10 | 2017/11 | 12

「ホタル祭り」の季節到来 ~今週も陸上競技会観戦です~ 

 お子さんが運動部の方はご承知でしょうが、我が家は息子が陸上部に入ってからというもの、毎週末や連休、夏冬春の長期休暇も部活に拘束された生活になっています。
 「拘束」というと語弊がありますね。えっと、、、「部活中心の生活」、「部活しに学校行ってる?」、「義務教育って何だっけ?」、「記録が良ければまだ許せる」
 どんどんネガティブになってる(´Д`)本音が洩れtゲフンゲフン 

 というわけで、息子の勇姿を拝みに陸上競技場に足を運ぶことが多くなりました。
 これまでは余り行ってなかったんですが、やはり最後のシーズンは流石に見ておこうと思いまして。
 
 実家の両親が近くなったのも、行くきっかけになっています。
 高齢を理由に誘わず、スマホで撮った動画を見せて結果報告していたら不満を漏らされたんですよ。
 「天候が悪くなければ次は私達も行くから、絶対に声をかけて!」
 というわけで、5月24、25日に行われた競技会を観戦すべく後期高齢者2名を連れて行ってまいりました。
 
 「小中学生記録会」と聞いていたので、市内のこじんまりとした大会かと思いきや、JAAF(日本陸上競技連盟)主催でした。
 わりと正式な大会なのかな?
 木の下や日影、スタンドの一部もブルーシートで場所取りしている団体が多かったです。
 小学生が参加すると、ブルーシートの数が倍増します。親御さんの応援が多いのかしら (*^^*)

 競技会は、はっきり言って暑かった!
 田舎の競技場だから、トラックのそばに木があったりと周りは開放的とはいえ、日傘はご法度ですものね。
 凄く日焼けしたと思います。
 この年になると、紫外線を浴びると日焼けよりも明確に感じるのは、身体の疲れやダルさです。
 そんなワケで、申し訳ないけど、息子が出る種目だけ見てサッサと競技場を後にしたわたし達。
 決勝へ進める着順じゃなかったし・・・翌日も別種目に出るしね←

 車は、競技場の駐車場は無理だと思ったので、徒歩15分のショッピングゾーンの大型駐車場に停めさせてもらってました。
 (あとで食事したので許してください)
 帰るとき私が車を取りに行こうとしたら、膝の悪い母が「歩ける」と言うので、ゆるい下りだし川沿いを駐車場まで歩くことにしたんです。
 そうしたら、途中の公園に出店が軒をつらね「ホタルまつり」の看板が見えました。
 24日、25日がホタルまつりだったんですよ。
 
 そういえば、もうホタルの季節が来ていましたね。
 「今年は藤の花も菖蒲も見に行けなかった」と花の話題に終始して、ホタルを忘れるところでした。

 わが市はホタルに力を入れていて、市内60~70箇所で観察していたり、「ホタル館」も2箇所あります。
 市の広報によると、自然の多い郊外の川だけでなく、街の中を流れる川でもホタルを楽しめるのが、わが市の特徴のようです。
 確かに、うん十年前子供だった頃は見たことのなかったホタルを、大人になってから見るようになったのも、市の取り組みの成果だったという訳かd(゚-^*)

 ところで、「ホタル」と聞くと必ず浮かぶのが、古谷一行が演じた金田一耕助シリーズの『真珠郎』。
 周りを飛び交うホタルを手を伸ばしてやすやすと捕まえ、真珠郎が口に入れるシーンが特に印象的でした。



 梅雨に入る前が見ごろでしょうから、我が家もホタルを見に行かないとヽ(^∇^)ノ


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

蛍の光はあの世からの

見張り員さんへお返事です

見張り員さんの仰るように、あの光る様はとても神秘的で、悲喜交々な想いがこみ上げてきます。
民宿に入ってきた蛍・・・素敵な思い出ですね。
「蛍は死んだ人の魂」
とも云われるのを思い出しました。
ご先祖様が皆さんに会いに来たのかも。
・・・夏休みイコールお盆、と連想してしまいスミマセン

お父様の事、ご心痛でしょう。
お忙しい中お越し頂きありがとうございました。
お父様が少しでも穏やかに過ごせますようにと祈るばかりです。
30度なんて真夏日が続きましたが、見張り員さんもお身体ご自愛ください。

Re:「ホタル祭り」の季節到来 ~今週も陸上競技会観戦です~

こんばんは
ご子息の活躍をご両親も目を細めてごらんになったことでしょう^^。よかったですね、しかしここ最近の暑さは尋常じゃあないものがありますね(-_-;)。
今日も大変暑く、私はさすがに疲れましたw。

蛍。
高校一年の夏休み、親戚一同で行った千葉・九十九里の民宿に入ってきた蛍を思い出します。あの淡い光はとても神秘で言葉にならない感動がありますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/747-5d88f632