09 | 2017/10 | 11

ブリミュ福岡公演(1/16夜)レポ&感想② 

★ブリミュ初体験レポ・・・続きです★
興奮がおさまると共に記憶も薄れがちなので、現実と間違いと妄想が混在していると思います。
あらかじめご理解の上、ご覧いただきたいと思います。
  ★1/21加筆修正しました

まず開場前に並んでる時から感じたんですけど、
可愛い子の比率高いな ブリミュファン!

会場でも、特に私の前のレイヤーっぽい5人組なんて、お人形みたいに可愛かったですよ!
(私の連れも「あのコ達レイヤーさんだよね」って言ってました^^)

開幕前のお楽しみ
突然誰かの声が!
「修兵?」
と思った瞬間前の席のコが「きゃああっ」と叫び出して仲間達が「良かったね」の大合唱。
恋次(森山栄治さん)でした。
スミマセン間違えました。櫻井孝宏と福山潤の区別が付かないレベルですから…

ここで4つの注意、
携帯の電源は切っておけ。守れねぇ奴は朽木隊長が…」を3回。
(席を立つな、飲食はするな etc)
4回目は兄様が「…私が斬る!」 ここで「きゃー!」

この途中で、
「今、俺は皆から見て、左側の幕の裏にいる。俺のまわりでは隊長達がニヤニヤしている」
って言うんですよ!
始まる前からアドレナリン大放出です。

歌われた曲 
1 SOUL'S SHOUT
幕が上がった瞬間からファンはフルスロットル!!
ピンクや紫の外部で購入したと思われるペンライトも加わって、客席はムービング・フラワー・ガーデン。

「もっかい歌うよ!」って、アンコールでまた盛り上がりました!
1曲目から、歌詞も踊りもうろ覚えの自分に後悔。
何でも予習が大切・・・身に染みました。

2 ハレルヤ・グッバイ
「裏切り者が最後を締めるのは許せない!」という一護の提案により今回は早めになりました。
個人的にはこの曲は、ギンではなく【浦原さんの曲】なんですが・・・
ここではまさかのラインダンスが見られます!

3 心に譲れないものひとつ
前回の公演ではペンライトの色指定があったようですが、今回はなくてほっとしました。
(ちなみにオレンジ&青を購入 1300円)
見るのに夢中で、振りをけっこう間違えましたっ。

4 変わらない気持ち
この曲の後、二人を除いて全員退場。

5 新曲(白哉&夜一) …感想&イラスト①をご参照ください。
白哉にとって最初の女性でしょうし(いえ、ソチラの意味でなくて)、夜一を基準に女性を見てると思うので、このCPは以前から好きでした。
まさか公の場で見られるとは!
手に手を取って踊っていても、ムーディーではなくコミカルで、夜一さんの男前さが際立っていました。

6 女性死神協会
乱菊さんがいないからあきらめていた曲なので、聴けて本当によかった。
草食系男子と肉食系女子について語り合っています。
何故かそこにまだ白哉が・・・

7 新曲(男達) 
白哉は出ずっぱり。いつの間にか男性死神協会の会計係りになってます。
男性死神協会の臨時会議。一護も特別に参加。
白哉以外は袖を抜いて、肌色というか茶色のさらしを巻いて(剣八だけ白さらし)、グラサンをかけています。
剣八(鈴木省吾さん)の筋肉ハンパない!一護(伊阪達也クン)は・・・鍛えて下さい。
サングラスの上に黒いグラサンの恋次。笑っていいですか?

会長の射場さんが広島弁じゃけ、みんなも会話の語尾には「じゃけ」を付けんといかんのじゃけ・・・だそうです。
イヤイヤ参加している日番谷(永山たかしさん)がなんともかわいい!

そこに女性死神と花太郎が通りかかります。
草食系男子は嫌いと言っておきながら、草食系代表みたいな花太郎と楽しそうなのは何故?と問うイヅル(北村英基さん)
害がなくて御しやすい・・・と彼女達。
もてたい一心なのに出鼻をくじかれシラケる男達に、去っていく雛森がトドメの一言・・・
「白ちゃん、そのサングラス似合わないよ」
日番谷退場・・・サングラスを割る音が・・・

羞恥心パロ第2弾。兄様と日番谷がもっと好きになれます!

