08 | 2017/09 | 10

『暗くなるまで待って』O・ヘップバーンと『999』メーテル 

オードリー・ヘップバーン主演の『暗くなるまで待って』(Wait Until Dark)を観ました。

ブロードウェイで大ヒットしたサスペンスを1967年に映画化。
監督は「007シリーズ」のテレンス・ヤング。
制作は当時オードリーの夫だったメル・ファーラー。
(オードリーにとっては最初の夫。彼にとっては4番目の妻。)
暗くなるまで待って
カメラマンのサム(エフレム・ジンバリスト・Jr)はニューヨークへ帰る時、空港である女性から人形を預かります。
実は人形の中には麻薬が隠されており、後日その女性も殺されます。
盲目の妻スージー(オードリー・ヘップバーン)は夫の留守中に人形をなんとか取り返そうとする3人の男に狙われて・・・

まず「あれっ?」と思ったのは、盲目の妻に対する夫の態度。
1年前の交通事故で盲目となったスージーが横断歩道で困っているのを助けた事がきっかけで結婚したサムは、
盲目のスージーを「守る」事はしません。
スージーに「盲人チャンピオンになれ!」と言うサム。

「冷蔵庫の霜取り(この単語を聞くのは何十年ぶり)には熱湯を使うといい。仕事に行っている間にやっておいて。」
「一人の時にお湯を沸かして、ヤケドをしたら大変だわ。」
「ヤケドをしたら薬を塗ればいい。」

こんな会話があるんですよ!!
なんだか、盲人に対して信じられない言い草だな・・・と感じました、聞いた瞬間には。
でもサムは妻を独立した一個人として、誰よりも尊重しているのだと気付きました。
盲目だからと甘やかすことなく!

最初にこんな場面を挟む事で、
●見知らぬ訪問者に戸惑いながらもおかしな点に気付いたり、
●アパートの上階に住む少女グロリアと電話の暗号を決めたり、
●嘘の情報を教えて3人を外へ出した間にグロリアにバスターミナルへ行って夫に伝言を頼んだり、

と、どんどん逞しくなっていくスージー。
電話線を切られて絶望しますが(←ここの演技スゴイ!!)
盲目の自分に有利なように、家中の電球を叩き割ります。

でも敵の首謀者ロートも気転をきかし、冷蔵庫を開けることで明かりを確保します!!
「開けっ放しにしたらピーピー鳴ってウルサイよね」
一緒に観た娘が言いました。
昔の冷蔵庫はお知らせ音もないし、霜取りも自動じゃなかったんだよ~
(<霜取りスイッチ>があったような・・・)


▼スージーをガソリンとマッチで追いつめていたロートが、
逆に部屋を真っ暗にされた途端に立場が逆転し、スージーに追いつめられていく場面は心地よいです
暗くなるまで待って2

かと思いきやロートにまた追い詰められていくスージー。
冷蔵庫に布をかけ閉まらなくするロート。
盲目のスージーは何故閉まらないのかとパニック状態(>_<)
明かりがあれば自分が不利になる!!


アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞を全て獲得した数少ない俳優であるオードリー。
彼女の鬼気迫る演技にどんどん引き込まれますよ

今回は吹き替え版でしたので、オードリーの声は池田昌子さんでした。
やっぱりオードリーの声は池田さんですよねvv
キレイで上品で・・・だいっ好きな声優さんです

アニメでは『エースをねらえ!』、『銀河鉄道999』のメーテルで有名ですよね。
オードリーもそうですけど、お蝶夫人もメーテルも
「池田さんじゃなきゃイヤ!!」
って言う人、何人かいますよ、私のまわり(^∇^)

暗くなるまで待って3
暗くなるまで待って4



<参考>
アカデミー賞・・・、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画賞

トニー賞・・・、アメリカン・シアター・ウィングおよび全米劇場プロデューサー連盟により授与される、アメリカ合衆国の演劇及びミュージカルの賞

エミー賞・・・米国テレビ芸術科学アカデミーの主催で、アメリカのテレビドラマを始めとする番組のほか、テレビに関連する様々な業績に与えられる賞

グラミー賞・・・アメリカ合衆国で音楽産業において優れた作品を創り上げたクリエイターの業績を讃えるとともに、業界全体の振興と支援を目的として作られた賞。世界で最も権威ある音楽賞と言われている。

   
※今回は予約投稿させて頂きました。
  いつも拍手・コメント・応援をありがとうございます



ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
   ありがとうございました!!m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

コメント

assyさんへお返事です

こんばんは!!

assy さんも『ローマの休日』はご覧になっているのですねv-344
私もこれは字幕版でしか見たことはありません。

> メーテルとイメージがにてるので、
> 同じ声優さんというのも納得です!

