07 | 2017/08 | 09

時代劇版 101回目のプロポーズ  ~CHAGE&ASKA 『SAY YES』~ 

武田鉄矢・浅野温子主演の『101回目のプロポーズ』が初舞台化!

なんてキャッチコピーを見たら反応してしまいます。
しかも博多座(福岡市博多区)で公演するんですもの!
公演は3月2日~28日。
チケット発売は明日1月14日から。
公式HPは→http://www.hakataza.co.jp/propose/index.php

設定を江戸時代の熊本(細川藩)に移し、武田鉄矢は剣の腕はからきしダメな下級武士の役。
浅野温子扮する謎めいた美女(黒田藩)をめぐり、恋敵の剣豪と決闘する物語だそうです。
ドラマの名セリフ「僕は死にましぇん!」は、「拙者は死にましぇん! あなたが好きだから!」になるとか、そこだけ現代語のままにするとか噂は色々^^

大動脈瘤弁狭窄症の手術を受けた・・・と聞いていたから
「舞台なんて大丈夫なのかな?」
とも感じたんですけど、舞台の為に思い切って手術を受けたそうです。
この舞台にかける武田鉄矢の意気込みを感じますね!!
共演は江波杏子・相島一之・北川弘美・山崎銀之丞・*篠田光亮ほか
*「テニスの王子様」ミュージカル版:柳沢慎也役。映画版:佐々部役。

「101回目のプロポーズ」は“月9ドラマ”として1991年7月から12回放送され、平均視聴率23.6%、最終回は36.7%を記録した大ヒットドラマ。
トレンディドラマに武田鉄矢が主演するっていう事でも話題でした。
だからかな、普段“月9”見ない男性も見ていた記憶があります。

そうそう、江口洋介が20歳年下の弟役やってましたね。
法学部の学生で、アニメ同好会の会長でした。
最近のドラマ(特に海外ドラマ)では、オタクは必ず出て来ますよね!
時には主役だったりして、市民権を得てるなぁって感じます。
でも当時はオタクがドラマの主要キャラって珍しかったと思います。

ところで「101回目のプロポーズ」といえば忘れちゃいけないのが、チャゲアスの主題歌とドラマで何度も流れたショパンの『別れの歌』。
▼フジ子・ヘミング ~ ショパン 「別れの曲」(エチュード第3番, ホ長調)


この曲は当時とっても流行って、腕に覚えのあるミュージシャンがこぞって弾いていましたね♪
「X-JAPAN」のYOSHIKIとか
一生懸命探して動画を見つけたんですけど高画質高音質・・・ではありません(>_<)
ご覧になりたい方は→コ チ ラ

代わりといっちゃナンですが、YOSHIKIのピアノを堪能したい方は
▼2009年ライブ モーツァルト没後200年/曲は『トルコ行進曲』他


最後に「101回目のプロポーズ」といえばこの曲、

 CHAGE&ASKAの  『SAY YES』


この曲が入ったアルバム、買ったのに引越しの時に行方不明になって・・・残念っ!
あの頃、車でいつも聴いていましたよ。
チャゲアスと米米は


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
 あ り が と う ご ざ い ま し た!! 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

見張り員さんへお返事です

「 僕は死にまっしぇん!!」

一定以上の年齢の者には(笑)大変懐かしいセリフですよね~♪

> あのトラックにひかれる寸前のあのシーンはどうなるのか!?
> こうご期待、という感じでしょうか。
> TVでは「馬が!」とか言ってましたが確かに時代ものなら馬が一番候補ですね。後は何だろう??

たしか12日くらいに記者会見やったんですよね。
見張り員さんはご覧になったんですね~^^
西洋だったら馬車でしょうけど日本の江戸時代だからなぁ・・・

> あ!
> 黒田藩というところで「槍」の前に・・・とか。

おっ!その発想はなかった!!
「槍」かぁ・・・コワイわ(>_<)

> PS・娘がセンター試験を受けてきました、「疲れた」といってすぐに寝てしまいました。
> 大学に行かないのに受験させられる。意味があるのかないのか、いまだにわかりかねます???

ウチの娘も試験が終わったとき電話してきて「お腹すいた~。すぐ食べたい。」
と言っていたのに、帰宅するなり食べずに寝てしまいましたv-393
我が家と違って専門学校に進む生徒にセンターを受けさせるのは
「学校が受験者数を増やすため&高得点を稼ぐ為」
という宣伝や実績作りのためですよね。
納得いかないですよ。

あっ、思わず熱くなってしまった・・・スミマセン
ご訪問&コメント、いつも感謝していますe-266

Re: 時代劇版 101回目のプロポーズ  ~CHAGE&ASKA 『SAY YES』~

僕は死にまっしぇん!!

懐かしいセリフでございます・・・
しかもそれが時代劇とはもう何とも言い難いですね。
見てみたい気が多分にしていますww。

あのトラックにひかれる寸前のあのシーンはどうなるのか!?
こうご期待、という感じでしょうか。
TVでは「馬が!」とか言ってましたが確かに時代ものなら馬が一番候補ですね。後は何だろう??
あ!
黒田藩というところで「槍」の前に・・・とか。

おおっ!私自分が先端恐怖症なのを忘れとりました・・・ぞ~~~~っ!!

PS・娘がセンター試験を受けてきました、「疲れた」といってすぐに寝てしまいました。
大学に行かないのに受験させられる。意味があるのかないのか、いまだにわかりかねます???

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/532-fcc51536