10 | 2017/11 | 12

お医者さんの所見が聞きたかった 

帰宅途中に突然歩行困難になった義父が入院したのが4月26日。
その時のMRIでは脳の血管に異常はない、という事でした。

とりあえず「血液をサラサラにする」点滴を1週間続けて、5月2日に再度MRIを撮って診断する。
という運びでした。

015.jpg
▲屋上庭園より山側(南)の眺め

そして5月2日、指定された時刻を30分ほど過ぎて呼ばれたのはナースセンター。

「こんな賑やかな場所で説明するってことは、悪い知らせじゃないんだな」

ですよね?
一応この時点で肩の憑き物は落ちました(^^)

イマドキの若い(多分30代前半)お医者様は、自由業の方のように無造作にお髭を生やしているのですね。
ええ、カッコよかったです。
100人中誰も貴方をお医者様だとは思わないでしょうけれど。

人を見かけで判断してはいけません!

「脳梗塞だったらコワいですよね」から始まった先生のお言葉。
脳の血管はMRIでも細い血管は見えないそうです。
・・・いや、全部見えるとか初めっから思ってないですけど
だから細い血管が詰まっていたらどーとも出来ない(先生談)

細い血管が詰まると手足が麻痺したりするけれど、義父に現われた症状は両足が思うように動かない、というもの。
「MRIでは脳梗塞は見とれめられない」そうです。
だいたい左脳なら右、右脳なら左に以上が出るので、義父のように両足同時に脱力し両手は大丈夫なケースは「なかなかない。比典型的」(先生談)

以下先生談
「一過性脳虚血発作(TIA)で脳梗塞になりかける・・・一過性の詰まりで血管は詰まり脳細胞が死なないけど死にかける血管が死にかけるから●●●(聞き取れない)とゆー病気があるんですよ。
まぁそういった場合は血液が流れ出すから脳細胞は死なない。
一過性脳虚血発作は画像上に出ないから少し難しいんですよ」
「脳梗塞、脳卒中は、いつ誰に起こるか分からないんです。
これから退院して夜起こるかもしれない。それは誰にも分からない。神のみぞ知る。」

実は今回、ケータイの録音機能を初めて活用してみたんです。
雑音が多いためクリアには聞き取れませんでした(>_<)
よーするに、「原因も病名も判らない」という事らしいです。

その後話は「血液サラサラのお薬をどうしようかな」になりました。
「そこは患者さんの考え方次第で・・・」

素人の私達の希望や考え方を優先するより、先生の所見を伺いたいんです。
先生は義父にとって何がベストと思われるのでしょうか?

「分からない」「神のみぞ知る」という言葉しか印象に残っていない先生の説明。
脳関係ってこんなものなんでしょうか?


☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆


義父の希望で突然退院になり、義父の昼食は既に運ばれている為、義母と私も病院でお昼を食べる事になりました。
外部の人もOKだった職員食堂は自然食材を使った『ぶどうの樹』。
ビュッフェスタイルになっていて、外部の人は700円。(子供500円)
『ぶどうの樹』は県内に何店もある結構有名なレストランです。

013_20130508012814.jpg

おいしかったですよ(*^ワ^*)
お姑さんと2人だったので、アレもコレも取ってプレートが埋るのは恥かしいかなー、とあまり種類も取らなかったんです。
でもお義母さん、全種類取っていました!

刺身こんにゃく、ヨーグルト、ピクルス、ひじき煮、大豆煮、さつま芋のしそ煮・・・・も取ればよかった(´ヘ`;)





なにはともあれ、

お義父さんが無事退院できて良かった!!






