03 | 2014/04 | 05

今は「女子の色」になっている水色 ~空の青を写したような「海の中道海浜公園」のネモフィラ 

 夕刊を開くと目に飛び込んできたブルー。
 それは「海の中道海浜公園」のネモフィラの花の絨緞でした。
0423.jpg
 画像だけでも素敵だけど、実際目の当たりにしたら圧巻でしょうね!
 風薫る季節にコバルトブルーの花畑(*≧∇≦*)
 
 これは国営海の中道海浜公園(福岡県福岡市東区)の様子です。
 ネモフィラは「花の丘」で咲いています。
 散策するもよし、トレインに乗るもよし、観覧車から眺めると「花の地上絵」なども見られて素敵だそうです。
<施設案内>
 ・入園料 15歳以上410円 シルバー210円 小中学生80円 
 ・夏季のみプールも営業

 ところで「ネモフィラ」という花、ご存知でしたか?
 ↓です。私は数日前初めて知りました
wikiネモフィラ
 色といい花弁が上を向いている姿といい「オオイヌノフグリ」に似ていますね。
 昔の人も似てると思ったようで、別名は同じ「瑠璃唐草(るりからくさ)」となっています^^

 違いは花の大きさと原産地と花びらの数☆
 「ネモフィラ」は2センチ。北アメリカ原産。5枚。
 「オオイヌノフグリ」は8ミリ。ヨーロッパ~西アジア、アフリカ原産。4枚。

 「森を愛する」というギリシャ語に由来するネモフィラ。
 英語名は「baby blue eyes」
 花言葉は「可憐」「清々しい心」「あなたを許す」「どこでも成功」

 一方「日本の植物界の父」牧野富太郎に「犬の陰嚢」と名付けられたオオイヌノフグリ
 ヨーロッパでは 「キャッツ・アイ」とか「バーズ・アイ」と呼ばれています。
 花言葉は「信頼」「忠実」「神聖」「愛くるしい」「清らか」
 属名の「ベロニカ」花言葉の「神聖」は、イエス・キリストがゴルゴダの丘に登っていく時のエピソードから来ています。(詳しくはネットで検索を)

 「青」という色は気持ちがいい色だと思います。
 清々しさ、若さ、空と海、聖母マリアの着衣、ピカソの青の時代、地球は青かったbyガガーリン、労働者、四神の青龍、青色申告、青い薔薇、青色LED、青い珊瑚礁・・・
 こうしてみると、青のイメージって結構幅が広いな☆^▽^☆


 青や水色は男子の色。赤やピンクは女子の色。
 私が子供の頃、世間はそんな認識でした。もちろん色に男女の決まりなどありませんけど。
 でも今や水色は完全に女子の色。
 ランドセルもバッグも、男子が水色を持ってはいけないような雰囲気なんですね。

 娘が中学の時、宿泊行事のため水色のエナメルバッグを買ったんですよ。
 数年後弟が使えるようにと、無地に白でロゴが入っただけのシンプルな物を選びました。
 ところがムスコったら見たとたん「そんなの持っていったら『女子か』って笑われる」と言ったんです。
 ねーちゃんと母に怒鳴られて、ムスコはしぶしぶ学校に持っていきましたが(笑)
 思ったほど、からかわれたりはなかったようで......良かった(´。`;)


◆ネモフィラで有名な公園
国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
 公園内「みはらしの丘」で450万本(日本一)のネモフィラが見られます
 ・入園料 15歳以上410円 シルバー210円 小中学生80円
 ・公園内の放射線測定を毎月行なっています
  測定結果はHP内で確認できます

神奈川県立相模原公園(相模原市南区)
 約4万5千株のネモフィラが「芝生広場そば」で見ごろだそうです
 ・入場無料
 ・ドッグランもある(*^-^*)
  ※事前の会員登録(16歳以上)が必要


