08 | 2017/09 | 10

「花びら」 AFTER THE KISS 

☆★☆5/6加筆:敬愛するリンク先『白玉小町』の古都 様が、「花びら」の挿絵を描いて下さいました。
素敵なイラストを是非、ご堪能ください。
もったいぶって、最後に飾ってあります♪♪♪




目の端を花びらが舞った。

キレイだけど背筋が凍りつきそうな朽木さんのお義兄さんの千本桜じゃなくて、
輪郭はおぼろげなのに強烈な印象を残す「花びら」・・・


冬と初夏が日替わりで訪れた4月のお天気とうって変わり、
穏やかで明るい5月がやってきた。

『新体力測定』が全校一斉であったから、私達は更衣室じゃなくてカーテンをびっしりと閉めた教室で着替えてる。
締め切られた教室の中はデオドラントやコロンの香りがいっぱいで、息をするのがちょっとツラい。
だから私はキレイな空気を求めて、顔を窓の方へ向けたの。

窓際の朽木さんはとても淡い色の、レースもリボンも付いていないシンプルなキャミソール姿で、ブラウスの片袖に腕を通しているところだった。
そして・・・
キャミソールで隠したいのか見せたいのか分らない微妙な位置にある「ソレ」は
自分の存在を主張するみたいに、私の目を釘付けにしてくれた。

朽木さんの肌はとても白い。
全校生が運動場にいても、肌の白さですぐ見つけられるくらいに。
(あんなに細くてちっさいのも、一人だけなんだけど)
そして髪は黒い。
ただ「黒い」っていうんじゃなくて、角度を変えると色んな色が見えるような、光る黒。

そんな正反対の色の間で主張する「色」、2つの花びら。


私の視線に気付く事のない朽木さんは、キチンと下からブラウスのボタンを掛けていく。
頬にこもる熱を感じながらも私は、目の前に晒された2人の事実を隠す為に
アンテナを360度張り巡らせた。

そして首を元の位置に戻したその時

「ひーめっ!!シャトルラン凄かったね〜。
 記録も人間業超えてたけど、アタシは胸の上下運動から
 目が放せなかったわよ〜!!」

千鶴の声にたつきちゃんが反応する。
鈴ちゃんが、みちるが、真花が加わる。

私は決して視線を窓の方へ向けないよう気を配った。
だって視線を追われたらオシマイだもん。
特にこの、色事に鋭い友人には。
秘密が秘密でなくなってしまう・・・

そう、私だけでいいの。
私だけが知ってるって、思っていたいだけ。

         古都サマより「花びら」挿絵

* 挿絵はクリックで、一層素敵になります。

 
------------------------------------------------------------------------

読んで下さってありがとうございました。
ギャグ以外ダメな人間なので、真面目(?)な話は書いていて気恥ずかしくなってきました。
イチルキにしたかったけど一護が出せなかったし・・・
エロいラブラブなイチルキを書くには修行が足らないようです。


追記より、rei-u 様へ拍手コメントの返事をさせて頂いています。



『ラララ言えるかな』読み物目次へ→こちら
rei-u様


こんにちは、rei-uさん!
ご訪問&拍手コメントをありがとうございました。
とっても嬉しく拝読しましたっ♪♪♪

>と、つらつらと平常心で書いていますが、実際見ていたときは嫉妬メラメラでしたww

私も結構長く生きているので(笑)事あるごとに反省し、相手のよい点を探り欠点を受け流す術を身に着けて来たつもりですが、やはり生理的に受け付けない事があります。

ダメ、です。あのヒト。
最初の方は結構好きだったんですが、SS篇終了後はいけません。
自分がどんなに大人気ないか分っているつもりですが、イライラします。

>でも、きっとルキア嬢も同じ状況なら同じ様に織姫ちゃんの事を力の限り呼ぶはず……だと、妄想しております。

rei-uさんエラい!立派です!!
まさにその通り!!
ルキアには二心無く、織姫のために命を懸けて戦いますよね。
でも、絶対助けられる織姫はそうじゃない。
ルキアが大怪我をおったり死んだり・・・を想像して、「でも黒崎君が悲しむからっ」と否定してる気がするんですよ。

・・・って織姫より私が1番ヒドイ人間である・・・と証明してしまいました!

こんな心の中までドス黒い私ですが、お見捨てなき事を伏してお願い致します〜

なんやかんやでGWももう終わりですね。
昨日は渋滞&運転マナーのなっていないドライバーに辟易しながら九州自動車道を運転し、疲労と日焼けでグッタリしていますが、明日からの「日常」に期待して乗り切ろうと思っています!!

そして5月は運動会がありますよね。
光化学スモック警報が出ないことを祈りつつ、日焼け対策&お弁当作りを頑張りましょう!!

