10 | 2017/11 | 12

ミモザの如き君なりき 

「春といえば桜」・・・なんですよね世間一般では。
 あの淡い薄桃色は、やさしくもあり、凛々しくもあり、潔さもあり、禍々しさもあり...
 一般人は感慨を覚えるし、芸術家は創作意欲を掻き立てられてきたわけですよね遥か昔から。

 でも、私が春を感じる色は「桜色」じゃなくて「黄色」。
 道端に咲くタンポポ、カタバミ、アブラナ(菜の花)、ウマノアシガタ、キンポウゲなどの草花。
 歩道脇のチューリップも咲き始め、レンギョウはさながら妖精の黄色い滑り台。
 黄色は、とても目立つ色。明るくて元気でルンルンな色じゃないですか?
 最近は「あざとかわいい」イメージも付いちゃいましたけど(・ω<)

 黄色い春の花といえば「ミモザ」をはずせません。
 地元に「到津(いとうづ)の森公園」という動物園があるのですが、こには九州最多100本のミモザがあるんですよ。
 毎年3月中旬に夕刊の1面に、到津の森公園のミモザの写真が載るたびに「今年こそ見に行くぞ」と思いながら有言不実行で(´Д`)
 3月下旬に行けば、桜とミモザ両方を楽しめるというのに...
 ▼ミモザは園内色々な場所で楽しめるようです ※画像クリックで到津の森公園HPへ
 ki.jpg
 ■ミモザ 
 オーストラリア原産で、高さ5~8mになるマメ科の樹木。
 花の見ごろは3月中旬から下旬まで。
 花言葉は「真実の愛」「友情」「秘めた恋」など。
 フランスではミモザ祭りが開催されるほか、イタリアでは、3月8日が「ミモザの日」で、その日は男性から女性に日頃の感謝をこめてミモザの花を贈る習慣がある。

 ここまででお分かりと思いますが、私は本物のミモザを見たことがないのです。
 (生け花展、フワワーアレンジメントなどは除いて)
 けれどミモザは少女時代からのあこがれの花。
 漫画に良く出てきたんですよ。●田理代子とか萩●望都とか...
 そのせいか、ミモザと聞くと、儚げな佳人や少年達のキラキラした思い出のシーンが浮かんでしまうんです(〃艸〃)
 
 ミモザといえば、ケーキやサラダも思い浮かびます。
 黄色は食が進む色でもあるってことでしょうか(*^ワ^*)

 また「黄色」で思い浮かぶかわいいモノといえば「ヒヨコ」!
 『千と千尋の神隠し』にも出てきますよねー。ヒヨコの集団が(#≧∀≦)
 ヒヨコって単体じゃなく集団のイメージがあるんですが何故でしょう?
 こんな動画を見つけました(^^)
 ▼瞳が戸惑いに揺れるネコと無邪気なヒヨコが激カワd(≧ω≦*)
 ※コメント非表示でご覧ください!

 
  
 そういえば昔は縁日の定番だった「ヒヨコつり」
 動物愛護で廃れたかと思っていたら、動画がUPされていました。
 少なくとも2011年までは存在していたようです。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re.リクエスト

ワイルドさんへお返事です

こんな辺境の地へお越し下さってありがとうございます。

申し訳ございませんが、リクエストは承っておりません。
技量がないので・・・
以前全く同じリクエストを頂きましたね。
ご期待に沿えないことをご容赦下さいませ。

リクエスト

初めましで、ワイルドといいます。リクエストさせてもよろしいですか?ルパン三世TheLastJobで、くノ一姿の飛鳥の尻を描いてもらいたいです。よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/735-67096675