03 | 2017/04 | 05

6歳違いの姉弟、小遣い格差10倍は常識・・・なわけありません! 


 ジムに通い「年を取ったら貯筋が大切!」と豪語していた義父が、バイト帰りに突然フラつき電柱に摑まらないと立っいられなくなったのは三年ほど前。
 20分椅子に座っただけで、立ち上がる際ふらついてコケそうになるなんて、想像だにしていませんでした。

そんな義父は「孫の小遣い代を稼ぐため」に駐車場でバイト(月数回)し、当時高校生だった孫娘(ウチの長女)に五千円~一万円渡していたようです。
 私の目の前で行われることはほとんどなかったので、長女の自己申告情報ですが。
 当時小学生だった跡取り(長男)には、一緒に食事へ行った際お釣りの硬貨をあげていたのは知っています。
 ただし、お釣りに千円札があれば、それは自動的に長女の手元へ、でしたね。

 義父にとって、ウチの長女は初孫だし、自分には男の子しかいなかったから、女の子が可愛いのは理解できます。
 お小遣いを下さるのは嬉しいし、保育所に通っている頃保育所代の補助として頂いていた月3万は、正直非常に助かりました。(夫婦共に会社員の為、一番高い保育料金だったので)

 そんなこんなで、義父母宅には長女のことでは、長い間お世話になりっぱなしです。
 私が働いていたから、保育所のお迎えも義父母でしたし。
 その流れで、「ローガンさんは帰り遅いから、T子の晩ご飯は私達と済ませとくわ」という事になり、平日は夫婦二人の食卓でしたね我が家は。

 こうして改めて文字にすると、義父母にとっていかに孫娘が特別かが理解できてしまいました。
 跡取りに関しては、私が仕事をやめてしまったので接する時間が孫娘の何十分の一しかなかったわめですね。
 触れ合う時間が短ければ、必然的に愛情も小さくなって当然と?

 なんて、納得したと思った?

 目の前で、お姉ちゃんには2万円の小遣いを渡し、その後自分には2千円くれるおじいちゃんを、息子はどんな気持ちでみているんでしょう。
 嫁の立場の私には、とてもじゃないけど「10倍の格差は大きすぎる」と言えないのです。
 息子よ、意気地なしの母を許して!


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

鍵コメ(7/19) 様へお返事です

鍵コメ様、頂いたコメントを半月も放置してしまい誠に申し訳ございませんでした。
あまりにも不誠実な所業で、お許し頂ける期間を越えているのは重々承知しております。
本当にごめんなさい。

子供や孫を平等に可愛がるのは「当たり前」だと思います。
意地悪で下衆な勘繰りをすると、娘>>>>>>>嫁な場合は、孫に対するというより「嫁いびり」の一環で「嫁の血を引く孫」を可愛がれないのかもしれません。
自分の血も受け継いでいるのにね。

それにしても、読んでいて滅茶苦茶腹が立ちましたよ!
悲しいし悔しいです。息子さんの心に傷を残したのが許せない。
鍵コメさんのご親族を悪し様に罵ってスミマセン。

ブラックキャップの件、情報ありがとうございました。
スーパーで探してみます。

最後に、重ねてお返事の遅滞とご無礼をお詫び申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ07/17様へ返信です

鍵コメ07/17様、ご無沙汰しておりますお元気ですか。

人間だもの、同じ孫でも可愛さに差があってもしかたない、かもですが態度に出し過ぎは大人気ないと思います。
我が子を可愛がってくれて嬉しいのは本当なんですけどね。
やはり複雑です、、、、、

鍵コメさんのところは、跡取り(息子の子供)<外孫(娘の子供)ですか。
理不尽だわ!
やはり孫は平等に可愛がってほしいですね。
自分がお婆ちゃんになった暁には、孫には一律に接してお小遣いもルールを作って公平にするつもりです。

義妹さんのお宅の方が近いのですか?
それにしても、小学生だった息子さんの気持ちを思うと胸が詰まります。

愚痴ばかりになってしまいました。
折角ご訪問&コメント下さったのに嫌な気持にさせてしまって申し訳ございません。

九州~東海は梅雨明けしますます暑くなりそうです。
鍵コメさんのお住まいの地域もじきに梅雨明けで更に暑くなりますよね。
鍵コメさんのご家族やワンちゃんが、夏バテせず元気に過ごせますように!


余談ですが、黒スグリ、鍵コメさんのブログで初めて見ました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/915-8604f0e9