我が家も数年前までかかりつけ医だったので顔なじみだったし。

 お義父さんは、少し前にB内科医院からここA医院に代えたばかり。
 前の医院の薬だと、血圧は下がるけど足がパンパンに膨れて身体も火照る。入浴中フラフラになる・・・というので今の医院に代えたのです。
 ところが、A医院の薬では前述の症状はおきないものの、血圧が思うように下がらない。
 ベッド脇に置いている血圧計(手首式)で、いつも180くらいあるらしく、週に2~3回は医院へ行くんです。
 たしかに180もあったら怖いですものね。

 でも意外なことに、お医者様の反応は薄かった!
 仰ったことは↓↓
 「神経質に何度も測りすぎ」
 「手首式のは高めの数字が出る。上腕巻きつけ式の方が正確」
 「細かいことを気にせず、ゆったりするべき」

 取りあえず、夕方に飲む“血管を広げる薬”を2週間分処方されて終了しましたが、なんかスッキリしません。
 お義父さんの顔色は明らかに良くなったから、いいのでしょうね?

 それより、費用の安さにビックリなんですけど。
 診察代200円、薬代270円。(1割負担)
 我が家だと、診察代2,000~3,000円、薬代1,000~3,000円(3割負担)なのに・・・
 不平等感いなめません(´△`)
 
 でも、お医者様に対峙することで精神的に安定することもあるんだろうし、文句言ったらバチが当たるかもですね。

 さて、「血圧計は上腕巻きつけ式が一番」と言われたので、帰宅後(義父宅)ソレで測ってみました。
 義父宅には、血圧計は3つ(上腕巻きつけタイプ・上腕全自動(腕を通す)タイプ・手首タイプ)があるので便利 (家電&健康機器オタレベル)です。

 ところが、巻きつけタイプでも189-98なんですよ。
 テーブルに常備している腕を通すタイプだと160代・・・・アレェ?
 再び巻きつけタイプで測ると、また180代。
 これ、帰宅後薬を飲んで「フラフラしなくなった」後の数値ですよ。
 一体どれを信じていいのやら。 
 そしてお義父さん、下がってないのにフラフラ解消は何故なんでしょうね。

 やはり、お医者さんの言うように、血圧ってメンタルで変わるんでしょうか?


 ちなみに私の数値を時系列で示すと
  ・106-56・・・腕を通すタイプ
  ・122-63・・・巻きつけタイプ(↑から5分後)
  ・103-58・・・巻きつけタイプ(↑から1分後)
 上が100前後、下が50代のことが多いです(=^-^=) 



ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た 

4月27日、今日からデイサービスを利用します。 

 昨年12月に申請して、本年1月末に【要支援】と認定された義父母。
 全国有数の少子高齢化地域だからか、思いのほか近くにリハビリ施設もあり安心したものです。

 ところが、「暇がない」と外出を頑なに拒んで、自宅から出たがず、一度もサービスを受けずに4ヶ月が過ぎました。
 義母が「暇がない」のは、録画したドラマや映画が山のようにあるから。
 ベッドに横になって、日がな一日テレビを見ているんです。
   008_20150427095243fa1.jpg
▲例の散歩事件当時は仔犬だった華ちゃんの現在。愛嬌と太ましさがチャームポイント

 犬の散歩中にころんでを骨折し、手術し長く入院もしていましたが、退院後リハビリのために来てくれていた介護職員さんが気に入らず、1~2回でリハビリをやめてしまったとか。
 そんな事、我が家は知らなかった。
 思うように治らなくて歯がゆかったのか、杖でヒョコヒョコ歩く姿をご近所さんに晒したくなかったのか、義母は頑なに家から出なくなってしまいました。

 でも、介護申請手続きには一緒に役所へ行ったんだから、介護サービスを受けたい気持ちはあったはず。
 そう信じて、嫌味にならない程度(あくまで自分基準)に、施設利用を勧めたのが功を奏したのか、本日よりデイサービスを受けることになりました。

 学生時代からのお友達が利用している施設で、地区外の為送迎してもらえないので、私が送迎を申し出ました。
 出不精の義母を外に連れ出せるのなら、送迎くらい屁でもない(笑)
 病院の送迎で慣れています(=^-^=)

 とにかく、家族と病院の人以外にも「人」と関わっていかないと、色んな意味でダメになっていくと思うので。
 家族と犬と宅配の人以外とも話さなくちゃ! 
  ・
  ・
  ・
 おせっかいですかね?


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

【ガン(癌)友の会】でもらった試供品のスープ 

 ヤマもオチもないのですが、黙っていられなくて。

 食道癌(ステージⅢ)を放射線療法で克服(たぶん)した父は、「ガン友の会」に所属しています。
 「参加者が少ない」
 「会の趣旨にのっとった議論が行われていない」
 と不満タラタラな父ですが、参加人数が本当に少ないらしく皆勤しているそうです。
 「集合時間の1時間前に到着」が通常運転なヒトですからね(^^)

 で、その「ガン友」では毎回お土産があるんですね。
 それは、少量ながら高カロリー、じゃなくて高栄養な「栄養機能食品」の試供品なんですけど、父は全く興味がなくて食べずに放置。
 だから「もったいない」と「おもしろそう」精神が疼いた私が引き取って試食してみました。

 飲んだのはコレ。
 紙パックのスープ。量は125mlで熱量は200kcal。
012_201503031605369e2.jpg
 滑らかな舌触りと万人むけの味付け。
 美味しいです!
 あっという間に飲みきってしまい「原材料は何かな?」と裏面を見ると
013_201503031605376dd.jpg
 あれ?右上に面白いこと書いてない?
静脈
 静脈内へは絶対に投与しないでくださいwww

 ないない!それは絶対ないでしょう!
 スープを静脈に注射したり、点滴にセットする画像を思い浮かべてみたけど、ギャグにしかならない。
 でも大真面目に記載しているんだから、過去にそれに類する事例があったのかも?

 笑っちゃいけないんだろうけど、朝から子供達も巻き込んで大爆笑でした。
 笑う門には福来る。
 笑って許して下さい。

栄養機能食品とは
 高齢化や不規則な生活により1日に必要な栄養成分をとれない場合など、栄養成分の補給を主な目的として摂取する人に対して、その栄養成分の機能の表示をしている食品。
 食事から必要な栄養素を十分とることができない場合の補助として利用するもの。
 「栄養機能食品」と表示していても、すべての栄養成分がバランスよくとれるわけではない。




ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た