07 | 2017/08 | 09

BLEACH 273話感想☆人気投票1位は伊達じゃない日番谷隊長 

初めて、ちゃんと、冷静に、OPを見た気がする「273話」。

今回もルキアがいっぱい出たし、

(この時点で先週の272話も今回も【いい回】になりました。ルキアスキーの方々は多分同意見)
作画もレベルが高かったです。
特に後半は、ルキアのシーンではないけれど見とれるほど美しい場面がありましたね♪♪♪

いつもは本編を少しでも短くするために「無駄に長すぎる!」とイライラする<回想シーン>が、今日は気持ちよく観られたのは何故かしら?

「アレは俺じゃねぇっ」とウザい一護も、「貴方は何処のイケメンさん?」っていう程作画が美しいので気にならないし、
「この手のひらにあるものが・・・心か」のウルキオラは文句なく決まっているし、
(鼻のラインが美しいなぁ・・・と惚れ惚れ眺めていました)
織姫は相変わらず「極上かわいい」し。

先週ブログで一護&織姫(というより作者?)の石田への対応の酷さを糾弾した事で、私自身はかなりスッキリしたのは事実です。
賛同の意見も頂いたし・・・

第273話「鮫の猛威!ハリベル解放」

<あらすじは公式より>       2010年6月1日放送
巨大化するヤミーに苦戦するルキア、恋次、茶渡3人。だが、3人はヤミーに刻まれた「10」の数字を見て、これまで自分たちが戦ったエスパーダよりは弱いと判断。それぞれに攻撃を仕掛けようとする。ヤミーも、それに対抗し、刀剣解放「憤獣(イーラ)」の姿になる。それは3人が思ってもみなかった姿で・・・。一方、空座町では死神たちと藍染率いるエスパーダたちが激闘を繰り広げていた。ハリベルと戦う日番谷は、ハリベルの攻撃に卍解して応戦するが・・・

どんどん巨大化していくヤミーの、髪型&髪と繋がった(?)眉毛が気になってルキア達の戦闘シーンに集中できないおバカな私…
しかも「巨大化」という単語に反応して『マイメロ』のウサミミ仮面の必殺技(?)「ウサミミジャイアント」を思い出し、

兄様が巨大化してヤミーと戦う図

が脳内を駆け巡ってしまう、本当に末期な私・・・

もちろんイケメンビーム!!で兄様の大勝利です。

ウサミミ仮面の声は置鮎龍太郎さん。セリフ回しが兄様と同じなので萌えます!!

はげしく脱線しましたが、ルキアが「初の舞・月白(そめのまい・つきしろ)」を放つのを見られて、とってもお得な気分になり、更に 「次の舞・白漣(つぎのまい・はくれん)」まで拝めて本当にありがたい気持ちになれました。
願わくばもう少し可愛く描いてくれると満点だったんですが・・・多くは望むまい。

そしてヤミーが虚閃(セロ)を放とうとしたところで場面は現世へ。

京楽隊長vsスターク
どちらも渋くて会話が素敵☆
個人的には大塚明夫さんも小山力也さんも海外ドラマの方なので、
『新スタートレック』のライカー副長、または『ダラス』のジェイアール対『24』のジャック・バウアー
が戦っているように思えてしまうのでした。

●砕蜂vsバラガン
この2人よりも大前田が受けました~!!
ブリミュでもぬいぐるみなのに存在感が抜群だった大前田。好きです!!

今までのが本気?全力?めいっぱい?

って言うセリフが耳に残っています。

そ、し、て、日番谷vsハリベルさま
従属官でもないのに、何故私達は彼女の事を「さま」付けするのでしょうか?
確かに少なからず気品があるのは認めます。
「スタークさま」より「ハリベルさま」の方が語呂がイイからでしょうか?
でも似合っていますよね、「ハリベルさま」が。

とにかくアップの時の、金色の睫毛とエメラルドグリーンの瞳があまりにも魅力的で画面に釘付けにされてしまいます。

「くだらん!!」・・・というセリフも彼女には似合っています。

美しくて、ツンで、でも殺された従属官の敵討ちをしちゃう熱いココロも持っているハリベル。
そんなハリベルの相手がシロちゃん・・・というのは大いなるファンサービスかしら?

作者が特別の愛情を込めたキャラクターより、ぞんざいだったキャラが人気をはくす…というのは往々にして起こる事のようです。
(いづれの時にか読み給わりしことなり。久保の中将帯人と申す者、嘆きしことと候らふ。)

日番谷に関しては、何故こんなに支持されるのか私にもサッパリだったのですが、『斬魄刀異聞篇』でかなり認識が変わりました。
ただアレはあくまで「アニメオリジナル」なので、視聴者受けの良いように作ったんだろうとも思っていたのです。

でも273話を見て、なんとなく感じたのは

日番谷って『華』がある!!

という事です。
どんなにルックスが良くても、性格や内面などの作りが凝っていても、作者の思い入れが強くても、そのキャラクターが支持されるか否かは読者の感性にかかってきます。
「神の采配」が働くが如く・・・

日番谷は、ルックス(色彩的なものも含む)、経歴、バックグラウンド(人間関係を含む:対雛森、対祖母、対乱菊、対ギン)、中のひと・・・と好条件が揃っています。
それに加えて存在自体に『華』があるとすればまさに怖いものなし!!

シロちゃんこそが、KING OF 「BLEACH」

今回のアニメでも、登場場面の全てが決めポーズ!
どこを取っても「お宝カード」になること間違いなしの美しい作画!!
ハリベルさまと対峙すると、また一段と華麗になりますね。
氷輪丸とのツーショットも垂涎ものでしたし、ホント絵になるキャラクターだワ。

作画スタッフさんも愛情と力をフルに注いでくれている日番谷隊長。
ファンでもない人間まで魅了してしまうとは、流石人気投票1位の実力です。
このまま年末の劇場版でも頑張って下さい。期待してます日番谷隊長!!

・・・虚化一護が主役でしたかね、劇場版?
ヒロインがルキアなら何度でも足を運びますが・・・

昔のポケモン映画で本編の前に『ピカチューの夏休み』をやっていたように、
袖白雪や千本桜や灰猫やサルのやヘビのや氷輪丸や侘助たちが主とともに、
ツンやデレ、萌えを振りまく『斬魄刀たちの日曜日☆』を15分でいいから付けてくれたら、

劇場版、最低10回は見ます!!

もはや、273話の感想じゃなくなってるし、コレ・・・

ところで日番谷隊長&氷輪丸・・・といえば昨年12月にキャラソンが出ましたね♪
BLEACH BREATHLESS COLLECTION:04日番谷冬獅郎with氷輪丸です。

ココで『冬梅香(BLEACH他イラストファンサイト)』なだめさんが愛をいっぱい注いで作ったMADをご紹介します!!(ブログ名クリックで鰤キャラ満載のお宅へ行けます)
どうぞお楽しみ下さい!!



なだめさんは他にも日番谷のMADを作っていて、それを見たのがきっかけでリンクして頂きました。
シロちゃんのみならず、雛森もルキアもとても可愛く素敵に描くんですよ
ラフで描いていた兄様も素敵でした!!
執事な兄様・・・またお願いしますね。


今回の273話で嬉しかったことの1つが、エンドロールでルキア(折笠富美子さん)が最初だったこと☆☆☆

来週もルキア出るかな?
それで1週間平和に暮らせるか決まるのだから、大問題!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/287-1ac925bd