05 | 2017/06 | 07

血圧計は腕に巻きつけるタイプがイイとお医者様が 

 血圧を抑える薬が効かず、「病院に連れて行って」と電話がかかってくる事が増えました。


 普段は送迎だけを私に頼んでいた義父も、昨日はかなりフラフラしていたせいか医院に一緒に入っても何も言わなかったので、診察室まで同行しました。
 このA内科医院は、我が家も数年前までかかりつけ医だったので顔なじみだったし。

 お義父さんは、少し前にB内科医院からここA医院に代えたばかり。
 前の医院の薬だと、血圧は下がるけど足がパンパンに膨れて身体も火照る。入浴中フラフラになる・・・というので今の医院に代えたのです。
 ところが、A医院の薬では前述の症状はおきないものの、血圧が思うように下がらない。
 ベッド脇に置いている血圧計(手首式)で、いつも180くらいあるらしく、週に2~3回は医院へ行くんです。
 たしかに180もあったら怖いですものね。

 でも意外なことに、お医者様の反応は薄かった!
 仰ったことは↓↓
 「神経質に何度も測りすぎ」
 「手首式のは高めの数字が出る。上腕巻きつけ式の方が正確」
 「細かいことを気にせず、ゆったりするべき」

 取りあえず、夕方に飲む“血管を広げる薬”を2週間分処方されて終了しましたが、なんかスッキリしません。
 お義父さんの顔色は明らかに良くなったから、いいのでしょうね?

 それより、費用の安さにビックリなんですけど。
 診察代200円、薬代270円。(1割負担)
 我が家だと、診察代2,000~3,000円、薬代1,000~3,000円(3割負担)なのに・・・
 不平等感いなめません(´△`)
 
 でも、お医者様に対峙することで精神的に安定することもあるんだろうし、文句言ったらバチが当たるかもですね。

 さて、「血圧計は上腕巻きつけ式が一番」と言われたので、帰宅後(義父宅)ソレで測ってみました。
 義父宅には、血圧計は3つ(上腕巻きつけタイプ・上腕全自動(腕を通す)タイプ・手首タイプ)があるので便利 (家電&健康機器オタレベル)です。

 ところが、巻きつけタイプでも189-98なんですよ。
 テーブルに常備している腕を通すタイプだと160代・・・・アレェ?
 再び巻きつけタイプで測ると、また180代。
 これ、帰宅後薬を飲んで「フラフラしなくなった」後の数値ですよ。
 一体どれを信じていいのやら。 
 そしてお義父さん、下がってないのにフラフラ解消は何故なんでしょうね。

 やはり、お医者さんの言うように、血圧ってメンタルで変わるんでしょうか?


 ちなみに私の数値を時系列で示すと
  ・106-56・・・腕を通すタイプ
  ・122-63・・・巻きつけタイプ(↑から5分後)
  ・103-58・・・巻きつけタイプ(↑から1分後)
 上が100前後、下が50代のことが多いです(=^-^=) 



ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/839-0dcb2fa7