【TIA (一過性脳虚血発作) 】
脳血管障害の1つ。
脳の一部への血流が障害された結果起きる一時的な脳機能障害。

症状・・・突然始まり、ほぼその直後に重症レベルに達する
・めまい感、
・脱力感、
・しびれ感、
・一肢あるいは身体の片側の麻痺、
・顔の片側の弛緩、
・頭痛
・不明瞭な話し方
・話の理解困難
・視覚の部分的消失や複視
原因
・血餅
・粥状動脈硬化
・ある種の血液疾患


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

波のまにまにさんへお返事です

5/16に頂いたコメントのお返事が大変遅れてしまい申し訳ございませんでした。

波のまにまにさんのお母様、そうだったんですか!
健康に気を遣っていても脳梗塞を発症するんですね。
お医者様が「神のみぞ知る」と仰った言葉を、やっと受け入れられた気がします。

波のまにまにさんは、お母様のお近くにお住まいですか?
不自由でも元気にお過ごしと書いてありますので、お母様は明るく前向きな方なのでしょうね。
ご自身の気性と息子さんやご家族に恵まれているからこそ、元気にお過ごしなんだと思います。

人生色んな出来事に遭遇しますが、「私は一人じゃない」と思えることは幸せな事だと。
特に家族の存在には感謝しています。

ご訪問&コメントをありがとうございました(^^)

鍵コメ(5/12)さんへお返事です

おはようございます。
5/12に頂いたコメントのお返事がこんなに遅れてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

おかげさまで義父は、まだ時々頭がふらつくようですが、元気に過ごしております。
シルバー人材の駐輪場のアルバイトもやめ、家でのんびりしているようです。
つい2~3年前まで、登山に行ったりバスハイクに参加したり、体操教室に通ったりと出歩くことが多かったのですが、ここ最近急に足腰が弱くなり、外食時にも杖を使う日常です。

義母さんが骨折して暫らく入院し、退院後も杖なしでは生活出来なくなったからでしょうか。
義父のアウトドアな日々が無くなってしまいました・・・

> 人間生きていると次から次へと肩に荷物が乗っかるのは避けられませんが・・・

本当にそうですね。
子供の成長などの嬉しい事もありますけど・・・
まぁソレを励みに生きている気がします。

なんだかいつも〆は「お互いに頑張ろうね」になっちゃいますね(笑)
でも私個人としては、ネットを通じて鍵コメさんが声をかけて下さることが、何より貴重でありがたく感じています。


鍵コメ(5/12)さんへお返事です

おはようございます!
5/12のコメントのお返事が大幅に遅れてしまい申し訳ございませんm(_ _)m

鍵コメさんのコメント、現実的にも心にも有用でした。
そして家族に医者をおりますが、彼が言うには
「家族や親戚はなるべく診たくない」
だそうです。
分からないでもない(笑)

人にモノを教える場合でも、家族には教えづらいです。
口調が厳しくなるし遠慮なくズバズバ悪い点を指摘してしまう。
でも他人に教えるときは、自分の感情を抑えやすいというか・・・
医者の感覚とは違うでしょうけど(>_<)

私をご心配くださるお気持ち、本当に嬉しくて涙が出そうでした。
実際寄る年波なので、すぐ泣いてしまいます(;´艸`)
でも、それより鍵コメさんのご両親様の方が大変じゃないですか!
実家が遠いので、なおさら不安が募るのでは?

こうなってみると、人間健康がどれほど大切かをひしひしと感じますね。
鍵コメさんこそ、ご両親様の事でご心痛からお身体を壊されませんように。

いつもご訪問とコメントをありがとうございます。
とても励みになっています(^^)

ふわふわさんへお返事です

かなえさんへのラブレター、コピペしてお届けしておきますね(*^-^*)


小鳥遊かなえ さんへお返事です

かなえさん、こんばんは。
先日は体験を交えた具体的なコメントを下さり、本当にありがとうございました。
とても嬉しく、また心強く、ますますかなえさんが好きになりました。
(ご迷惑と存じますが)

また平素より私の両親をお気遣い頂き、心より感謝しております。
さらにわたしの身体まで!
人の優しさって、それがたとえネットの文字だけであっても、ものすごいパワーがありますね。
元気を貰えて、知識を貰えて、幸せになれる!
ありがとうございます。
本当にありがとう!