ご賛同のコメントに胸が熱くなりました。
本当にありがとうございました!!


from:Rowgan Tokuchi
関連記事
スポンサーサイト

コメント

古都 様へ

古都 様

古都さん、この度は素敵な挿絵をありがとうございました。

ウェブ上で『プロの犯行』と言う言葉を目にしますが、
ソレに触れたようでドキドキうきうきな私です。

挿絵というものは読者にとって、その本の価値を左右するほど大きな存在です。
私的な経験ですが、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズにはまったのも、ブロンテ姉妹の「嵐が丘」「ジェーン・エア」も、子供の時に最初に手にした挿絵入りの本の影響によるものです。

「花びら」も古都さんの挿絵のお力で、急に格が上がりました。

本当にありがとうございました!!

Re: 月城はるか様へ

月城はるか様

こんばんは、はるかサン!
お返事がとても遅くなって申し訳ありませんでした。

> ふふふ・・・・ 「言わぬが花」 的な色っぽいお話ーーとっても大好きです。

うわぁ!お、お褒めのお言葉、いたみいります!!
「言わぬが花」 的な色っぽいお話・・・といえばはるかサンの得意分野だと思います。

状況や言葉の端々から2人の密な関係を想像させる手法は、はるかサンとてもお上手です。
読者は想像を膨らませながら読んでいると思いますよ。
かくいう私もその1人です。

> ご馳走様でした。

もったいなくも嬉しいお言葉をありがとうございます。

> ギャグも好きです。
> ぜひ書いてくださりませませ

そもそも「書いてみようか・・・」と思ったのは、はるかさんが渡久地のイラストに添えた小咄を誉めてくださって「作品にしたら?」と勧めて下さったからです。

あれから思いつくままに2〜3点書いてみました(イチルキ2、恋ルキ1)。
ですが最後までいかず途中で放っていたのです。

今回は、実際に目にした光景をヒントにお話を作ったところ、SSですが最後までかけましたので、恥ずかしながらUPしました。
はるかさんには遥かに及びませんが、今後も書いてみようと思っています。

ところで【雨音】拝読しました。
『馬鹿ルキア』って言う恋次に萌えます。

ご訪問&コメントをありがとうございました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ローガンさん、こんにちは。古都でございます。
コメントレスをどうもありがとうございました。
さっそくですが、SS『花びら』があまりにもツボ過ぎたので、勝手に挿絵を描いてしまいました。お伺いも立てず事後報告で申し訳ありません!!
白玉小町ブログの5/6付の記事にアップしておりますので、お時間のあるときにでもご覧いただけると嬉しく思います。
なるべく文章と雰囲気に忠実に描いたつもりです。そこはかとない色っぽさが漂いつつも、女の子の優しい目線と爽やかさを重要視して仕上げました。そのため演出で、わずかに開いた窓から風が吹き込み、カーテンがなびいています。
勝手に楽しんでしまってすみませんっ
それでは失礼いたします。

こんにちは。 ローガンさん

ふふふ・・・・ 「言わぬが花」 的な色っぽいお話ーーとっても大好きです。

白い肌に”輪郭はおぼろげなーー「花びら」”
気付いたほうがその”強烈な印象”に赤面してしまうーー織姫のように。

はっきり書かないで曖昧にぼかして悟らせるようにしてあるからこそ読むほうは想像力を働かせてめっちゃもよもよしてしまいます〜〜(* ´艸`*)

ご馳走様でした。

ギャグも好きです。
ぜひ書いてくださりませませ
ヾ(^O^)/

ステキなお話をありがとうございました。

Re: 麻生由美子様へ

麻生由美子 様

由美子さん、こんにちは!
非常に丁寧で嬉しい言葉満載のコメントをどうもありがとうございました。
そして、コメント返礼の遅さでは負けませんよ、由美子さん!!
(何の勝負をしてるんだか orz )

ところで、SSを気に入って下さってありがとうございます。

> 最初は「え、ローガンさんとこでSS?」と思いながら読んでたんですが、読み出して直ぐに、織姫視点のちょっと色っぽい話だと分かって驚きましたw
> ローガンさんとこはb>]全年齢対象の健全ブログ、のはずなのに、こんなR15的な色っぽいお話が出てくるとは思わなかったので、私的にはとても嬉しい驚きでしたよ〜♪

えっ、R15って何? 美味しいの、ソレ?
ですよ、ココは勿論!!
「花びら」は、全国の学校で実施される「新体力測定」での一コマを一女子高生が語った「記録モノ」でしたでしょう?(爆)

> 読ませていただいて、直ぐに脳内に絵が浮かびました。
> ローガンさんさえ宜しければ、これを私が絵にさせていただく事をお許し願いたいのですが…。
> 如何でしょうか?
>
> 絵というか、そのまま漫画に出来ますよね、これ(^^

ハ レ ル ヤ ☆ な ん と い う 幸 運 !!

