11 | 2016/12 | 01

セロクエル25㎎錠が処方されました 


 3週間のサリドマイド投薬が終り、1週間の休薬期間中に入った義父。
 「薬が合わないせいで体調が悪い」
 普段は私たちにモンクばかり言っているので、薬の少ない年末年始は平穏な日々が過ごせるに違いない。
 しかし、それは甘い考えでした。
 
 どの薬の副作用かは分かりませんが、少し前から、父の態度や言葉が暴力的になって来ました。
 脚だけでなく、呂律が回らなかったり、手先が震えたり。
 自分の身体が思うようにならないのは、凄いストレスだろうと思います。
 だから、ついイライラして、突然怒鳴ったり、歩行器でワザとぶつかったりで憂さ晴らししているんでしょう。

 でも、お義母さんを悪し様に罵るのは居たたまれなくて・・・・
 そういう時、私は凍り付いてしまって、上手く対処できません。
 話題を変えたり、お茶をすすめたり、飼い犬を使って場を和ませるくらいです。
 ですので、義父のこんな態度を初めて見た長女が、義父にこう言い放ったとき、つい心に中で拍手喝采してしまいました。

ジジ! ババに人権がないような酷いこと言うなら、私もう二度とこの家には来ないよ!

 義父が一番可愛がっている孫の言葉に、さすがの義父も反省したのか、その後ひどい暴言は治まっています。
 治まったかのように見えました。
 ところが、デイサービスの方で、小出しにしているようなんです。

 ・挨拶をしても返さず無視
 ・「動きたくない」とリハビリを全くしない
 ・行事に参加しない
 ・歩行器でトイレに行く時(それ以外はほぼ横になっている)、以前は傍にいる人に「すまんね」と声をかけたり、物を避けたりしていたのが、ぶつかっても謝らない&歩行器を物にぶつけてどかす

 私の悪口を言っているのは知っています。
 取りあえず、私に面と向かっては言いません。今のところは←
 私への不満は、火山の下のマグマの如く溜まっていると思いますけどね。

 そんな義父に、お医者様が処方して下さったのが、セロクエル25㎎錠。
 認知症の方は、理性で抑えられなくなった性格がむき出しになったり、自分の気持ちを上手く表現できないストレスが溜まると、興奮したり怒りっぽくなるそうです。
 そしてその矛先が、一番身近な奥さんや介護者に、暴言、暴力、いじめへとして向かってしまう。
 セロクエルは、認知症による暴言・暴力・声出し・徘徊を緩和する薬だそうです。
 
 あれ?
 お義父さん、認知症じゃないけど?
 でも、セロクエルを飲めば、心穏やかになって、お義母さんに暴言を吐くのが治まるなら、頼らざるを得ない。
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
 ↑を打ち込んでから数時間が経ち、一悶着ありました。
 最近お義父さんの鞄から1万円がなくなったらしいんです。
 この話題は、私と二人のときしか言い出しません。 
 つまるところ、私を疑っているんだと思います。

 そのくせ、私にお金を下ろしてきてくれと通帳を預ける。
 先日も45万円引き出すよう頼まれました。
 普段は15万なので、何度も念を押したのですが・・・・
 そして今晩、下ろしたお金の内訳を言え、というのです。
 「言われた」じゃないな。実際は「怒鳴られ」ました。
 そのくせ、私が喋ろうとすると「そうじゃない」とテーブルを叩いて遮るし。

 訳が分かりません。
 トイレのため起きて、義母、ダンナ、私がいるリビングにやってきた途端にこれですよ。
 なんでこんなに興奮しているの? 
 義父は認知症と診断されていないのに、暴言・暴力・声出しという【認知症患者の周辺症状(BPSD)】が出てしまってるようです。

 今晩、あまりの所業に思わず涙が出てしまいました。
 それに驚いたのか、義父はそそくさと席を立ち自室へ。
 義母とダンナも焦ったんでしょうね、私を労わってくれましたよ。

