09 | 2017/10 | 11

ブックヘルパーはじめました 

 司書の資格は、着付けの資格同様、履歴書に記入したことのない資格です。
 だって突っ込まれたくない>_<
 日常生活に、特に必要なモノじゃありませんしね。


 ブックヘルパー(図書ボランティア)の募集は小学校でもあったのですが、家長が「ダメ」と言ったのでそれきりになっていいたんです。
 数年経ち、この度中学校でも募集があり、今度は内緒で応募してみたところ採用となりました^^
 ボランティアなんだけど日当も出ます。
 3時間でワンコイン (*^^*)
 
 中学でのブックヘルパー制度は今年度からの取り組みで、担当の司書さんも当校には今年度からの採用。
 これまで専任の司書がいなかったため、廃棄図書や寄贈図書などもゴチャマゼ状態。
 カウンターの奥は、学校やPTAの荷物置き場と化してました (´Д`)
 書架も老朽化してるし、何故か生徒が掃除時間に来ないのでホコリっぽいことこの上ない。
 (図書委員や図書クラブの生徒がやっているとは思います)

 つまりブックヘルパーのお仕事は、「お掃除からスタート」というコトですね☆

 家では大雑把にやってる掃除を結構マジメにやっているので、2時間もすると身体のアチコチが痛くなってきます。
 うん、これはイイ運動になってダイエットにもなるかも(笑)

 拭き掃除をしつつ気になったのが、新刊コーナーにあった「時代を切り開いた世界の10人」という偉人伝。
 そのラインナップが、昭和世代の私には斬新で・・・

 時代を切り開いた世界の10人全10巻: レジェンド・ストーリー
  第1巻  スティーブ・ジョブズ
  第2巻  ワンガリー・マータイ
  第3巻  オードリー・ヘップバーン
  第4巻  手塚治虫
  第5巻  マーガレット・サッチャー
  第6巻  安藤百福
  第7巻  ココ・シャネル
  第8巻  アンナ・パブロワ
  第9巻  豊田佐吉と喜一郎
  第10巻 浜口儀兵衛

 スミマセン、10巻の浜口儀兵衛さんを存じ上げません<(_ _;)>
 Wiki先生によると、醤油醸造業を営む濱口儀兵衛家(現・ヤマサ醤油)の当主が名乗る名前だそうで、この本の方は7代目。
 本名は濱口 梧陵(はまぐち ごりょう)とおっしゃるようです。
 津波から村人を救ったことで有名で、『稲むらの火』のモデルだとか。
 (安政元年11月5日(1854年12月24日)夜、安政南海地震の津波)

 その他では、サッチャーさんが亡くなって1年経ったんだなぁ・・・と感慨深かったり。
 また、『瀕死の白鳥』やニジンスキーとの『レ・シルフィード』で、私世代には知名度があったとしても、今時の子供には知名度の低そうなアンナ・パブロワが選ばれていることに驚きました。

1
 監 修:高木まさき
 監 修:茅野政徳
 定 価:17,280円(税込)・・・1冊1,728円
 発売日:2014年02月06日
 発 行:学研教育出版
 対 象:小学生←えっ(´・ω`・)?

 にしても、最近は「レジェンド」って言葉が流行なんでしょうか?
 別にいいけど・・・

ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

さー坊さんへお返事です

こんにちは!
こちらの方こそご無沙汰してゴメンナサイ(>人<;)
ゴメンナサイついでに以下言い訳・・・

ブックヘルパーで中学通い(と言っても毎日じゃナイ)とPTA関連の集まりと、毎週末の陸上協議会応援・・・ふだん出不精な人間が連日外で日を浴びると、紫外線の影響なんでしょうか、ものすごく体が疲れるんです。
ある意味健康的な生活ですが、ネットからは離れてしまいます。
それで最近リンク先様のトコロへもトンとご無沙汰状態>_<
ホントに申し訳ございませんm(_ _)m

> 浜口儀兵衛さんに関しては、3年前の東日本大震災の影響
その通りですね。震災以降、色々な変化がありました。

> 紹介されている10組の男女比が5:5
おおっ!そういえばそうですね!
時代を感じさせるなー
さー坊さんの指摘のように、昔の偉人伝って圧倒的に男性でしたね。

> さて・・・私ならば、どなたを挙げるんだろうな。。。
さー坊さんお勧めの10人、是非伺いたいです(^∇^)

> (「レジェント」・・・やはりスキージャンプのあの方の影響でしょうかね。。。)
で す ね d(゚-^*)

Re:ブックヘルパーはじめました

大変ご無沙汰しております。
司書の資格もお持ちだったとは・・・驚きました。
(コレといって資格を持っていない私としては、単純に「凄いな・・・」と思っております。)

たしかに・・・この10組は斬新ですね。
ただ、比較的近しい時代の「この10組」のことをどれだけ知っているのかと聞かれたら、名前こそ知っていても、私はきちんと答えられないかもしれません。
そう考えると、比較的最近の人物を掘り下げて紹介するという着眼点は「おお・・・!」と素直に思います。
(時代がちょっと離れているだろう浜口儀兵衛さんに関しては、3年前の東日本大震災の影響が大きいとは思いますが。)

そして、紹介されている10組の男女比が5:5という。
学校の図書室や図書館にあった偉人伝的な本で女性が主人公になっているものって、結構少なかった気もします。
(有名どころだとヘレン・ケラーやナイチンゲール、まだご存命だったマザー・テレサ、あたりでしょうか・・・他にも実は読んでいますが、メジャーではないので省略。
メジャーでなくともその方を評価していないわけではないので、そこはあしからず。)
結構意識されて10組を選んでいるんだろうな、と思いました。

さて・・・私ならば、どなたを挙げるんだろうな。。。


(「レジェント」・・・やはりスキージャンプのあの方の影響でしょうかね。。。)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/745-4cb879e9