10 | 2017/11 | 12

はにかみ・テニス・ハンカチなんか目じゃない!世界のイケメン王子様 

イケメン王子№1と言われていたウィリアム王子

4月29日の英國ロイヤルウエディングで結婚してしまいました。

「じゃあ、№2は誰?」って思いませんか?

イギリスのウィリアム王子に次いで有名なのは、日本のTVでも度々取り上げられた
アンドレア・カシラギ公子、26歳・独身。
金髪で翳りのある雰囲気も素敵
1999年にアメリカのピープル誌の「世界で最も美しい50人」にも選ばれています。
母方の祖母は言わずと知れたハリウッド女優の故グレース・ケリー。

アンドレア王子 イケメン王子 グレース・ケリー
    ※ 最近、 チョット前、 おばあ様(クリック推奨)

グレース・ケリーといえばケリーバックを思い出しますね♪
由来は・・・・妊娠していたグレース・ケリーのお腹をパパラッチが撮ろうとした時、彼女がとっさにバックでお腹を隠したから・・・だとか!!
それでエルメスは名前を変えて【ケリーバック】にしたそうです。

また脱線しましたが、アンドレア王子や世界のシングルロイヤルボーイズを知りたくてウロウロしていたら、この動画を見つけました(^^)
9つの国の王子様達の画像を国家と共に満喫できます(^∇^)
(厳密にいうと王子ではない方も含まれます)

順番は・・・・
イギリス(ウィリアム王子・ヘンリー王子)

スウェーデン王国(カール・フィリップ王子)

ルクセンブルク大公国(ギョーム公子
ギヨーム・ジャン・ジョゼフ・マリー・ド・ナッソー (1981年11月11日 - )。
ルクセンブルク大公アンリの長子。29歳
ルクセンブルクは高度に発達した先進工業国で、一人当たりの国民総所得(GNI)では世界第4位

ルクセンブルクのロイヤルファミリー  5月17日 日本にて
(左)美男美女ぞろいのロイヤルファミリーの写真は市販されているそうです(右は先日来日した折。太った?)

モナコ公国(アンドレア公子・ピエール公子)

デンマーク王国(フレデリク王太子)

イタリア共和国(エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア※妻子有
エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア(Emanuele Filiberto di Savoia, 1972年6月22日 - )は、サヴォイア家の一員、実業家。
父はナポリ公ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア。
祖父はイタリア王国最後の国王ウンベルト2世。


アルバニア共和国(レカ王太子)

ドバイ首長国(ハムダン・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム皇太子
ハムダン・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム皇太子 ハムダン・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム皇太子 ドバイ首長国
1982年11月14日生まれ。
2008年に若干25歳でドバイ首長国皇太子に任命された、ドバイ首長国の副首長。
ネットでもイケメンの評判が高い。
ラーシド・ビン=サーイド・アール=マクトゥーム首長の第二王子。

⇒And More(^^)

地理音痴の私は、王子様たちのお国の位置を調べたのでお勉強になりました(笑)
では、イケメン王子様をご覧下さい



大変良い目の保養をさせて頂きました!! 眼福眼福(^∇^)


にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります。
   ありがとうございました!!m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/443-c6a05bcf