メーテルの声は作者の松本零士がたまたま見たフランス映画でヒロインの声を聴いて、
「これがメーテルの声だ!!」と感じたのが池田さんの声だったそうですよ。

> (お蝶婦人は、ちょっちイメージちがうけど、、、w)

あはは!!assyさんイメージのお蝶婦人ってどんな声なのかしら。

> 年をとったオードリーと
> 冷蔵庫の霜取りやってるシーンを見るために、
> 「暗くなるまで待って」を見てみますv-411

是非相方さんと見て下さい。
素敵な作品ですのでe-266

なをさんへお返事です

こんばんは!!
最近は涼しくて快適に過ごせるようになりましたね(^^)
つまり秋の訪れ・・・秋と言えば食欲の秋。大食いの秋ですね!!

> 池田さん、どうしてあんなに品のある声なんでしょうねw
> ヘップバーンといえば池田さんしかいないと思います。

私にとって『声優』という言葉(職業)を知った最初の方でもあります。
『スクリーン』という映画雑誌の読者で、古いオードリーの映画に憬れていた女の子だった昔の話ですが・・・

> でも最近あの素敵なお声に合わない仕事をされていて
> ちょっと悲しい気分になることがあります。

TV東京の『ありえへん∞世界』でしょうか?
あの大阪弁にはビックリしましたよ!!
でも我が家ではこう言っています。
「池田さんがしゃべると大阪弁もとても上品に聴こえるね^^」
大阪の方や大阪弁が上品でない・・・という訳ではありませんが
池田さんがしゃべると別物に聞こえます!

> まあ、ギャップが面白いって事なんでしょうけど…

でしょうねぇ。
最近池田さんのお仕事が増えている気がするのですが、
メーテルを好きだった世代が、TV局で力を持つようになったのかしら・・・
な~んて思っています←ヲタな発言でスミマセンe-466

ご訪問&コメントをありがとうございました!!

Re: 『暗くなるまで待って』O・ヘップバーンと『999』メーテル

こんにちは。

オードリーの映画は、「ローマの休日」(字幕版)しか見たことないですが

メーテルとイメージがにてるので、
同じ声優さんというのも納得です!
(お蝶婦人は、ちょっちイメージちがうけど、、、w)

年をとったオードリーと
冷蔵庫の霜取りやってるシーンを見るために、
「暗くなるまで待って」を見てみますv-411

Re: 『暗くなるまで待って』O・ヘップバーンと『999』メーテル

池田さん、どうしてあんなに品のある声なんでしょうねw
ヘップバーンといえば池田さんしかいないと思います。

でも最近あの素敵なお声に合わない仕事をされていて
ちょっと悲しい気分になることがあります。
まあ、ギャップが面白いって事なんでしょうけど…

うにゃままさんへお返事です

こんにちは!!
夏休みも終わりに近づき、我が家は毎年恒例の宿題の山と戦う日々に突入しましたv-404

> オードリー、メーテル、お蝶夫人の声はやはり池田さんでないと嫌ですね。
> 特にオードリーとメーテルは私の中では池田さん以外の声は考えられない。

上品さを備えたきれいな声の持ち主ですものね☆
以前別の女優さんが声をアテたのを聞いた時は最後まで気持ち悪かったくらいです(>_<)

> オードリーと言えば、王道ですがやはりローマの休日が一番好きかな。マイフェアレディーも好きです。若い頃のオードリーは
> 美しい。年取ったオードリーはそれなりの魅力がありましたね。もう一度オードリー作品見てみようかな。

オードリーは出演作は多くないけれど、印象的な役が多くて(〃∇〃)
『ローマの休日』も『マイフェアレディ』も何度も見ましたよv-345
あの頃のロマンチックコメディは洒落がきいていて、「にやり」とする場面もあって超オススメです!!

気分がウキウキしてくるコメントをありがとうございましたv-411
  • [2011/08/21 13:41]
  • URL |
  • うにゃまま 様へ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ましゃたろうさんへお返事です

こんにちは!!
池田昌子さん、素敵で印象的な声ですよねe-266

> オードリーやお蝶夫人、メーテルも「池田さんじゃなきゃイヤ!!」って良くわかります~~!
> 池田さんの声、耳に残りますね。お茶の「綾鷹」を見てるのに、お蝶夫人やメーテルの顔が浮かびます(笑)

そうそう、あのCMも池田さんの声でとても商品価値が上がるカンジですよね!!
お蝶夫人やメーテルが「綾鷹」が飲んでいる・・・

> 自分の中で、「この人にはこの声」と決まってしまっているので、途中で声優さんが変わると、違和感が生じて、気持ち悪くなりますね。

> 私は、声優さんの事はよく知りませんが、ドラえもん、サザエさんたち、コナンの毛利小五郎もしっくりこなくて・・・。

カツオとワカメが変わりましたよね。
古い話ですがマスオさんが変わった時、なかなか馴染めませんでした。
今ではすっかり<この声がマスオさん>になっていますけど^^

> ダイハードのブルースウィリスはやっぱり、野沢那智さんじゃなきゃ!とも思います。
> 野村武範さんが悪いわけではないけれど、ブルースは那智さんの声、耳に沁みついちゃってます(笑)

