10 | 2017/11 | 12

一青窈 『歌窈曲』  ~由紀さおり他思い出の歌謡曲~ 

今更ですが、由紀さおりの『1969』、話題になりましたね^^

「ゴールデン歌謡速報」という歌番組で司会をしていたり、
「ドリフ大爆笑」でコントをしたり、
ドラマで「ほわん」としたお嬢様育ちのお母さん役を演じたり、
お姉さんと童謡を歌っている・・・のが最近の由紀さおりのイメージでした。

でも子供の頃から歌謡曲番組やのど自慢(昔は民報でも不定期にやっていました)を見ていた私や同世代の方には、由紀さおりの歌や当時の歌謡曲は、しっかりと記憶に刻まれているように感じます。
だから昨年11月に発売された、由紀さおり&ピンク・マルティーニの『1969』が流行ったのかな(^^)
しかも国内だけじゃなく*20ヶ国以上の国で発売され、上位にランキングされた国もある・・・というのは、嬉しい限りです!

そんな昔の歌謡曲が肌にしみついている世代に嬉しいアルバムが、また発売されました。
一青窈(ひとと よう)の『歌窈曲』です。
まず、曲のラインナップを見てください。
01. 喝采
02. 他人の関係
03. 終着駅
04. 赤い風船
05. 星影の小径
06. 逢いたくて 逢いたくて
07. 天使の誘惑
08. りんご追分
09. アカシアの雨がやむとき
10. 竹田の子守唄
11. 時代

し、しぶい選曲~~~(≧ω≦)
「オトナの曲だなぁ」
って子供心に憬れていたのは、3曲目の奥村チヨの『終着駅』と2曲目の金井克子の『他人の関係』。
特に『他人の関係』は歌はモチロン手のフリも真似したような(笑)


一青窈Ver.とても素敵ですね!
端正な顔立ちと髪型、衣装まで昭和っぽく見えてしまいます。
コレを見た現代の幼稚園~小学校低学年女子は、やはり「大人の世界」を垣間見た気持ちになるのかしら(〃v〃)

一青窈といえば、コンサートなどでは*裸足で歌う事で知られていますよね。
この歌も裸足で座り込んで歌うのかなぁ・・・なんて思ってしまいました☆

*裸足で歌う歌手
古くはサンディ・ショー、ジョーン・バエズ、ジュディ・コリンズ、ジャニス・ジョプリン。
日本ではカルメン・マキ、もんたよしのり、元ちとせ、鬼束ちひろ、矢井田瞳、cocco、中島美嘉など。

こちらはご本家の歌声です→http://youtu.be/TmRqNqR3HtM
何十年前がよみがえってくるこの感覚。
歌にはなんとも言えないパワーがあるんですね!

■『歌窈曲』 一青窈
2012.04.18 発売 2,800円(税込み)
   一青窈 『歌窈曲』

■由紀さおり & ピンク・マルティーニ『1969』
2011年10月12日 日本発売 ¥3,000・・・輸入版は1,300円前後
   31jyobcxh8L__SL500_AA300_.jpg
1.ブルー・ライト・ヨコハマ(いしだあゆみ)
2.真夜中のボサ・ノバ(ヒデとロザンナ)
3.さらば夏の日 [Du soleil plein les yeux](フランシス・レイ)
4.パフ [Puff, The Magin Dragon](ピーター・ポール&マリー)
5.いいじゃないの幸せならば(佐良直美)
6.夕月(黛ジュン)
7.夜明けのスキャット(由紀さおり)
8.マシュケナダ [Mas Que Nada](日本語版:アストラッド・ジルベルト)
9.イズ・ザット・オール・ゼア・イズ? [Is That All There Is?](ペギー・リー)
10.私もあなたと泣いていい? (兼田みえ子)
11.わすれたいのに / 原曲[I Love How You Love Me](モコ・ビーバー・オリーブ)
12.季節の足音 [bonus track]
※( )内はオリジナル歌唱アーティスト

■世界20ヵ国以上でCD発売・デジタル配信
日本、アメリカ、イギリス、イスラエル、ウクライナ、オーストリア、カザフスタン、カナダ、韓国、ギリシャ、シンガポール、スイス、トルコ、ドイツ、ドバイ、ノルウェー、フランス、ポルトガル、南アフリカ、ラトビア、ルーマニア、ロシア


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
 あ り が と う ご ざ い ま し た!!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

ウダモさんへお返事です

こんにちは!
ご訪問、コメントを頂きながら、返事がとても遅くなり申し訳ございませんでした。

由紀さおりさんが海外で受け入れられた理由について、
こんな事も関係しているとは・・・

> 歌声もそうですけど、なにしろ見た目が清潔で美しい。
> 海外ではまだ、有色人種に対する偏見が残っておりますが、くだらないと思いつつも、実は肌の色もけっこう影響していたりします。
> 彼女の場合、透き通るような声に透明感のある肌ですよ。
> そういった事も手伝って海外でブレイクしたんだなと思います。

