05 | 2017/06 | 07

『スタートレック』の始まりの日 

今朝PCを開いたら・・・
20120908スタートレック46周年1
おおっ!スタートレックではありませんか!!

1966年(昭和41年)9月8日から『Star Trek』の歴史がスタートしたわけですね☆
ちなみに1966年は、日本では『ウルトラマン』が放送された年です。
(7月17日~1967年4月9日:TBS系毎週日曜日19:00 ~19:30、全39話)

グーグルのトップ絵って、PCを開くお楽しみの一つになっています(^∇^)
今回のもとっても凝っていて、動くし音も出るし何枚もあるし。
作った人トレッキー(スタートレックの熱心なファン)ね、絶対!
20120908 2
転送準備OK!
※転送とは・・・物質を分解して転送ビームに乗せて運び、目的地で再構築するというもの。『スタートレック』における転送(transport)はこれにあたる。人員輸送用と貨物輸送用の2種類があり、人員用は量子レベルまで貨物用は分子レベルまで分解して転送する。(wikipediaより)
20120908 3
転送先はどこかの寒い惑星のようです。
20120908 4
本編のパロかもしれませんが『宇宙大作戦』のエピソードには精通していないので(スミマセン)
20120908 5
『STAR TREK』のOP曲が流れてきそうですね!
20120908 6
OPナレーションは若山弦蔵さんでした。
↓の動画はスタートレックシリーズの5つの番組のOP集です。
1作目の『宇宙大作戦』のみ日本語OP付きです。

<ナレーション>
宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。
これは人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船、 U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。


そうそう、『宇宙大作戦』の日本語吹き替え版では、人名を呼ぶ時は必ず「ミスター」「ミセス」が付いていましたね。
子供心に乗組員がみんなジェントルマンで、とても素敵だと感じていました。
これは、准士官以上の部下は絶対に呼び捨てにしないという、英米海軍の伝統に沿ったものだそうです。

久しぶりにスタートレック1作目の『宇宙大作戦』を見たくなりました(*^ワ^*)
テープはあるけど、再生するハードがない・・・


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

見張り員さんへお返事です

こんばんは!
夏が過ぎたというのに、今頃蚊に刺されて脚にいくつも水ぶくれを作っているローガンです(>_<)

> このころから世界中で宇宙熱が高まってきたのかなあと思いますね。アポロ計画が進行中だったような気がしますが私はまだ小さかったころなので全く記憶になかったりします。

そうですね。
私が小学生の頃、学研の『○年生の科学』という雑誌で、宇宙や海底で生活する未来人の絵がよく載っていました。

> あの頃のほうがいろんなことに夢が持てた気がしています。
> もちろんどの時代にもそれぞれの夢があるのですがなんだか昭和のあの頃のほうが活気があったような・・・・

自分の覇気が減っているのかもしれないけれど、最近の若い人(特に男性)に覇気が感じられません。
向上心というか、現状を打破して高いレベルを目指そうとする気持ち。
社会全体があきらめムードなのかしら・・・

> っていうのは年とった証拠なんだとか。

そっかぁ。この話題は両親と私が集まると繰り返される話題だから(笑)
では開き直って、年寄りの専売特許「昔は良かった」で生きていきます、これからは!

いつもご訪問&コメントをありがとうございます。
病院に複数行かねばならず、いつにもましてドタバタしております。
  • [2012/09/13 03:02]
  • URL |
  • 見張り員 様へ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 『スタートレック』の始まりの日

こんばんは

スタートレックとかウルトラマン・・・懐かしくも新鮮なキャラクターですよね。
このころから世界中で宇宙熱が高まってきたのかなあと思いますね。アポロ計画が進行中だったような気がしますが私はまだ小さかったころなので全く記憶になかったりします。
あの頃のほうがいろんなことに夢が持てた気がしています。
もちろんどの時代にもそれぞれの夢があるのですがなんだか昭和のあの頃のほうが活気があったような・・・・

っていうのは年とった証拠なんだとか。
いいんだよそんなことどうだって、とうそぶく私でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/598-accffc86