07 | 2017/08 | 09

『大江戸捜査網』 ~杉良太郎・里見浩太朗・松方弘樹OP~ 


 ドキュメンタリーやバラエティ番組のBGMには、テレビドラマ、映画、アニメのテーマ曲やサウンドトラックがよく使われます。

 先日も、とある番組で、何度も繰り返し使われた曲があり、それが何の曲なのか思い出せず悶々としていました。
 雰囲気的には、1970~80年代のアメリカドラマか、昭和40~50年代の日本の時代劇っぽい。
 でも、タイトルが思い出せない!

 「時代劇な気がするんだけどなー」
 と忘れることに特化したアタマで、なんとか記憶をひねり出そうともがく私。
 無反応な子供たちを尻目に、答えを知っているらしい家長はニヤニヤ嬉しそう・・・
 クソッ、悔しい!

 そんな私を見て家長がニヤニヤのまま(チシャ猫か!)ヒントをくれました。
 「死して屍拾う者なし」

 あー! やっぱそうか、時代劇だわ。
 なんだっけタイトルは?

 思い出せず結局、「死して屍拾う者なし」でググりました。
 『大江戸捜査網 アンタッチャブル』でしたね。杉様ですよね? 
 このテーマ曲カッコイイ(≧v≦)

 ▼大江戸捜査網:杉良太郎(十文字小弥太)

 梶芽衣子さんの冴え冴えとした美しさ!
 いかにも岡田可愛さんらしい配役もツボ。
 杉良太郎さんは脚本家としても参加していたようです。

 ところで、曲と「死して屍拾う者なし」は思い出せるのに、肝心のドラマの思い出が少ないのは何故?
 結婚前は、わりと時代劇には詳しいと思っていたのに(;´艸`)
 再放送(夕方)を流し見程度だったからなぁ・・・
 でもね、放送当時Q州では、東京12チャンネルは映らなかったんだと気付きました!
 (Q州でも、本州に近い北Q州市門司区では本州の放送が見られたかも)
 
 ▼大江戸捜査網:里見浩太朗(伝法寺隼人)OP&ED


 作曲した玉木宏樹さんは、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。
 大学の先輩である山本直純さん(懐かしい!)に作曲と指揮を学んだそうです。
 『大江戸捜査網』のテーマ曲は玉木さんが27歳のときの作品。


 ▼大江戸捜査網:松方弘樹(左文字右京)OP

 松方弘樹さん扮する二刀流の「左文字右京」
 土田早苗さんの「稲妻お竜」と、かたせ梨乃さんの「流れ星おりん」も好きだわ。
 土田早苗さんはキレイで凛々しくて、大好きな女優さんです!
 

 『大江戸捜査網』の後ろに付いてる「アンタッチャブル」って何?
 コレ↓↓しか思い浮かばなかったので、検索してみました。
 1987.jpg 
  出演:ケヴィン・コスナー/ショーン・コネリー/ロバート・デ・ニーロ

アンタッチャブル(untouchable)とは
 賄賂や袖の下などが通用しない「お硬い」相手のこと(例:アメリカ連邦捜査局員←FBI)
 また、かかわるのを躊躇う相手、かかわっては危険な相手。
 以上のように、良い意味にも悪い意味にも使われるが、【一般的な付き合い方が通用しない相手】という意味では似通っている。


 ついでに

「 隠密同心心得の条」 ナレーション(黒沢良)
我が命我が物と思わず
武門の儀、あくまで陰にて
己の器量伏し、
御下命いかにても果すべし
尚、死して屍拾う者なし



 今無性に、ドラマにおけるテーマソングの重要性を語りたい!


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

見張り員様へ

うわぁああああ!
コメの最後の一文でハートを打ち抜かれたっ(≧ω≦)
見張り員さんったら、なんて嬉しい言葉を下さるの!

このOP、本当によく耳にします。
疾走感があって気持ちいい。何より一度聞くと忘れない印象的な曲。何年経っても色褪せない名曲だと思います。

「大江戸捜査網」をご家族で楽しまれていたんですね。
ドラマや音楽で昔の風景がよみがえると、幸せでやさしい気持ちになります。

改めて、嬉しいコメントを下さったお礼を申します。
今日は誕生日だったんです。
見張り員さんからのコメントが、とても心に残るプレゼントになりました。
ありがとうございました。





Re:『大江戸捜査網』 ~杉良太郎・里見浩太朗・松方弘樹OP~

こんばんは
うおおおお大江戸捜査網!!!~~~!
かつての土曜の夜のお楽しみでした、家族そろって大好きでこの時間までにはすべて食事の後片付けも済ましてみたものです!!
懐かしいなあ…、そう、で最近このOP音楽がよくつかわれているのでやっぱ、いいものはいいんだなあ💛と思っておりました私♪
左文字右京とか流れ星おりんさん…ああ、あの頃に戻りたいな。私もまだ中学くらいで、両親も若かったあの頃に。

素敵な記事をありがとございます!!懐かしさに泣けてきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/860-0eae35cb