06 | 2017/07 | 08

小学生最後の給食 

息子が同級生から金品を要求されていた、事が分かりました。

帰宅してリビングに入ってきた時、余りに暗い顔をしていたから
「おかえり」の次の私の言葉は「泣いてるの?」でした。
過去に石を投げられたり傘を壊されたりして泣いて帰ったことがありましたから。

宿題を終えてしばらくしてから、ポツリポツリと話してくれました。
順序だてて話せない子なので・・・
でも聞いてる私が感情的にならないように心がけ、時間をかけて聞きました。

3学期になってから
クラスの3人
4週間くらい前に仲良しの友達には相談した
「ちくったらフルボッコ」
実際にはお金は渡していない
「借金は卒業式までに清算しろ」
「1万円でいい」
払えなければ・・・・これは文字に出来ません


翌日連絡帳で担任の先生に知らせました。
担任の対応は、幸運な事に期待以上でした!
おかげで息子が語らなかった、そもそもの発端も詳しく分かりましたし。
そして期間は私が思っていた以上に長かった事も・・・
お金を要求した事実は3人とも認めたそうです。
「これは恐喝という立派な犯罪行為。」
担任の先生は子供たちに言ったそうです。

担任の先生には迅速な対応に感謝をしています。
でも残念な事に、担任経由で聞いた校長の言葉に保身しか感じられず・・・
担任も校長の言葉を電話で伝える時、まさに「奥歯に物が詰まった」状態でした。

現在は「プライバシーの重視」のせいでクラスに誰がいるかも分からないし、
まして相手の電話番号や住所を知る術もありません。
必然的に「何かあったとき」は学校に連絡するしかないのですが・・・
私が子供のときよりも、物事を進めにくい世の中になった気がします。


息子にとって小学校最後の給食、16日(金)の献立は
三色ごはん、ぶた汁、アセロラゼリー
子供たちに人気の「三色ごはん」、息子も大好きです(^∇^)

6年前「カレーライス、フルーツヨーグルト」でスタートした学校給食。
最後までおいしく楽しい給食時間を過ごせますように。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
 あ り が と う ご ざ い ま し た!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

不破不破さんへお返事です

たくさんの記事にコメントして下さってありがとうございます(〃∇〃)

不破さんは「ぽんぽこ派」なんですね!
あの作品、最近金曜ロードショーでお目にかからないけど大好きなんですよ。
「何故ぽんぽこやってくれないのかね?」
って我が家ではよく話題にのぼってるんだけど(>_<)

> 拙宅のブログをお読み下さりありがとうございます。
>
> いや、でも……。トリカブトを上回る毒舌なんで……。ご気分が悪くなるようでしたら、スルーして下さいまし。
>
> 実態はもっと悲惨だったりします……。

さっきの返信と重複するけど、不破さんの味方がココにいます。
力にはなれないかもしれませんが、存在していますよ!

不破不破さんへお返事です

こんにちは!
いつもご訪問&コメントをありがとうございます。

不破さんのブログ、色んな意味で刺激的です。
ご自身のことしかり、発声について等の記事しかり・・・
娘と一緒に参考にさせてもらってます☆

私は物事を表面でしか捉えられない浅い人間なので、正面から捉え真摯に対峙する人を尊敬しています。
「考察する」習慣を持たぬまま年だけ重ねてきたんだな・・・と不破さんのブログを拝見するたび感じるんですよ。

それから息子の事を素敵に解釈して頂けて嬉しいです。
ありがとうe-266

不破さんは今シビアな状況であるとお察ししますが、事態が良い方に進むことを影ながら祈っています。
そばにいることは出来ませんが、不破さんの味方がQ州に存在しているって事を覚えていてください。

コメントをありがとうございました。
お返事が遅くなってゴメンなさいm(_ _)m

ぽんぽこ派ぁ!!!

すみません、そういう好みの事じゃないですよね(-.-;)

拙宅のブログをお読み下さりありがとうございます。

いや、でも……。トリカブトを上回る毒舌なんで……。ご気分が悪くなるようでしたら、スルーして下さいまし。

実態はもっと悲惨だったりします……。

Re: 小学生最後の給食

リンクのお許し、ありがとうございます!
さぁて、紹介コメント考えねば。ちょいとお時間下さいね♪

「謝ってくれたからもう良い」「○○君がいじめられてる事を先生に」発言されるご子息に愛しさを感じるローガン様は素敵なお母様ですよ。

ご子息、将来、優しさ溢れる、素晴らしい紳士に成長されるのでは?
楽しみです。

不破不破さんへお返事です

こんにちは!
スミマセンお返事が1週間遅れになってしまいましたm(_ _)m

> 確かに、イジメた輩は綺麗さっぱり忘れるでしょうね。酷な事を言いますが、奴らに取って、ご子息は人間じゃないんです。実のところ、人を人として見れない輩こそが人間に非ず、なんですが。
>
> あんなガキを仕立て上げるような輩が「人の親」やってるんです。いやはや、世の中ぶっ壊れてます。