 その後帰宅の挨拶に行った際、「明日からも来てほしい」旨の言葉はありましたが、全く反省の色もなく謝罪もありません。
 で、大人気ないとは思ったけれど謝罪を求めたところ、「呂律が回らないから言いたくても言えない」とジェスチャー付きで伝えてきました。
 なかなか面白い回答じゃないの。
 悔しさや怒りは治まらないけど、取りあえず座布団一枚分貸しということで←

 殺伐としてしまいましたね。スミマセン。
 こんな時はペットに頼るしかない!
 ▼山茶花の絨緞とハナ(ポメラニアン♀6歳)2016/12/15
 2016D15.jpg


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た
スポンサーサイト

「ひでんか」を漢字で書きなさい ~プーチン大統領宿泊『大谷山荘』の大人四名一泊料金は~ 



 プーチン大統領安倍首相大谷山荘(山口県長門市)で会談を行った先週金曜日、ウチの旦那様は横浜へ日帰り出張でした。
 新幹線だったので、新横を16時台のに乗ったら20時には小倉に着きます。
 その後在来線の駅のホームで立ち食いラーメンを食べたらしく、最寄りの駅に迎えに行く時間が息子のお迎えと重なりました。
 (二度手間にならなくてラッキー)

 で、男二人をリア座席に乗せて運転している時、その日が山口県での首脳会談だったことで自然と話題はそこに。
 「プーチン大統領は3時間近く遅れたみたい」
 「この寒さで出迎えの地元住民が風邪をひいたら誰の責任問題になる?」
 等ニュースで流れた話題をふった私を軽くスルーして、彼らの話題は、大統領到着による鉄道の遅れや、雪による鉄道事故になっていました。

 ちょうど工事中の箇所にさしかかり、お喋りはやめて運転に集中していた時、「妃殿下」という単語が聞こえました。
 いつの間に話題が皇室になったのかな?
 プーチン大統領来日に併せて、妃殿下が山口を訪問されたのかしら。
 山口ゆかりの妃殿下といえば、吉田茂の孫の寬仁親王妃信子様よね。

 そう思い込んで二人の会話を聞いているうち、話の内容が、停電で運転見合わせをしている鉄道だと分かってきました。
 「あそこはあのくらいの雪で停まる事はない」
 「長門は“ひでんか”区間で停電関係ないし」

 あっ、もしかして「妃殿下」じゃなくて「非電化」?
 恥ずかしい(*/∇\*) 会話に口出ししないで良かったわー

 ちなみに、山陰本線(京都~幡生間 673.8km)の非電化区間は、城崎温泉~伯耆大山間・西出雲~幡生間の 444.6kmと、支線の長門市~仙崎間の2.2kmだそうです。

 
 ところで、プーチン大統領が泊まった『大谷山荘』ですが、偶然にも夏休みに我が家も利用したホテルです。
 利用するのは2回目で、最初は3月に旦那と二人で宿泊(一泊二日)
 2回目は8月お盆、多分このホテルで最低ランクの10畳(12.5畳だったかも)に一家四人で宿泊しました。

 ■ウエルカムドリンクは薄茶。お菓子は一口サイズの外郎。
 □仲居さんへの心遣いは不要。
 ■天体ドームは雨の時悲惨(コレを楽しみにしていた長女は二度と行かない宣言) でも3月に泊まった時は観測日和で私はとても素敵な体験をしたんですよ(*^^*)
 □プールは、3月に行ったとき「池」と思っていた食事処の窓のそば。その為、夕食時間前に閉まります。
 浅くて狭いので、小さなお子様向けかも。長男(DK)が一人で行ったけどすぐ帰ってきました。 
 ■温泉は、ゆったりしていて気に入っています。
 夜と朝で男女が入れ替わるので、是非早起きして朝湯も堪能して下さい。
 川沿いの半露天風呂では、散歩中の地元の方(?)と目が会う可能性あり(私は3月に...)
 ドライヤーはパワーが小さいタイプなので、髪の量の多い人は持参した方がいいです。

 ご参考までに料金を(和室10畳(多分)大人4名一泊二日)