 
はいっ、ここからイチルキタイムに入ります!!

すみません、長いのでたたみます。
お付き合い頂ける方は続き・・・からどうぞ。



8 降り止まぬ雨
舞台は一転して静かに
紫色の照明の中、少しづつ大きくなっていく雨音。
「冷たい雨が~♪」と歌いだす一護。
「アンタ一護が歌う時、ナニにやにやしてんの?」と連れに言われて答える私。
「だって伊阪くん、とっても上達していて嬉しいんだもん」
「・・・お前は一護の母親かっ!」

9 狭い空

↑は「The Dark of the Bleeding Moon」より。
今回女性陣は衣装は変わりませんでした。ですからコレも死覇装のまま歌います。
ルキア(佐藤美樹さん)の歌声は心にしみて・・・
それに一護の「降り止まぬ雨」からの流れも自然で、胸を打たれました。

10 手を繋ごう
この曲の前奏が流れた時、今回選曲した人に心から感謝しました。
最近ありませんでしたもの。
「No Clouds in the Blue Heaven」以降は『強さと笑顔を束ねたら』でしたから。

連れがおもむろにバッグからオペラグラスを取り出して
「手を重ねるトコ、アップで見なきゃ」と準備万端だったんですが、期待した程接近しないし、二人とも後ろを向いていて・・・
期待が大きかっただけに、いえ歌ってくれただけでありがたいのに我儘になってしまって。
ところが前の席で見た方により、二人が見つめ合いながら歌っていてスゴク萌えた・・・と聞きました。
やっぱりブリミュはイチルキですよね~!

『好き』という言葉じゃ全然足りない。
いうなれば、湧き出ずる萌え動画・・・とでも言いましょうか。
以前にもブログに貼りましたが再度貼ります。
ブリミュナンバーワンイチルキソング 「手を繋ごう」です!


11 新曲(剣八)
一護に敗れた剣八が、斬魄刀に名を問いかけ・・・からの場面。
鈴木省吾さんの演技と抜群の存在感が遺憾なく発揮されて、ブリミュそのものに重みを与えてくれます。
さらに花太郎(村上耕平クン)と一角(臼井琢也さん)&十一番隊隊員がコミカルな演技でメリハリを加えています。

続く卯ノ花(笠原弘子)とのシーンも人生訓のようなセリフが続き、心に良いお土産を貰ったようでした。
自身にも斬魄刀にも名のない剣八に
「その花の名は、あなたが付けて下さい。」と言い病室を去る卯ノ花が、とても印象に残っています。


あと10曲あります。
次のシーンはギンのコーナー。
またまたイチルキで萌えますよ~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: ペリ様

私はルキア教の信者として、日々『イチルキ動画リンク』の尊い教えを繰り返し視聴し、また布教することを旨としております。

また、ルキア様に連なる鰤関連健全動画およびブリミュを世間一般に紹介することにより、尊い教えが皆様のお心に愛と平穏をもたらす事と確信しています。

ルキア様を信じることであなたは、インフルエンザワクチンが余っていようと、国のトップが金銭疑惑にまみれていようと、ノーベル平和賞を貰った人が戦争を推進しようと「護り」の力を授かるでしょう。

「護り」の力は十二使徒《 一護 》 によりもたらされます。
彼はあなたは無論のこと、あなたの周囲の人々も、町も、地域も、国も、地球も、果ては宇宙まで一人で護り戦ってくれるのです。

一護が遠くで戦っていても寂しがることはありません。
残りの十一使徒は、金銭に不自由をさせぬ者、見目麗しい者、実は一護より剣に秀でた者、科学に長けた者、癒しを与えるもの、精神的肉体的快楽を与える者、炎や氷で芸術を生み出す者・・・と物心両面から、あなたに幸福をもたらしてくれるでしょう。

この全てを超越したルキア教布教の為、ささやかながらペリ様の動画等の広報活動も、引き続き行う所存でございます。

駄文長文お許し下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/169-2ba3c928