07 | 2017/08 | 09

ホンコワ話・・・実話ですのでOKの方だけお願いします 

一護と家長の共通点は身長と若いって事…と先日言いましたが、もう1つありました。

霊感です!!

ハイ、ここで、この手の話の苦手な方はリターンして下さいね。

これは1週間前に起こった実話ですので…
なお、管理人には霊感は全くありません!!何も見えませんし聞こえません。
(無くて良かった、と思う方が多いです。家長や友人の話を聞くと)

ちなみに見てもらったら(真言宗の霊能力者)
私は何か不安な事があったら、毘沙門天真言を唱えるよう言われました。
『おん べいしらまんだやそわか?』ですね☆

正式には、ナウマク サマンダボダナン ベイシラマンダヤ ソワカだそうです。

毘沙門天…といえば上杉謙信!!

いっしょ?♪♪♪と思うと、2828して…(すみません。不謹慎とは思いつつ…

以前、彼…というか今の家長に不動明真言というのを教えてもらって覚えました。
「暇な時唱えとけ」みたいなノリで・・・
『のうまくさんまーだーらばらだん
 せんだーまーかろしゃーだーそわかやうんたらたーかんまん』
と覚えましたが、正式には、
ナウマク・サマンダ・バザラダン・センダ・マカロシャダ・ソワタヤ・ウン・タラタ・カン・マン らしくて・・・

これは時代劇でよく使われますから、聞いた事があるのではないでしょうか?
ドラマでも、神霊番組でもお馴染みですね!!


話がそれてしまいましたが…

大丈夫な方だけ、追記へお進み下さい。


せっかくここまで読んで下さった皆様には『スタジオジブリの神曲集』をどうぞ!!
1曲目は大橋のぞみちゃん、以下ハウルの動く城猫の恩返し千と千尋の神隠し
もののけ姫耳をすませば魔女の宅急便となりのトトロ 天空の城ラピュタ、そしてラストはナウシカと、お馴染のあの歌が詰まっていますよ♪♪♪



『紅の豚』だけ入っていない

3日目となったラジオ体操を終えた息子と共に朝食を胃に流し込むと、
彼らは九州自動車道を使って南国の☆県に向かった。
ナビによると6時間余りのドライブになりそうだ。

夜勤明けで寝ていないが、中途半端な休息を取るよりは・・・と、男は朝の出発を選んだのだ。
通勤時間と重なるため、ある程度の混雑は想定内。
ソレを過ぎれば流れも順調で、サービスエリア毎に土地々々の旨いモノをつまむ余裕もあった。

ホテルに着いたのは夕方。
昼食や休息時間込みで8時間が過ぎていた。
夕食の焼肉を堪能し、300発の打ち上げ花火を息子と共に楽しんだが、睡眠不足と疲れで、一泊目の夜は部屋に戻ると泥のように眠ってしまった。
(息子は○トロを見てから眠ったのだろう・・・)

3度目の滞在となるこのホテルは所謂<リゾートホテル>というやつで、屋内にはゲームセンターやボウリング場、屋外にはプール、ゴルフ場、プライベートビーチ、○○館、そして名物の砂蒸し風呂もあり、海外からの観光客も多い。
息子は2度目だが、エスカレーターを祖母と手を繋いで、何度も昇り降りして楽しんだ数年前の記憶はないようだった。


2日目は滑り台のあるプールで軽く遊んでから、スポーツ店で買ったばかりのボート(\2990)と空気入れ(\998)を持って、いざプライベートビーチへ!!
「付近で砂浜はここだけ」だそうだが、S島という活発に噴火する火山の影響か、砂の色は黒い。
砂浜は白い・・・と認識していた息子は、軽いショックを受けたようだ。

今回は連泊する所為か、前の2回より良い部屋だった。
オーシャンビューの角部屋という素晴らしさだ。
エレベーターも近い。
このホテルの客室は横に長い構造でエレベーター数は多いものの、前の2回はエレベーターまで結構距離のある部屋で、食事や入浴の際・・・だったのだ。

この部屋でチョットひっかかったのは、この部屋が1番端であるはずなのに、ベランダから突端である右隣を覗くとベランダがあることだった。
しかもおかしな事に、ベランダはあるのに窓がないのだ。

2日目の夜は、真夏の太陽に照りつけられた海水浴で疲れきっているはずなのに、何故か寝付けなかった。
隣りでは日焼け止めクリームの甲斐なく、まっ黒に焼けた息子が熟睡しているというのに。


実は男には霊感・・・というものが備わっており、高校の時にはこんな経験もあった。

ある夜、寝ていると部屋の空気がざわざわと震えだし、足の指先から這うように金縛りが襲ってきた。
しかし男は、ある程度まで放っておき「ココだっ!!」という場所で起き上がり金縛りを解いてしまう術を持っていた。
だが敵もさる者、再び足先から金縛りをかけていく・・・
それを数度繰り返すと「相手」はあきらめ去って行き、部屋の空気も静寂を取り戻す。

また成人してからは、恋人の生理不順が霊症だと気付き密かに除霊してやった事もあった。
2?3ヶ月後、恋人にそれとなく尋ねると
「そういえば、最近は順調よ♪」
と明るい答えが返ってきたものだ。



なかなか寝付けなかったものの、ようやくウトウトし始めた時、久方ぶりの感触が男を襲った。
「金しばり!!」
今回も昔のように途中で止めてやろう・・・と思う間もなく全身を強く押さえつけられ、声を発する事も、瞼を開く事さえ封じられた。
それでも必死で抵抗したのが功を奏したのか、金縛りを解き、上半身を起こす事に成功した。