どうぞ煮るなり焼くなり、お好きに味付けなさいませ♪♪♪
由美子さんの手にかかれば、さぞかし艶っぽくなるのでしょうね。
素敵な作品に生まれ変わるのを楽しみにしています!!

古都 様

古都 様

古都さん、こんにちは!
連休とはいえ休みでない労働者の家長ゆえ、家族サービスは4日5日の短期集中の我家でしたよ^^
古都さんは新緑散策へでもお出かけでしたか?

> さて、さっそくですが、「花びら」素晴らしいです!こんなにツボを突かれる作品に出会ったのも久しぶりで、思わず萌え転がりましたっ!!(>▽<)

WAO!!最大級のお褒めのお言葉!!
頂戴してよいのか、なんだか妙に落ち着きませむ。

> 何度も繰り返して読んでしまいます。

ワタクシ、昇天致しました。
「我が人生に悔いなし」です。
今までよい行いもせず、悪い事のみ率先してやってきた私にも、神様は最後に良い思いをさせて下さるのですね。
憧れのヒトから、こんな言葉を貰えるなんて・・・

「感激」とか「感謝」じゃ言い足りない。
まして「光栄の極み」なんて、へりくだっている様で「実は上から目線じゃね?!」な言葉も違うし・・・

やはりココは「あ り が と う ご ざ い ま す 」ですね。

しばらく前からイチルキSSを書きたい・・・とは思っていたものの浮かぶのはギャグばかりで、途中で嫌気がさしていました。

コレは先日チョッとルキアに似た女の子の胸元に、ソレを見止めたのをヒントにしています。
頭の中でアレコレ考えるより実際に目にした光景の方が、はるかに心を揺さぶる・・・という事なのですね。

いずれにせよ私の初めてのSSを気に入って下さって本当に嬉しいです。
拙い作品しかお見せできませんが、古都さんのお言葉に調子好いて、またUPするかも・・・です。

古都さんのSSや小説、ご存知でしょうが大好きです!
古都さんは女の子の心情を丁寧かつ的確に表現されるので、登場人物にのめり込みやすいと感じています。
しかもロマンティックで作品に酔えます。
ルキア花魁やアシドとの「トライアングラー」モノ、織ルキも萌えます☆★☆
古都さんの次回作はどんなかしら?

ご訪問と天声の如きご感想を本当にありがとうございました!!

こんばんわ〜、ローガンさん(^▽^)
「コメント書きに行きますね〜」って言いながらまたもやあっという間に二日程時間が開いてしまいましたね、すいません!なんでこんなに時間の経つのって早いのでしょうか…(^^;)

先日は私の絵のご紹介、どうもありがとうございました♪
とても褒めていただいて勿論凄く嬉かったのですが、ちょっとこそばゆいですね〜(∩∀`*)キャッ
ともかく、本当に気に入っていただけたようで安心しました。

おまけでつけたあの落書きも、まさかあんな風に言っていただけるとは思ってもみなかったので、「へぇ〜、ローガンさんはそんな風に捉えてくれたんだ〜。そういう見方もあるのね〜」と、自分で描いた絵なのに逆にローガンさんからあの絵の良さを教えていただきましたよ〜♪どうもありがとうございました!
描いた本人的には、『エロも萌えもない、至極あっさりとした絵』という印象しかなかったんですけどね。
ローガンさんの物の見方って、やはり大人で素晴らしい、といつも感服しております(^^)

ところで、このSS、素敵じゃないですか〜♪
最初は「え、ローガンさんとこでSS?」と思いながら読んでたんですが、読み出して直ぐに、織姫視点のちょっと色っぽい話だと分かって驚きましたw
ローガンさんとこは全年齢対象の健全ブログ、のはずなのに、こんなR15的な色っぽいお話が出てくるとは思わなかったので、私的にはとても嬉しい驚きでしたよ〜♪
いいですね、こういう色っぽい小ネタ。私は大好きです〜♪

読ませていただいて、直ぐに脳内に絵が浮かびました。
ローガンさんさえ宜しければ、これを私が絵にさせていただく事をお許し願いたいのですが…。
如何でしょうか?

絵というか、そのまま漫画に出来ますよね、これ(^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/258-a0627cde

漫画描けましたぁ〜!!(^▽^)

やっとこ描けました〜! ローガンさん原作の『花びら〜AFTER THE KISS〜』を、私が漫画化させていたいただいたものです♪ (基にさせていただい...
  • [2010/05/12 07:26]
  • URL |
  • 春眠遊戯〜BLEACH別館〜 |
  • TOP ▲