07 | 2017/08 | 09

GPファイナル2012★ジュニア部門リュージュくん銅メダルおめでとう(/*^^*)/日本人活躍しすぎて怖いくらい 

フィギュアスケートグランプリファイナル2012(2012年12月6日~9日)が開幕しました\(^o^)/

今大会シニアの個人部門では12人中6名が日本人選手と私達日本人には嬉しく誇らしくても、この状況を世界の人々がどう見、感じているのか気になってしまいます。
嘘かホントか分からないけど、日本人が活躍するとルールが変わって得点しにくくなる・・・
なんてスケートだけじゃなく水泳などで囁かれたり(´Д`)
・・・・後ろ向き発言スミマセン。

まず6日から行われたジュニア部門で、

 日野龍樹選手が銅メダルを獲得 

トータルスコア198.92(ショートプログラム67.55/フリースケーティング131.37)はリュージュくんのパーソナルベストになりました。オメデト\(゚∀゚)/
▼曲は映画『ロビン・フッド』より(作曲:マイケル・ケイメン)

日野龍樹(ひの りゅうじゅ)くんは1995年2月12日生まれの17歳。
愛知の中京大中京高で羽生くんと同級生なんですね(^∇^)
お父さんがロシア人、お母さんが日本人の東京生まれで、名前の由来はインド仏教の僧である龍樹、だそうです。

ジュニアの男子シングルのもう一人の日本人田中刑事(岡山理大付高)くんは、合計174・55点で6位でした。

★女子シングルSP結果
1. 浅田真央[JPN] 66.96
2. Ashley WAGNER [USA] 66.44
3. 鈴木明子[JPN] 65.00)
4. Kiira KORPI [FIN] 63.42
5. Elizaveta TUKTAMYSHEVA [RUS] 56.61
6. Christina GAO [USA] 48.56
▼安心して見ていられた浅田選手の演技。笑顔が素敵でした
  
今期SPでミスが目立っていた鈴木選手は、ファイナルで素晴らしい演技を見せてくれました。
後半の笑顔とジャッジ&観客への目力アピール。そして相変わらず鈴木選手の衣装は素敵です(〃∇〃)
『キル・ビル』の曲と衣装、振り付けが最高に合っていたと思います。

★男子シングルSP結果

1位 高橋大輔 (日本) 92.29 (技術点49.15、演技構成点43.14点)

2位 パトリック・チャン (カナダ) 89.27 (技術点44.74、演技構成点44.53点)

3位 羽生結弦 (日本) 87.17 (技術点46.76、演技構成点41.41点、減点1点)

4位 小塚崇彦 (日本) 86.39(技術点46.64、演技構成点40.75点、減点1点)
5位 ハビエル・フェルナンデス (スペイン) 80.19(技術点42.94、演技構成点38.25点、減点1点)
6位 町田樹 (日本) 70.58(技術点34.30、演技構成点37.28点、減点1点)

高橋選手は唯一ノーミス演技でした。さすがベテラン!
でも4位までが僅差なので油断は禁物ですね。
  

パトリックは4Tも3Aもうまくいったのに2Lz-3Tで惜しいミス(>_<)
フラッとしなかったら歴代世界最高点が出るかと思うくらい、滑らかでキレイなSPでした(〃艸〃)

羽生くんはこけちゃいましたね。着氷でヒヤッとするところもあったし・・・
でも世界選手権の時のような滑りをフリーでは見せてくれると信じています!
あの時はホントに「ロミオ降臨」って感じで神懸ってた。スケートの神様と世界中のおばちゃんが応援してたよ。

男子シングルもハラハラドキドキ・・・
6人とも大好きなので、誰が優勝しても嬉しいっていうのが本音☆★☆


さぁ女子のフリーが始まるよ!
浅田選手&鈴木選手をTVの前で応援しなきゃ(≧▽≦) 


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
      にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/620-c174ee8d