そしてまた・・・
さすがかなえさん、フォローがしっかりしてる。
思い遣りに溢れた素敵な大人ですね、かなえさんって(^^)

ふわふわさんへお返事です

こんばんは!
5/9のコメントのお返事がこんなに遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

そして先日のイラストの件、先程『二番目の山羊』に伺いました。
色々とありがとうございます。
コメントをさせて頂いてます(^^)

食事療法はよさそうですよね。
薬に頼らないって、大事なんじゃないかと思います。
専門家じゃないけど(>_<)

コメント&アドバイスをありがとうございました!

なにはともあれ・・・

なにはともあれ、義父さまがご退院なされて、よかったですね。

もう10年近くも前になりますが、実母が脳梗塞で倒れ、左半身が不自由なまま、いまでも元気に生きております。人一倍健康に気遣っていた人だっただけに、親戚一同みな驚きでした。どんなかたもこういう突発的なものにはどうにも対処できないものですから、義父さまもご家族もさぞや驚かれたことでしょう。
とはいえ、お身内に病人が出ると、それだけで家族はストレスになり、別の病気を誘発しやすくなるそうです。どうかお体ご自愛くださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

博識~!

かなえの姐様、さっすが~!

って、血液サラサラの薬、そんなに副作用が強いの?! そしたら先ずは食事じゃん!

血液細胞が多ければ、詰まりやすくなるは道理だな……。覚えておこう。汎用性がある。

高麗人参で癌細胞が……??? 併せて何か条件重なったんでは??? いや、現代では解明されない何かが?

Re:お医者さんの所見が聞きたかった

お義父さま、無事の退院おめでとうございます!
とりあえず原因がわかって、一安心されていることと思います。
いろいろお忙しい中、本当にお疲れ様でした。

TIAで血液サラサラの薬、なると、ワーファリンでしょうか?
副作用がそれなり大きい薬なので、やっぱり患者さんの意見が大きく作用されるんだと思います。
(うちの父が脳梗塞で倒れたことがあるので、ちょっと調べたことがあります)

私もですが、父は健康診断&血液検査ではずっと異常なしの健康体だったんですよ。
コルステロールも低いし、それもほとんど善玉のコルステロールだし、中性脂肪値も低い。
私は健康診断で「事故に合わなければ100歳超えまで長生きしますよ」とか言われたくらいで。別にしたくないですけど(笑)
でも、ただ一つ、血小板の値がすっごく高くて、赤血球や白血球も平均より高め。そうすると、健康なはずなのに、血液は詰まりやすい方向になるらしいです。
なので、ワーファリンは使った方がいいという結論をだしました。

でも私の同僚で家族ともども血小板が極端に低い人は、ワーファリンは使用しないという結論を出したことがあるそうです。
彼女は本当に血小板値が低いので、ハンドクリームもヘパリン類似物質が入ってるものは使わない方がいいと医者で言われたとか。

副作用のほかにも、こういったところもいろいろ判断物質になるようですよ。



もし食生活などで対応できるような状況でしたら、やっぱり薬よりもそちらがいいのではないでしょうか?
ただ、時間的、人的に難しいようでしたら、薬をうまく使うことも悪くないと私は思います。

状況が許すようですごく気長に対応も可なら、いろんなお茶の類もありますしね。お茶類は効き目本当にゆっくりですけれど、体質改善に有効ですし。
あと、義父が一度脳腫瘍が出来たんですけれど、高麗人参酒でなぜか治りました。
(治るわけあるか―!って思ったけど、病院で見せてもらったMRI結果で本当に腫瘍が消えてました。が、高麗人参酒のおかげかどうかは・・・・半信半疑・・・・お義父さんがそういうなら、もうそういうことでもいいと思うけど・・・・やっぱり半信半疑)



話ずれてしまいましたが、そういった対応方法もあるということで。

しばらくは気も抜けないと思いますが、あまり気負うとローガン様の方が参ってしまいますよ?
適度に息抜きして、お体大事にしてください~!!

ああ、なるほど

[����]「[��:000033]ドロドロした血液が、一時、血管に詰まっちゃって、歩き難くなったけど、詰まってた血液が、頑張ってそこを通り抜けてくれたから、また流れるようになって、今回は大丈夫でしたよ[/��]」[/����]って事ですね?

