02 | 2017/03 | 12

図書館で200冊借りるのに何年かかる? 


 本日3月10日は、ブックヘルパーをしている中学校の卒業式でした。
 下級生手作りの花飾りを胸に、一人ひとり校長先生から修了証書を受け取る姿は、親としては胸に湧き上がるものがありました 
 きょうは快晴で、車は冷房を入れるほどのポカポカ陽気。
 今年の卒業生は行いが良かったのですね(^^)
 卒業生

 さて、図書室ではこの時期、<貸し出し冊数ベスト10>を発表しています。
 今日卒業した子供たちの中で1番多かった生徒は、3年間で199冊でした。
 この生徒さん、いつぞやの山田悠介さんの本を貸してくれた男子です。

 三年間で199冊は、「意外と少ない」と感じますか?
 でも、昨年度まで一回に1冊しか借りられなかったし、8月はないし(夏休み前に昨年度まで2冊、今年度は4冊借りられる)、試験や行事で図書室が空いていない期間も多いんです。
 そんな中、約200冊も借りたのは立派だと思います!

 放課後教室の方も、今年度の教室が今週で終わりました。
 介護の時間が増えて昨年度ほど参加できなかったけれど、子供達と交流し元気をもらえて、此方の方が感謝状出したいくらいだったわ。
 28年度終了


 画像整理で出てきた、長男中学卒業の頃のハナ(ポメラニアン♀当時4歳)
 20150208.jpg


 ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た

スポンサーサイト

「しもやけ」でお悩みなら献血がおススメ 


 ボランティアで知り合った細っそり体型の上品な女性の口から、「あ゛ーー、しもやけが痒い!」と聞こえた時は聞き間違いかと思いました。

 「どの指ですか?」
 「ここよ。すごく腫れてるでしょう?」
 と、右手の小指を差し出されたのですが、どの指も細くて・・・・
 しもやけで腫れてる指より、私の小指の方があきらかに太いんですけどねd( ̄◇ ̄;)

 この方、デパ地下の洋菓子店にお勤めだった前世紀に、酷いしもやけの手でショーケースを磨いていると、お客様からこう言われたそうです。
 「そんなみっともない手で客商売はダメよ。しもやけを治したいなら献血していらっしゃい」

 お客様の言葉に半信半疑だったものの献血ルームへ行った彼女は、それ以降、しもやけに悩まされることはなくなったのでした。
 まさに「お客様は神様」。
 仕事を辞めてからも彼女は毎年献血を続け、輸血を待っている人達に感謝されたのでした。
 めでたし、めでたし(*´∀`ノノ゙パチパチ

 こんなエピソードを以前伺っていたので、“しもやけ”とは縁を切ったとばかり思っていたのです。
 ところが、独身時代ふっくらしていた彼女は結婚後どんどんスリムになり、献血できなくなったとか。
 後年たまたま体重が50㎏を越えた時、久しぶりに献血をしたら、経験したことのない気分の悪さで寝込んでしまったそうです。
 採血量が200mlから400mlへ増えたからでしょうね。

 でも彼女は、それで献血が嫌になったわけじゃなくて、40kgに近い体重なのに諦めていないところが天使なの。
 「50㎏に回復したらチャレンジするわ。しもやけともオサラバよ!」
 

 桃の節句も、啓蟄も過ぎ、今日は春雷も。15度になる日もあって、春はもう其処までですね。
 梅や沈丁花の芳しい香りが漂うこの季節が、一年で最も好きな季節です(*^∇^*)
 227夜宮1 227夜宮2
 227夜宮3 227夜宮4
 ▲夕方(16時半)とは思えない青空!(2017/02/27 戸畑区夜宮公園

 諏訪神社
 ▲鮮やかな紅梅も曇天(しかも昼前なのに)だと美しさが半減>_<;(2017/03/05 長崎市諏訪神社

 
ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た