お亡くなりになっては仕方ありません・・・
がしかし!
野沢那智さんの声は素敵でしたよねe-266

素敵なコメントをありがとうございましたv-535
  • [2011/08/21 13:11]
  • URL |
  • ましゃたろう様へ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 『暗くなるまで待って』O・ヘップバーンと『999』メーテル

こんばんは。
オードリー、メーテル、雄蝶夫人の声はやはり池田さんでないと嫌ですね。
特にオードリーとメーテルは私の中では池田さん以外の声は考えられない。

オードリーと言えば、王道ですがやはりローマの休日が一番好きかな。マイフェアレディーも好きです。若い頃のオードリーは
美しい。年取ったオードリーはそれなりの魅力がありましたね。もう一度オードリー作品見てみようかな。

Re: 『暗くなるまで待って』O・ヘップバーンと『999』メーテル

ローガンさん、おはようございます。

オードリーやお蝶夫人、メーテルも「池田さんじゃなきゃイヤ!!」って良くわかります~~!
池田さんの声、耳に残りますね。お茶の「綾鷹」を見てるのに、お蝶夫人やメーテルの顔が浮かびます(笑)

自分の中で、「この人にはこの声」と決まってしまっているので、途中で声優さんが変わると、違和感が生じて、気持ち悪くなりますね。
私は、声優さんの事はよく知りませんが、ドラえもん、サザエさんたち、コナンの毛利小五郎もしっくりこなくて・・・。
ダイハードのブルースウィリスはやっぱり、野沢那智さんじゃなきゃ!とも思います。
野村武範さんが悪いわけではないけれど、ブルースは那智さんの声、耳に沁みついちゃってます(笑)

花木蘭さんへお返事です

おはようございます!!

> 訪問中、ランキングをクリックしてOUTから戻って来たら、タイムリーで更新されてましたよv-411

おおっそんなことが!!
蘭さん、いつも応援をありがとうございますe-466

> オードリーの「暗くなるまで待って」。
> 私もこの映画大好きです!

蘭さんも仰るように、ちょっぴり老けたオードリーがいい味を出しています。
彼女は今でいう「エイジングケア」はせずに自然にまかせていた・・・というのを読んだ事があります。
なんとなく、「オードリーらしいな」と思えます^^

彼女はこの後子育ての為10年間仕事から離れたんですよね。
家庭を何より大切にしていた・・・素敵だなぁv-398

> へぇ~。
> 字幕でしか観た事ないんですけど、吹き替えは池田さんなんですか~。

私も知ってはいたけど字幕派なので、CM以外で聴いたのは初めてでした☆
素敵でしたよ~

「マイフェアレディ」「麗しのサブリナ」
私も大好きな作品ですv-9
どちらも視覚的な美しさ、抜群ですねv-344
「マイフェアレディ」歌は吹き替えだったんでしたっけ?
撮影中はオードリーが歌っていたし、彼女は舞台女優でもあるわけですから・・・
思い出したくないって、オスカーを取れなかった事でしょうか?
ライバルのジュリー・アンドリュースが取ったんですよね。

「麗しのサブリナ」はどの場面にもユーモアがちりばめられていてv-345
そしてハンフリー・ボガートがめっちゃ素敵(≧∇≦)
NHKの衛星劇場を録画して何度も繰り返し観た作品ですよ!!
展示会であのときのジバンシィのドレスを見ましたが、
余りの細さに「うそだぁ~~~」状態v-405

あ~~~~っつい語ってしまった(>_<)
長々と失礼しました。
いつも嬉しいコメントをたくさん下さって感謝しています。

こんばんは^^

ビックリしました^^;

訪問中、ランキングをクリックしてOUTから戻って来たら、タイムリーで更新されてましたよv-411

オードリーの「暗くなるまで待って」。
私もこの映画大好きです!

へぇ~。
字幕でしか観た事ないんですけど、吹き替えは池田さんなんですか~。
池田さん、うんうん、「メーテル」のイメージが強いですv-290
「999」のメーテルは、本当に美しかった!
てか、松本零児の描くヒロインは、全員あの顔(笑)。
でもその中でもメーテルは格別に美しかった記憶があります。

オードリーは思い出したくもない映画でしょうが、私は「マイフェアレディ」が好きなんです。それと、「麗しのサブリナ」。
もちろん他にもたくさん素敵な作品はあるでしょうけど、何か題材的にあのシチュエーションが良くてe-266

「暗くなるまで・・・」は、ちょっぴり老けたオードリーがまた言い演技をしてて、また全盛期とは違った味が出てて良いですねv-345

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/476-447bc538