確かに。脳の血管が詰まる、なんて、誰にでも起こる事です。説明が下手なだけなんじゃないんですか? 専門用語・業界として当たり前の健康知識があれば、この説明で通じるんですよ。

が、素人相手にこれでは不親切。「医療関係者同士でなら成立する会話を、素人向けに翻訳出来ない」 こんな感じでは??? 専門家としての、一般人に対する気遣いは足りないかも。多分、考えが及ばないんでしょう。

医療関係者同士なら、「薬にするかどうかは、自分で決めなよ」で片付きますからね。

[����]今回、大丈夫でも、一度こうなったワケですから、血液はサラサラ状態に改善しないと。[/����]薬も一つの手段ですが、食事療法もあります。食事療法の方が、副作用がありませんから、緊急を要しなければ、先ずは食事療法をされてみては?

「[����]血液サラサラ[/����]」で検索すれば、[����]レシピ[/����]が出て来ると。本屋でもありますよ。血液サラサラ、いっぱい出てます。あと、NHKの「ためしてガッテン!」でやってた「[����]玉ねぎドレッシング[/����]」、凄く良いみたいです。アタシも作ってますけど。単にドレッシング買う金が無いのと、市販のドレッシングは石油入ってると怖いので。ってか、油分多過ぎてアタシ駄目……。自家製なら、分量調整出来て良いですよ!

ってか、大変な話の筈なのにごめんなさい。アタシは、ロー姐様の、ご家族への優しいお心遣いが文面から伝わってきて、この記事、なんか温かくて好きです

ウダモさんへお返事です

そうなんです、お医者様の保身は良く分かるんです。
弟(内科クリニック院長)も大学病院に勤務していた頃、保険の話をチラッとしていたし・・・

> 『自分はこうした方がいいと思うが、決定は御家族で』というのがいいかなと。
> 医者としての所見を踏まえた上で、家族に決定を委ねるというのなら、後で何が起きても文句は言いませんけど、医者としての所見もなしに、ただ家族に委ねるのは、ただの怠慢かなあと。

そう、そうなんです!!
医療ドラマで、典型的なリスク回避型のドクターや事務系のヒトが出てきますが、目の当たりにするとかなりキますよ。

> そしてビュッフェスタイルのレストランでいつも思うのですが、女性(特に年配)の方の食欲には驚かされます(笑)

口が卑しいので、私も普段はたくさん取ってきて食べ過ぎるのですが、お姑さんの奢りで短時間で・・・となるといつもの勢いは鳴りを潜めました(笑)

> なにはともあれ、お義父さまが退院できて良かったですb

はい、ありがとうございました。
今は元気にポメラニアンの散歩を楽しんでいるようです★


物忘れや記憶の交差があるんですけど私
脳血管障害でしょうか?

ご訪問&コメントをありがとうございました(^-^)

Re:お医者さんの所見が聞きたかった

医療問題で色々と面倒な事になるから、病院側も慎重に成らざるを得ないのでしょうね。
それにしても、家族に丸投げは良くないですよね。
『自分はこうした方がいいと思うが、決定は御家族で』というのがいいかなと。
医者としての所見を踏まえた上で、家族に決定を委ねるというのなら、後で何が起きても文句は言いませんけど、医者としての所見もなしに、ただ家族に委ねるのは、ただの怠慢かなあと。
極度にリスクを怖がりすぎる先生ってのは、困りものですね~w

ビュッフェスタイルでその金額は、かなり安いですよ!
うちの父が入院したところなんて、まるでホテルみたいに綺麗でしたけど、食事は最悪でしたw
健康食であるならば、ビュッフェスタイルってのもいいですね★
そしてビュッフェスタイルのレストランでいつも思うのですが、女性(特に年配)の方の食欲には驚かされます(笑)

なにはともあれ、お義父さまが退院できて良かったですb

脳血管障害…
私、なんだか当てはまる項目がいくつか…orz
もしかすると顔面神経痛ではなく、こっちの方だったら怖いなぁと。
いずれにせよ、また病院には行かなくては(泣)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/661-894cf830