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
スポンサーサイト

【ルキア検索】BLEACH老舗検索サイトの閉鎖 

 「BLEACH」というアニメを偶然見て、「ロン毛は校則で禁止だ」と紹介された浮竹隊長に一目惚れしたのが、BLEACHにハマるきっかけでした。

 その後ヒロインの朽木ルキアと、義妹の処刑前に亡き妻の墓前に「行ってくる」なんて言いながらも、結局体を張って義妹を助けたツンデレ朽木白哉とのカップリングに傾倒。
「二次創作」という単語を知ったのもBLEACHを好きになったから。
 
 白ルキから入ったBLEACH二次小説でしたが、いつの間にか主人公 黒崎一護とルキアのCPの方が、物語の幅が広いように感じ、イチルキへ宗旨替え。
 イチルキ小説を書く人も多かったし、キャラは二人とも若くて結婚歴もないし、死神と人間(当時は)というロミジュリ的要素もあって、イチルキ二次小説には無限の可能性を感じてたなぁ。

 そんなとき出会ったのが「ルキア検索」というサイトでした。
 登録サイトは圧倒的に「イチルキ」が多く、サイトの表示も見やすかった。
 またサイトオンリーではなくブログも登録できたので、実はこの「分水嶺」も登録しておりました。

 アニメの感想、イチルキ妄想、イラストもどき、SSのようなもの...をUPしていたんですよ、以前ココでは。
 ルキア検索に登録していたおかげで、ルキア好き&BLEACHファンの皆様がこんな辺境のブログに足を運んでくれて^^

 楽しくない思い出もないことはなかった。
 登録するとき、ジャンルやCPを複数選択できるので、「イチルキ」と共に「白ルキ」「恋ルキ」も登録していたんです。
 実は登録の仕方がよくわからなくて、ほぼ友人に丸投げ状態で登録してもらったという>_<
 しばらく経ったある日、こんなコメントが届きました。

 【ルキア検索】の「白ルキ」で検索すると、いつもあなたのサイトが1番上に出てきます。
 はっきり言ってとても不快です。登録を削除して下さい。


 まぁ確かに「白ルキ」ジャンルの中に、このバナーがあっちゃ、いい気分はしないわね。 
      ichirukibanaーkai
 白ルキスキーさんのお怒りもご尤も。とも思えます。
 一応「白ルキ」な記事とかイラストもあるんですけどね。と言い訳してみる← 
 証拠(?)・・・ ■イラスト倉庫(2009年9月~2010年8月)

 「分水嶺」を始めたのが2009年8月なので、その年の初め頃から利用し始めた【ルキア検索】。
 <OUTランキング>の1位から読み始め、100位までの全てのサイトへ訪問したこと。
 各サイトの小説(ジャンルが多いサイトはイチルキ・白ルキは全て、他CPはタイトルで)はほぼ読破したこと。
 これが私の自慢であり財産になっています。

 あれ?
 「ルキア検索」の思い出語りのはずが、この「分水嶺」の過去バナになってる。

 気を取り直して・・・
 【ルキア検索】の管理人さま、長い間運営ありがとうございました。
 このサイトのおかげで、二次元の楽しみ方が広がりました。
 イチルキ、恋ルキ、ギンルキ、阿ルキ、浮ルキ、海ルキ、剣ルキ、浦ルキ、コンルキ、グリルキ、石ルキ、白ルキ・・・
 色んな可能性の扉を開いてくれた【ルキア検索】、本当にありがとうございました。


<参照>
 ■ルキア検索:http://ruki.s54.xrea.com/rukia/

 ■分水嶺のスタート記事:ブログ始めました^^* 2009/08/02
   s1.jpg


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

「夏のお嬢さん」「聖闘士星矢」「さんぽ」 

「影山ヒロノブ」でピンとこなくても「LAZYのボーカル」と言われれば即分かる世代です。


「お気に入りタグ」登録を「フィギュアスケート」にしているので、ニコ動を開くとおススメ動画ははフィギュア関係ばかりですが、先日この動画がその中にあったんです。

▼サムネが本田美奈子さん!
「1986年のマリリン」が大好きだった私は、サムネホイホイされて即視聴しましたよ^^

  
 なかなか興味深い動画でした。
 歌い手さん信者の方にはキツい内容ですが......
 プロ歌手として紹介されているのが、本田美奈子をはじめ、浜田麻里、小柳ゆき、SHOW-YAの寺田恵子、B'zの稲葉浩志、聖飢魔IIのデーモン閣下、小野正利(美男子でしたよね(〃艸〃)モチロン歌も上手いし高音スゴイ)、遠藤正明etc
 SHOW-YAの寺田さん好きだったわー。ルックスも歌もカッコよかった!
 デーモン閣下......閣下が作詞作曲したBLEACHのキャラソンは毎日のように聴いてるけども、ご本尊のはお久でした(´Д`)あの声量は人間じゃないわ。サスガ悪魔、レベルが違う。