 ・夕食とバイキングの朝食付きで、一人24,000円(税等込26,070円)
 ・夕食時の飲み物はビール2~3本+ジュース2~3本
 ・ラウンジでのショーを見る時、飲み物等の注文なし
 *ステージのある1階で椅子に腰掛けてショーを見たら、漏れなく仲居さんが注文を取りにきます。はっきり言って断れる雰囲気ではありませんので、タダでショーを見たい人は2階からがお勧め。テーブルも椅子もあります。
 ・お土産は1万円以内
 ・温泉の後に男二人で飲み食いしたかも
以上で、チェックアウト時の精算額は約14万でした。


 サービス面は、3月に利用したときの仲居さん2名(案内と食事)がとても良くて、また利用したいと思うほどでした。
 8月の時は、アルバイトの女子大生だったのか、「いかにも新人です」という仲居さんだったので比ぶべきもないのですが。
 ただウエルカムドリンクの接待と車の案内をしてくれた仲居さんが、笑顔が素敵なとても感じのいい人で、最後は気持ちよくホテルを後にすることが出来ました。
 施設がいかに立派でも、「人」が良くなければ「また来たい」と思いませんものね。

 我が家の経済事情では、次に利用できるのは数年後でしょうけど、大谷山荘ではたくさん思い出が出来ました。


 ところで、あと1ヵ月後の1月20日はアメリカ大統領就任式。いよいよあのトランプ氏が、、、ですね。
 そして本日12月20日は、『黒子のバスケ』のキャラクター赤司征十郎の誕生日です。
 アニメは2期の途中までしか見ていないので、赤司くんの活躍は見ていないんだけど
 あかし
 赤司くん、17歳(?)のお誕生日おめでとう!!


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た

子供達の「サリドマイドって何?」に驚いた話 


 長らくご無沙汰しておりました。
 更新なき中幾度もご訪問いただいた心やさしき皆々様、感謝してもしきれません。本当にありがとうございました!

 ++ + ++ + ++ + ++

 さて、一時は舅姑が同時に別の病院に入院し、家を守るのはポメラニアン一匹だった主人の実家。
 現在は二人とも無事退院に漕ぎ着け、要介護度はアップしたものの元気(?)に暮らしております。
 徒歩10分離れた義父母宅へは、1日に4回通っていた頃もありましたが、今では(私が行くのは)1日に2回にしています。
 申し訳ないけど、自分の家の事が疎かになり過ぎて・・・

 IMG_7396.jpg
 ▲リビングの窓は通りに面した南向き。傍を通る人や車の観察に余念がないハナ

 入院するたび歩けなくなっている舅は、薬があわなくて吐き気やふらつき肩こりが辛いと訴え、今週から化学療法に代わり投薬治療になりました。
 で、この新しい薬、服用する舅は勿論、薬を管理する家族も署名が必要な薬でした。

 どんな薬かというと、サリドマイド ですって。

 子供の頃、サリドマイド薬害事件の報道を何度も見てきた世代なので、正直未だに使われている事に驚きました。
 医師からは、薬の説明の中で日本で再び使用できるようになった経緯なども聞き、この薬を使うことに同意しました。

 薬は調剤薬局ではなく、院内で受け取ります。
 その際ビデオを見るのが義務のようで、ナレーションよりBGMの音量が大き過ぎる教材のようなビデオを見ること約10分。
 その中で、服用中に妊娠したら胎児に悪影響云々に続いて避妊についてのレクチャーがありました。

 80近い舅と長男の嫁が、避妊の様々な方法や注意事項を説くビデオを真面目くさった顔で眺めている図は、傍から見た人にはどう映るんでしょうね。
 家族で見ていたドラマで急に濃厚なラブシーンが始まっていたたまれない時とも微妙に違った、なんとも言えぬ妙な雰囲気で過ごした10分間だったわ。

 ところで、帰宅後ジジの新しい薬の話題になった際、子供達がサリドマイド薬害事件を知らないことが判明しました。
 カネミ油症事件森永ヒ素ミルク事件は知っているのに何故?
 学校で教えないのかしら。
 知っておくべき事件だと思うんだけど。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た