そっか・・・。シビアなご指摘をありがとう。
私もお世辞にも立派な「人の親」ではありませんが、命があること、生きて存在していることの大切さだけは子供達に伝えていきたいと思っています。
逆の立場にだけはならないように育てたい。

> ところで……リンク貼らせて頂いて宜しいでしょうか? 2サイト共。

嬉しいお申し出をありがとうございます。
私も貼らせて頂きました(^∇^)
慈さんのブログはまさに私小説。
カテゴリ毎に少しづつ拝読していますが、いつも心臓がドキドキしています。
年だけ取ってるヲタクな私ですが、どうぞよろしくお付き合い下さい。

?!

ローガン様にリンクのお願いしようと思って、初めてこちらの別宅に気づきました。

ってか、信じらんねぇ……。からかって泣かせる・イタズラが過ぎた、くらいなら解りますよ、カツアゲって何スか?!

拙宅でもイジメについて取り上げた記事がありますが……。

確かに、イジメた輩は綺麗さっぱり忘れるでしょうね。酷な事を言いますが、奴らに取って、ご子息は人間じゃないんです。実のところ、人を人として見れない輩こそが人間に非ず、なんですが。

あんなガキを仕立て上げるような輩が「人の親」やってるんです。いやはや、世の中ぶっ壊れてます。

ところで……リンク貼らせて頂いて宜しいでしょうか? 2サイト共。

お許し頂ければ幸いです。

見張り員 さんへお返事です

こんばんは。
いつもご訪問とコメントをありがとうございます。

また今回は微妙な問題に真摯なコメントを頂きまして、
本当にお気持ちが嬉しく感謝致しております。

次女さん、物凄く大変な状況じゃありませんか!!
2~3年前自殺して話題になった中学男子がいましたが、彼も担任にいびられていましたよね!

> 御子息の場合担任の先生の対応がよかったですね。しっかり「犯罪だ」と言ってくれるのが一番です。本当にそうなんですからねえ!

その言葉は親御さん達にも堪えたようです。
「自分の息子を警察に訴えてくれ。」
なんていう親もいましたから・・・

> しかしどうして校長というのはああも保身に走るのでしょう?命がけの真心がないのか!?
> それでよく教育者と言えるな?と思います。
> うちの場合もそうでしたからね。

最初担任に連絡帳で知らせたとき
「教育委員会ではラチが明かないから、新聞社などマスコミに相談するべき。」
とアドバイスを受けた・・・と書いたんです。
それが功を奏したようで学校の対応が早かったです。
校長・・・娘が小学校の時の校長先生はイイ方でしたよ!
でもその後、2代続けてハズレの校長なんです。
いじめ問題に消極的だけでなく、身体に不自由のある生徒への理解や思いやりも全くありません!

ああもう、学校への不満を言い出したら際限がありません!
愚痴ばかりになって申し訳ございません(><;)

息子にはこの体験を無駄にしないよう、しっかりと受け止めて前進して欲しいと願っています。
次女さんも見張り員さんも色々おありのようで心配です。
自分達の手に負えない時は、新聞社へ相談または匿名で投稿なさる事をお勧めします。
というかコレ、新聞社の方がご自分でおっしゃったんですよ。

コメント、本当にありがとうございました!
勇気と元気と希望を頂きました!!
  • [2012/03/21 02:47]
  • URL |
  • 見張り員 様へ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

assy さんへお返事です

こんばんは。
いつもご訪問とコメントをありがとうございますm(_ _)m

> 担当の先生がしっかり言えたことは、いいことだと思いますが
> いままで、まったく気づいてないことが
> まずおかしな話です。
> 先生は、学校で親以上に子供たちを見ているのに
> 親が先に気づくなんて、あり得ません。

私はとても抜けているので、assyさんに指摘されて気付きました。
そうですね。
結構長い期間だったから、先生が先に気付く・・・がアリだった訳ですよね。
のび太クンをさらにボヤ~っとさせたカンジの息子なので
地味で目立たないのかもしれません。