▼懐かしいライブ映像を楽しんでいたら次の動画に移動して、始まったのがコレ
   
「聖闘士星矢」は数話しか見た事ありませんが、歌は知っています。有名ですよね!
 以前NHKでアニソンの番組があり、司会の榊原郁恵さんが
「LAZYと井上あずみちゃんとは、アイドル時代の同期」
 と言っていたのを思い出しました。

 世代的に「アニソン歌手の影山ヒロノブ」と言われても「何を歌った人?」という感じでテレビを見ていた私に「LAZY」という言葉は衝撃でした。
 記憶では、ルックスはもっと細くて長髪。失礼だけど、当時はそんなに上手いという印象では......
 『ドラゴンボールZ』の「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を歌っていた方だったとは!

▼記憶はこの当時で止まっていました>_<
 
 よく見たら、そんなに変わってないわ (*^^*) 

 そして井上あずみさんといえば、小学校で6年間通して使う「歌はともだち」(教育芸術社)にも載っている「さんぽ」ではないでしょうか。
 「となりのトトロ」も載っていたけれど、この歌は保育園でも歌うし、長女(20歳)にとって非常に思い入れのある深い歌のようです。
  
 「歌はともだち」には井上陽水の「少年時代」、光GENJIの「勇気100%」なども載ってましたね。
 一番新しい4訂版には、いきものががりの「YELL」も追加されているらしいですよ。

 小学校で貰う、複数年使う地図やこの「歌はともだち」って、捨てられなくないですか?
 持っていて偶に眺めると嬉しくなるっていうか...
 ところが今中3の息子は、入学したとき「歌はともだち」を貰いませんでした。
 たった370円なんですよ。ものすごく貴重な体験を逃した気分でした。
 6学年差の娘と息子で受ける教育の差は、これ以外にもたくさんあり、娘は得を、息子は明らかに損をしているんですよ。
 未来を担う子供達の教育の質を落とすことだけは、しないでほしいです。


▼郁恵ちゃんは見てるだけで元気になれるアイドルでしたね
  
 郁恵さんの言葉を疑うわけではないんだけど、調べてみたら、LAZYと井上あずみとは同期じゃなかったと......
 多分私の記憶違いですねd( ̄◇ ̄;) アウト!


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た

ナムシャカムニブツなんみょうほおれんげっきょーナンマイダ 

 今更ですが、昨日4月8日は「花祭り」でしたね。

 相方はお寺が経営する幼稚園だったので、楽しい行事の一日だったようです。
 一方私は幼稚園からずっと公立で、甘茶の味も知らず成人しました。
 宗教行事の思い出ってほとんどないんですよ。
 自宅に仏壇がなかったから、毎月月参りのお坊様がいらっしゃることもなかったし、幸いなことに近しい人のお葬式もなかったので。

 甘茶を初めていただいたのは、長女を産んだ後。
 「甘茶はいかがですかぁ」
 近所の商店街で、数人の女性が買い物客に声をかけていた時です。
 幼児を連れていると、この手のモノに100パーセント声をかけられますよね。
 30秒後には、楽しそうに釈迦像に柄杓で甘茶をかける娘を抱きかかえる私がいました(笑)
 期待した甘茶はちっとも甘くなくて( ̄◇ ̄;)
 「100円は高い」と思った私は地獄落ち決定ですかね?