ベッドから起き上がった男は、まず窓を全開にした。
このとき、窓に自分の姿が映らぬように、ドレッサーの鏡を見ないように、と注意した。
そう。今、姿が映る鏡やガラスを見れば、確実に自分でない者が写ると分かっているからだ・・・

窓を開け、外気が入ってくると少し気分が緩んだ。
さらに新鮮な空気を求めてベランダに出ようとしたが、すぐあることに気付き、足を止めた。
ベランダに出れば、自分の意思とは関係なく飛び降りる事になるだろう。
この高さでは助からない。
男は、全身が総毛立つのを感じた。

とにかく、外気を入れたからといって、ソレが消えたわけではない。
まだココにいるのだ。
気を引きしめなければ。

男は、とっさに祝詞や、不動明真言を唱えようとしたが、今回の相手は、いつになく大物と判断した。
「上げてやるしかない。」
ここしばらく除霊を行っていなかったが、迷っているわけにはいかなかった。

男は久しぶりの除霊をはじめた。
ソレはかなりの<力>を持ったモノで、1体だけでなく、何体もの「小者」も付き従っている。
そのため除霊するには思いがけず時間を労した。

除霊に集中しながら男は、フト、自分の頬が濡れている事に気付いた。
涙があとからあとから溢れてくるのだ。
・・・何故?
涙が流れるに任せていると、理由が分かってきた。
「上げてくれて嬉しいよ。」
ソレらの喜びと感謝が、涙となり男の頬をつたい続けた。



翌朝、寝不足で重い身体を起こした男だが、
「おはよう」の挨拶もそこそこに
「朝食バイキング何時からだっけ?」
という元気いっぱいな息子の明るい笑顔に、気力が回復してくるのを感じた。

チェックアウトでフロントへ行った時、落ち着いた雰囲気のフロントの男に、言わずもがなな質問をしてみた。
「あの部屋、カードキーの具合が悪かったよ。
 一度で開く事がなくて、何度か差し込んでやっと開くんだ。
 まるで俺たちが泊るのがイヤ・・・みたいにさ。」

一瞬目があったフロントの男はただ、
「そうでしたか。」
と柔和な笑顔で返事をした。



--------------------------------------------------------------


自分の部屋が1番端なのに2号室で、隣りは3号室(以下数字は4と9を省いて連続)・・・というトコロからして「おかしい」と思います。
今まで、和室の時は掛け軸の裏のチェックはしていましたけど、洋室ではどこを見ればいいんだろう。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: 好き。

陽向 様

陽向さん、連続のご訪問とコメント、嬉しすぎますwwwwww

> でも、実家で体験した金縛りは霊的なものでした。
> 足首に手の跡が残ってましたから。。。

えええええええっ!?

> ポスター(中森○菜ちゃん)の目が動いてました…。
わたし、今、全身トリハダたってますよっっっv-12

> うー怖い。 ←『怖い』を超越してますよ!!

> 夢や妄想がよく当たるのは何か関係あるのかな?
> なーんてね。

陽向さ〜〜〜ん、私怖くてトイレに一人で行けませんよぅ。。。


何にも見えないし感じないけど、怖がりなんですよぅ。
見えるGも怖いけど・・・・

コメントありがとうございました。
連休の最終日を楽しくお過ごし下さいませ!!

好き。

こんにちは(^^)

実は…こーゆー話、大好物なんです♪
私もよく金縛りにはなりますが、それはただ体が疲れているから。
でも、実家で体験した金縛りは霊的なものでした。
足首に手の跡が残ってましたから。。。
ポスター(中森○菜ちゃん)の目が動いてました…。
うー怖い。
次の朝、両親にポスターを外してもらって、処分をお願いしてあったのですが、何処かへいってしまったのですよ…。
ますます怖い。

見えたりはしませんが、気配を感じるぐらいなら多少あります。でもそれだけ。
何をしてあげることもできゃしません。


夢や妄想がよく当たるのは何か関係あるのかな?
なーんてね。

Re: タイトルなし

麻生由美子 様

由美子さん、度々のご訪問とコメントをありがとうございます。
この記事にコメントを下さる勇気のある方がいるとは!!
さすが由美子さん!!

> ローガンさんの旦那さんは除霊まで出来るんですか〜。

生理痛のほか、私の友人の胸や身体のあちこちに「できもの」が出来ていたのも治した事もあるんですよ。
(※皮膚科では「脂肪溜り」と診断されていたようです)
ただその日は除霊が不完全だったらしく、彼女から離れたものの彼に憑いてしまい、博多からの帰路車を停車して自身を除霊したんです。
それでスゴク体力を消耗してしまい、彼の家まで私が運転して帰った・・・のは結婚前の出来事でした。

それにしても由美子さんも勘の鋭い方なんですね。
金縛りによくあっていたなんて!!
やはり住む場所は念入りに調べるべきなんでしょうか・・・

由美子さんのお知り合いの方、そんなハイレベルな技術は全くの初耳です!!
【単なる霊能者の遥か上を行ってる・・・】
まさにその通りですよ。
漫画やアニメの世界でしょう、それ!!!

> しかし…ローガンさん、本当にこれが最終更新記事なんですか〜?(^^;)

由美子さん、今日2度目のご訪問ですよね。
最終日の最後にイチルキではありませんが、BLEACHのイラストをUPしました。
最後の最後に3つも記事を上げる私って・・・

コメントのお返事がとても遅くなって申し訳ございませんでした!!

追伸:藍白イラスト、PC&スキャナが使えるようになり次第お目にかけます。
   (只今壊れかけのPCでメモ帳に書いています)
   鉛筆での下書き状態で、非常に汚いのですが・・・


   ↑反転で・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/356-1e770b38