07 | 2017/08 | 09

宇宙戦艦ヤマト2199 第9話 「時計仕掛けの虜囚」 

一言で言うと、とてもイイお話でした!
イイっていうのはHappyじゃくて、結末はせつないんだけど。
ヤマト乗組員や取り巻く環境やガミラスとの緊張状態、さらに人間と異星人、人間とAIとのかかわり、自分自身の心のありよう・・・
色んなことを提示され考えさせられた回でした。

今回のメインキャラは数話前に回収した敵の機械兵士「ガミラスロイド」(アナライザーがオルタと命名)とアナライザー、真田副長です。
あっ、友人A(女子)の一押しキャラ百合亜ちゃんの出番もたくさん(≧∇≦)
▼ツインテールは正義!(※画像は全てクリックで見やすくなります)#09ゆりあちゃん

まず9話のタイトルの「時計仕掛けの虜囚」ですが、キューブリック監督の映画「時計仕掛けのオレンジ」を連想します。
内容は全く違いますけどね。
うーん、でも全く違うようでいてどこか共通の何かがあるのかなぁ。タイトル似すぎだし・・・
すみません阿呆なので製作サイドの深い意図は読めません(>_<)
#09時計じかけのオレンジbd

「時計仕掛けの虜囚」のストーリーは百合亜ちゃんがDJをしている艦内放送で古い絵本が朗読されるシーンから始まります。
 
「今日のラジオヤマト文学館は、ラジオネームシロシンタさんのリクエストで、21世紀末の名作『観測員9号の心』です。」

リクエストしたシロシンタとは真田副長のこと。
志郎真田(しろうさなだ→ しろうしんた→ シロシンタ)

#09オートマタは#09たかはしるみこ
▲絵本の挿絵が高橋留美子風だわ(^^)
(イラストは草磲琢仁さん)


物語はただ一人で過ごしていた9号と呼ばれる観測官がイブという少女と出会い、分かれた後あまりの淋しさから彼女を探す旅に出ます。
やっと探し出した時、彼女はもはやただの廃棄物。イブはオートマタだったと知るのです。
思ったほどのショックも感じずもとの仕事に戻ったナンバーナイン。
彼もまた自分がオートマタだったことを知ります。
#09ただようイブ#09ナンバー9も機械だった
 
 あの美しい人形に心があったとしても、
 またなかったとしても、
 自分には関係のないことなのだと。
 そしてこうも思いました。
 私の心がこのようにあることは、
 私だけの秘密なのだから。

#09djゆりあ#09真田個室

真田さんは旧作では手足が機械になっている、という設定だったですよね?
だから何となく『観測員9号の心』の9号と真田さんがダブリます。
ヤマトとは関係ないんですが、「スタートレック好き」な私には、
真田さんの声優大塚芳忠さんが「スタートレック」のデータ少佐(アンドロイド)っていうのが、製作側が意図して選んだのかな、なんて思っていたんですよ。
2199の真田さんは、もしかしたら身体の大部分が機械なのかな、と。

だからオルタが突然逃走した時
「あれはただの自動人形だから捕え破壊すべき」と言う保安部長伊東に対し
「我々の脳もまたオートマタでないとは言い切れない」
と反論したんじゃないかしら。
ちなみに百合亜ちゃんは「心があるなら捕虜として扱うべき」と主張しておりました(ツインテール最強最可愛)
▼糸目の伊東慎也保安部長。糸目は胡散臭いって言われるけど、個人的には一見胡散臭そうで内面は純粋な糸目キャラがツボだったりします(笑)
#09糸目はうさんくさい#09ほあんのふたり

アナライザーとオルタというAI同士の交流シーンは、「攻殻機動隊」のタチコマ達のシーンが思い浮かびました。
タチコマもゴースト(心)を求めていましたし、ゴーストについて議論するのが好きみたいでしたね。
また「スタートレック」でもアンドロイドのデータ少佐が人間の感情に憧れていました。
まぁデータは感情チップを装着した後も、感情に流されて判断が鈍ると、on/offスイッチを付けたので、感情と言うものがイイだけのものじゃないと理解したわけですね。

▼左:犬や猫をオルタに理解させようと奮闘するアナライザー。右:船外に出たオルタはやがて活動を停止した
#09物事の概念を教えるためには膨大なやり取りが必要#09オルタ活動停止
艦内情報システムに繋いで地球の情報を教えるわけにはいかないので、一つ一つ丁寧に教えるアナライザー。
「物事の概念を教えるためには膨大なやり取りが必要デス」
・・・個人の好き嫌いの問題なんだけど、アナライザーの声(チョーさん)は何故機械処理しないんだろう?
旧作の緒方さんも今回のオルタの声も処理してるのに・・・
チョーさんは演技派の声優さんだし、ヤマトでも複数のキャラを担当する器用な方だけど、アナライザーのセリフが人間的過ぎる気がします。
わざと、かもしれないけど。


■ストーリーにあまり関係ない疑問とか感想とか
・左舷「さげん」を「ひだりげん」って言ってて「!?」となった
   ↓
 「うげん」「さげん」だと最初の1文字が聞こえないと右か左かわからなくなる。
 そのため海自では聞き間違いを防ぐ言い方をしていて、2199もそれに合わせたから「ひだりげん」を使っているらしい

・新EDに自分的萌えキャラがたくさん(≧∇≦)
      #09ED全景
▲傘さしてる女の子誰?

・新EDの総統が相当かっこいい(*≧∇≦*)
#09ED

・真田さんの本棚に萩原朔太郎!
#09真田さんの本棚正



第9話を見て、今まで家事をしながら見ていた自分を反省しました。
もっと真面目に見ておけば良かった(´Д`)

今回は、外宇宙に出るのに困難を極めたり、シュルツさんと戦ったり(ヒルデちゃん可愛すぎて、シュルツパパ死ぬ時旧作の何倍も泣けました)と気の抜けなかった日々のあとの、少し緊張がほぐれた時間の流れるヤマトの人々を垣間見る事ができた貴重な回でした。
機械(システム)に名前を付ける人、カードゲームをする人、AIであるアナライザーもオルタに地球の知識を与える一環として、将棋をさしたり。
ホントに盛りだくさんだった第9話「時計仕掛けの虜囚」。
記憶に残るお話をみせてくれたスタッフさんに大感謝の回でした。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/665-7fae85a8