 罰当たりついでに、自分の宗派を知らなかった小学生の頃の思い出を一つ。

 毎年夏休みのお盆の頃は、大分の両親の実家に行っていました。
 父は仕事が忙しいため、いつも母と弟と私の三人で、泊まるのは母の実家でした。だからお盆の行事も母の実家中心に経験したわけで。
 「お仏壇ではナムシャカムニブツ(南無釈迦牟尼仏)と唱えるのよ」
 そう教わっていたので、仏壇の前では心の中で「ナムシャカムニブツ」と唱えていました。
 ところが父の実家は「シンシュウだから違う」と母が言います。
 実は「シンシュウ」を聞き逃して「違う」だけを記憶に留めたんです。

 だから私は、ご近所のおばあちゃんが「ナンミョウホウレンゲッキョー」と唱えているのを思い出して、父の実家の仏壇の前では「ナンミョウホウレンゲッキョー」と小学校高学年になるまで唱え続けました。
 声に出さないので、間違いに全く気付かなかったという(((( ;´Д`)))

 ご先祖様はどう思ったでしょうね。
 呆れたか、怒ったか、行く末を案じたか・・・


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 

ミモザの如き君なりき 

「春といえば桜」・・・なんですよね世間一般では。
 あの淡い薄桃色は、やさしくもあり、凛々しくもあり、潔さもあり、禍々しさもあり...
 一般人は感慨を覚えるし、芸術家は創作意欲を掻き立てられてきたわけですよね遥か昔から。

 でも、私が春を感じる色は「桜色」じゃなくて「黄色」。
 道端に咲くタンポポ、カタバミ、アブラナ(菜の花)、ウマノアシガタ、キンポウゲなどの草花。
 歩道脇のチューリップも咲き始め、レンギョウはさながら妖精の黄色い滑り台。
 黄色は、とても目立つ色。明るくて元気でルンルンな色じゃないですか?
 最近は「あざとかわいい」イメージも付いちゃいましたけど(・ω<)

 黄色い春の花といえば「ミモザ」をはずせません。
 地元に「到津(いとうづ)の森公園」という動物園があるのですが、こには九州最多100本のミモザがあるんですよ。
 毎年3月中旬に夕刊の1面に、到津の森公園のミモザの写真が載るたびに「今年こそ見に行くぞ」と思いながら有言不実行で(´Д`)
 3月下旬に行けば、桜とミモザ両方を楽しめるというのに...
 ▼ミモザは園内色々な場所で楽しめるようです ※画像クリックで到津の森公園HPへ
 ki.jpg
 ■ミモザ 
 オーストラリア原産で、高さ5~8mになるマメ科の樹木。
 花の見ごろは3月中旬から下旬まで。
 花言葉は「真実の愛」「友情」「秘めた恋」など。
 フランスではミモザ祭りが開催されるほか、イタリアでは、3月8日が「ミモザの日」で、その日は男性から女性に日頃の感謝をこめてミモザの花を贈る習慣がある。

 ここまででお分かりと思いますが、私は本物のミモザを見たことがないのです。
 (生け花展、フワワーアレンジメントなどは除いて)
 けれどミモザは少女時代からのあこがれの花。
 漫画に良く出てきたんですよ。●田理代子とか萩●望都とか...
 そのせいか、ミモザと聞くと、儚げな佳人や少年達のキラキラした思い出のシーンが浮かんでしまうんです(〃艸〃)
 
 ミモザといえば、ケーキやサラダも思い浮かびます。
 黄色は食が進む色でもあるってことでしょうか(*^ワ^*)

 また「黄色」で思い浮かぶかわいいモノといえば「ヒヨコ」!
 『千と千尋の神隠し』にも出てきますよねー。ヒヨコの集団が(#≧∀≦)
 ヒヨコって単体じゃなく集団のイメージがあるんですが何故でしょう?
 こんな動画を見つけました(^^)
 ▼瞳が戸惑いに揺れるネコと無邪気なヒヨコが激カワd(≧ω≦*)
 ※コメント非表示でご覧ください!

 
  
 そういえば昔は縁日の定番だった「ヒヨコつり」
 動物愛護で廃れたかと思っていたら、動画がUPされていました。
 少なくとも2011年までは存在していたようです。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た