03 | 2017/04 | 05

息子が女性恐怖症を克服したようです。 

 「クラスの女子と喋れない!?」

 そんな衝撃の事実を聞かされたのは何時だったか。
 たしか半年ほど前ですよ。
 夕食の仕度をする私の耳に、隣りの和室で洗濯物を畳みながら会話する子供達の声が聞こえたのは。

 でも、小学校のときの同級生と熱弁ふるってたのを見たけど?
 「昔からの知り合いとは話せる。初めて同じクラスになった女子とか、部活の後輩とかはダメ・・・」

 顔を見て話そうとすると、パニクって言葉が出てこないんだとか。
 女の子の視線がコワい?自意識過剰じゃないかしら。
 でも、若い女性が苦手というのは問題だわね(´-ω-`)

 「心配しなくても、オマエのこと好きになる女子は100パーセントいないから。用事があって話しかけてるだけだから。」
 相変わらず容赦ないこと言うなーわが娘は。
 しかしその発言は、生んだ私に対して喧嘩売ってるとみなしますが(笑)

 まぁ、コミュニケーション能力は低いほうだと思っていたけど、まさか女子とまともに喋れないとは!
 自分の息子が女性恐怖症だったとは!

 とはいえ、受験もあり、その件は放置したまま日々は流れ、息子は中学を卒業しました。
 決して忘れていたわけでは・・・・ほぼ忘れていましたいい母親じゃなくてごめんなさい(>人<) 

 我が家で話題に上ることもなく、高校の準備やら手続きやらであっという間に4月になり。
 入学後は、提出書類やら弁当やら部活で帰宅が21時半で心配やら試験なのに部活はあるやら・・・・で女性恐怖症どころじゃなかった。

 ところがある日、ふと思い出したので息子に聞いてみたところ
 「治った。クラスの女子とも普通に話してる。」
 と、あっさり完治報告。

 同じ中学からの知り合いがいないクラスで、心機一転新しいスタートをきった事が良かったんでしょうか。
 インターハイ予選の市内大会で会った、かつての部活仲間の女子とも、スムーズに話せたようです。

 先日、22時近くになっても帰宅せず、いつもは何も言わない夫も「駅まで行ってみる」と上着を羽織った時帰宅した息子が遅れた理由。
 それは、駅でたまたま同中の女子に会い、暗かったから家まで送ったためだとか。
 我が家とはかなり離れていたので、こんなに遅くなった・・・・としきりに謝る息子。
 「やだ、ちゃんと男の子してるじゃない。」
 と安心した次第でございます(=^-^=)

 女性恐怖症(じょせいきょうふしょう)とは、恐怖症の一つであり、女性との交流を極度に恐れたり、女性と話すとひどく赤面したり、女性と一緒にいると不快感を覚えるといった病的な心理のことである。
 ただし男性の中には思春期に、これに似た症状を一時的に経験することがある。
                    ~wikipediaより~




ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

見張り員様へ

こんばんは!
いつもコメントをありがとうございます。
嬉しいと感謝しつつもお返事が遅くなり申し訳ございません<(_ _)>

お褒めのお言葉、たいそう面映く頂戴しました(*/∇\*)
送っていった一点だけを見れば、たしかにちょっと自慢できるかと思いますが、普段の行動は・・・
自己中でオツムも性格人格など全般的に残念な子なんですよ恥ずかしながら。
でも、見張り員さんに「男気のある」などと言われたので、その言葉にふさわしい男子になるようにハッパをかけたいと思います。

assy 様へ

こんばんは!
コメントを頂きながら、お返事遅れてスミマセン<(_ _)>

中学の間は女子が苦手だったようですが、たしかに思春期にありがちな一時的な女性恐怖症だったみたいです。
高校に入り環境が一転して、あれよあれよという間に気が付いたら女子と普通に話せていたとか。
案ずるより生むが易し
・・・ちょっと違うけど(笑)、今となっては青春のほろ苦くも微笑ましい思い出かな(^^)

彼女、できたらいいなぁ。
ルックスに問題アリアリなんだけど←

Re:息子が女性恐怖症を克服したようです。

こんばんは
「女性恐怖症」というほど大げさではなくても思春期にはありがちなことかもしれないですね。女の子より男の子のほうが繊細なのかもしれません。
しかしそれも克服され、女の子を暗い夜道を一人返さず送って行ったなんてなんて男気のある御子息でしょう!
素晴らしい!
そのように育てたのは誰あろうローガンさん、あなたです!
ご自分を誇ってください。
御子息を誇ってください。
最近の世の中を見るにつけご子息のような方は貴重で大事な人材ですよ^^!

御子息に幸あれ!

Re:息子が女性恐怖症を克服したようです。

ローガン渡久地さん

こんばんは!
女性恐怖症、なんかわかる気がします。
私もしばらく女性と話背無かった時期がありました!
まぁ、一時的なものでしたがw

息子さんもしっかり、男の子してるようで
よかったです♪
いずれは、彼女とかもできるでしょうね☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/841-9d26bb53