> 子供は、悪さを覚えたら、誰かがただしてくれないと
> どんどん廃れていきます。

そうですね。
やはり親の責任が大きいですね。

> 息子さんが、悔しいと思って、
> 現状をどうにかしようとする気持ちをもつことが
> 大事だと思います。

> 息子さんが、嫌なことは嫌と言えるように
> サポートして挙げてください。
> いじめる側は、嫌といわれないと気づきません、、、
> (残念なことですが、、、)

assyさんの言葉が一つ一つ心に染みます。
どれも体験に基づいた地に足の着いたご意見で!
アドバイスをありがとうございました。
本当に感謝いたします。
assyさんと知り合いになって良かった、とあらためて思いました。

ところで給食のカレーですが、
カレー嫌いの娘も給食のカレーは大好きでした(^∇^)

鍵コメ(3/16)さんへお返事です

こんばんは!
いつもご訪問&コメントをありがとうございます。

今回も心のこもったお言葉をありがとうございました。
鍵コメさんの力強い言葉がどれほど心に染み、勇気と元気を与えてくれたか!
本当に心からお礼を言いたいです。

「どうもありがとうございました!」

人の事をどうこう言えるほど立派な人間じゃないけれど、
小学生の子供の過ちは、やはり親にも責任がありますよね。

「自分の息子を警察に訴えて下さい。」
と電話をかけてきた方がいるのですが、大騒ぎしたものの夕方暗くなってから子供一人だけを謝りに寄越しました。
なんだかその男の子に同情しちゃって><

この家族には娘が激怒しましてね。
まぁ他の人たちが謝罪にいらした時も
「あいつら絶対反省してない!謝ったから終わったって顔してた。」
自分が文句言いに行ってやる、なんて怒っていまして。
「一件落着」がない問題とも思うし中学も一緒だし、何か手を打たないと・・・と思っています。

学校だけじゃなく社会に出ても「いじめ」は存在しますよね。
避けて通れない道だから、鍵コメさんが仰るように
これを肥やしにして、自分が強くなるしかないんです。
私も息子にそうなってほしいと願っています。
鍵コメさんのように経験をバネに前進してくれますように!

改めましてコメントを感謝します。
ありがとうございました!
  • [2012/03/21 01:36]
  • URL |
  • 鍵コメ(3/16)様へ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 小学生最後の給食

こういう『いじめ』は許せませんね。
私の次女も中学に入った途端にいじめられその後本当に大変でした。しかもそれが一段落したと思ったら今度は教科の先生にいびられ・・・現在のことは御想像願いますとしか言えません・・・ただ以前よりは良くなったとしか。

御子息の場合担任の先生の対応がよかったですね。しっかり「犯罪だ」と言ってくれるのが一番です。本当にそうなんですからねえ!
しかしどうして校長というのはああも保身に走るのでしょう?命がけの真心がないのか!?
それでよく教育者と言えるな?と思います。
うちの場合もそうでしたからね。

最近は何があっても起ころうとも「個人情報保護」でなし崩しにされたりして動きようがないことが多くなりました。
こんなところにまで『保護法』を持ち出していいのか?と問いたいことばかり。いい加減にしてほしいと思いますね。

御子息の今後が素晴らしいものになりますよう心からお祈りいたしております。世の中悪いことだらけではありません、決して悲観なさいませんように。

Re: 小学生最後の給食

こんばんは。

ひどい話ですね。

担当の先生がしっかり言えたことは、いいことだと思いますが
いままで、まったく気づいてないことが
まずおかしな話です。
先生は、学校で親以上に子供たちを見ているのに
親が先に気づくなんて、あり得ません。

子供は、悪さを覚えたら、誰かがただしてくれないと
どんどん廃れていきます。

「体罰」「プライバシー」におびえすぎて、
なんにもできてない現在の学校の教育は、ひどすぎです。
モンスアーペアレンツとか言われる存在ができるのも、
悪いことを悪いといえない、学校(国)の教育方針が問題だと思います!

とはいっても、教育のことを悪く言っても
今の状況は、何も変わりません。。。

息子さんが、悔しいと思って、
現状をどうにかしようとする気持ちをもつことが
大事だと思います。

私は、学生のころいじめる立場にいたのですが、
いじめられていた子が、必死になって
向かってきたときは、
自分が悪いことをしていたとを自覚し、
それ以降
相手の気持ちを考えようとするようになりました。

息子さんが、嫌なことは嫌と言えるように
サポートして挙げてください。
いじめる側は、嫌といわれないと気づきません、、、
(残念なことですが、、、)

すいません。
状況があまりわからぬまま、ながながと語ってしまいました。


最後に、
給食のカレーライスは、最高に美味しい食べ物です!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/550-dce6275f