07 | 2017/08 | 09

フィギュアスケートNHK杯 ~男女シングル6名とアイスダンス2組出場の日本~ 


 世界最高得点の瞬間を共有できて大興奮!
   1位:羽生結弦 ・・・106.33点
  2位:ボーヤン・ジン(金博洋)・・・95.64点
  3位:無良崇人・・・88.25点



******************************

 ※NHK杯の結果によっては、村上大介選手、本郷理華選手のファイナル出場もありえるんですね(((o(*゚▽゚*)o)))

******************************


 フィギュアスケートのグランプシシリーズも、本日開催のNHK杯で最終試合となりました。
 各競技ポイント上位6名が、スペインで行われる“グランプリファイナル”へ進めるため、5試合終了時点で、日本からは宇野昌麿選手ただ一人が確定しています。

 男女シングルの結果で、浅田・羽生・宮原選手の自力出場がかかっています。
 また、ボーヤン・ジン(金博洋)、マキシム・コフトゥン選手も台乗りすれば確定。
 アシュリー・ワグナー 選手は、浅田選手と同様に4位以上で確定です。

 「ファイナルへの切符をつかむのは誰か」
 という目で競技を見るのも緊張感があっていいですけど、1試合しかエントリーしていない選手の「国際試合にお披露目」な初々しい演技も見ものです。

 これに当たるのは、まず木原万莉子選手(18歳)。
 3万人に1人の難病「大腿骨頭すべり症」の治療で2年のブランクがありながらの出場です。
 中学1年で発症したとき「スケートどころか、ちゃんと歩けるようになるかどうかもわからない」と言われたのに復帰し、試合で結果を出すなんて本当に凄い。
 並大抵の努力じゃなかったと推察されます。
 そんな木原万莉子選手の演技、見ないわけにはいきません!

 そして、アイスダンスの村元 哉中(むらもと かな) / クリス・リード組。
 今年6月にペアを組んだばかりなのでモチロン初登場。
 クリスはお姉さんのキャシーと組んで、オリンピックに2度、世界選手権にも8年連続で出場したベテラン。
 22歳の村元選手との演技はまだ見たことがないのでとても楽しみです。
 どうか放送がありますように!


******************************


 帰宅後投稿するつもりが時間が押して男子シングル後半が始まっており、1番上の文章が新しくなってしまいました。
 読みづらくてすみませんm(_ _)m


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
       にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村 
あ り が と う ご ざ い ま し た
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/873-cb1f485a