子どもの頃母が、
由紀さおりさんの芸名の「由紀」は、雪のように色白だから「ゆき」にしたそうよ。
と、彼女がTVに出るたびに言っていたんです。
ウダモさんのコメントで思い出しました。

> 才能に加えて、天使のような声、白に近い綺麗な肌という要素が重なっているんでしょうね。
> まさに奇跡であり、選ばれた人なんだなぁと感じましたb

そうですね。
「選ばれた人」っていう言葉、胸にしみました^^
素敵なコメントをありがとうございましたm(_ _)m

ましゃたろうさんへお返事です

こんにちは!
お返事が非常に遅くなって申し訳ございませんm(_ _)m

> 昭和の歌謡曲で育った世代なのでこの一枚は嬉しい曲揃いですね♪
> 懐メロが耳に心地いい。
> もうこんな歳になってしまったんだなぁ。

子供の頃両親が懐メロ番組を見ていたのを冷めた目で見ていたのに、
40過ぎると子供の頃に聴いた曲が、とても心地好く感じるんですよね~

> 「他人の関係」は私も真似してました~(笑)

あとね、夏木マリの『絹の靴下』のフィンガーアクションとかね(笑)
ましゃたろうさんがかなり若いけど、「他人の関係」を知っているって嬉しいわ(〃∇〃)

> お食事会は19日(土)ですよ。大丈夫ですか?

すっ、すみません
20日なのか19日なのか記憶がごっちゃになっていました(>_<)
19日・・・お会いするのを楽しみにしています。
あっ、12月よりかなり横に成長しているので、
老いた醜い豚がご同伴させていただくのが心苦しいです・・・

ご訪問&コメントをありがとうございました。
  • [2012/05/14 15:02]
  • URL |
  • ましゃたろう様へ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

見張り員さんへお返事です

おはようございます!
GWはサービス業の方は超多忙だったんだなぁ。
みのもんたみたいに今頃お休みを取っているのかな・・・などと思ったGW明け(^^)

> 昭和のあの頃の歌謡曲懐かしい!と思うほど年をとってしまったのかとちょっとばかり愕然としますが、まあ年をとるのはみなこれ平等ですからねw。

↑なんというか、当たり前な事をキチンと言ってもらえるのって嬉しい。
「年を取るのは皆これ平等」
とても心にしみます。はい、良い意味で☆
潤いは保ちたいと思います。

> 私は「喝采」「終着駅」に子供のころの思い出があります。この歌がはやっていたころ湿疹ができて(今思えばアトピーっぽかった?)病院に土曜に通うことが多く、その日は学校を休まざるを得なかった。
> 小学4年で転居し学校も変わったんですがそこで湿疹をネタにいじめられて卒業まで。

まぁ!嫌な記憶の曲を・・・ゴメンなさい><
しかし、子供って残酷な一面を持っている生き物ですね...

> あ、今日のカラオケで歌えばよかったなあ!

良かった~
お嫌いではないのですね。
良い歌です!私も今度カラオケ行ったら歌おう♪

ご訪問&コメントをありがとうございました!!

Re: 一青窈 『歌窈曲』  ~由紀さおり他思い出の歌謡曲~

由紀さおりさんは、やりましたね!
歌声もそうですけど、なにしろ見た目が清潔で美しい。
海外ではまだ、有色人種に対する偏見が残っておりますが、くだらないと思いつつも、実は肌の色もけっこう影響していたりします。
彼女の場合、透き通るような声に透明感のある肌ですよ。
そういった事も手伝って海外でブレイクしたんだなと思います。

才能に加えて、天使のような声、白に近い綺麗な肌という要素が重なっているんでしょうね。

まさに奇跡であり、選ばれた人なんだなぁと感じましたb

Re: 一青窈 『歌窈曲』  ~由紀さおり他思い出の歌謡曲~

こんばんは。
昭和の歌謡曲で育った世代なのでこの一枚は嬉しい曲揃いですね♪
懐メロが耳に心地いい。
もうこんな歳になってしまったんだなぁ。
「他人の関係」は私も真似してました~(笑)

お食事会は19日(土)ですよ。大丈夫ですか?

Re: 一青窈 『歌窈曲』  ~由紀さおり他思い出の歌謡曲~

こんばんは
昭和のあの頃の歌謡曲懐かしい!と思うほど年をとってしまったのかとちょっとばかり愕然としますが、まあ年をとるのはみなこれ平等ですからねw。

私は「喝采」「終着駅」に子供のころの思い出があります。この歌がはやっていたころ湿疹ができて(今思えばアトピーっぽかった?)病院に土曜に通うことが多く、その日は学校を休まざるを得なかった。
小学4年で転居し学校も変わったんですがそこで湿疹をネタにいじめられて卒業まで。
「喝采」「終着駅」をきくとあのころを思い出します。

あ、今日のカラオケで歌えばよかったなあ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/567-356b420e