09 | 2017/10 | 11

子供達の「サリドマイドって何?」に驚いた話 


 長らくご無沙汰しておりました。
 更新なき中幾度もご訪問いただいた心やさしき皆々様、感謝してもしきれません。本当にありがとうございました!

 ++ + ++ + ++ + ++

 さて、一時は舅姑が同時に別の病院に入院し、家を守るのはポメラニアン一匹だった主人の実家。
 現在は二人とも無事退院に漕ぎ着け、要介護度はアップしたものの元気(?)に暮らしております。
 徒歩10分離れた義父母宅へは、1日に4回通っていた頃もありましたが、今では(私が行くのは)1日に2回にしています。
 申し訳ないけど、自分の家の事が疎かになり過ぎて・・・

 IMG_7396.jpg
 ▲リビングの窓は通りに面した南向き。傍を通る人や車の観察に余念がないハナ

 入院するたび歩けなくなっている舅は、薬があわなくて吐き気やふらつき肩こりが辛いと訴え、今週から化学療法に代わり投薬治療になりました。
 で、この新しい薬、服用する舅は勿論、薬を管理する家族も署名が必要な薬でした。

 どんな薬かというと、サリドマイド ですって。

 子供の頃、サリドマイド薬害事件の報道を何度も見てきた世代なので、正直未だに使われている事に驚きました。
 医師からは、薬の説明の中で日本で再び使用できるようになった経緯なども聞き、この薬を使うことに同意しました。

 薬は調剤薬局ではなく、院内で受け取ります。
 その際ビデオを見るのが義務のようで、ナレーションよりBGMの音量が大き過ぎる教材のようなビデオを見ること約10分。
 その中で、服用中に妊娠したら胎児に悪影響云々に続いて避妊についてのレクチャーがありました。

 80近い舅と長男の嫁が、避妊の様々な方法や注意事項を説くビデオを真面目くさった顔で眺めている図は、傍から見た人にはどう映るんでしょうね。
 家族で見ていたドラマで急に濃厚なラブシーンが始まっていたたまれない時とも微妙に違った、なんとも言えぬ妙な雰囲気で過ごした10分間だったわ。

 ところで、帰宅後ジジの新しい薬の話題になった際、子供達がサリドマイド薬害事件を知らないことが判明しました。
 カネミ油症事件森永ヒ素ミルク事件は知っているのに何故?
 学校で教えないのかしら。
 知っておくべき事件だと思うんだけど。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

鍵コメ(12/14)様へお返事です

鍵コメさん、肺炎になりかけて三日も寝込んでいたとは!!
もうすっかり回復しましたか?
主婦が三日も寝込むなんて、かなりお身体きつかったと思います。
無理は禁物ですよ。お大事になさってね。

やはり風邪は怖いですね。私も4,500円を握り締めて予防接種受けようと、今思いました。
我が家は長女が熱(38.6℃・・・一日で下がった)、ダンナが嘔吐下痢、とインフルではないけど風邪を我が家に呼び込んでくれてます。
本日午後、息子にはインフルの予防接種を受けさせものの自分はスルー。
もう10年以上、予防接種は受けていません。
自分が語りを長々と失礼しました。

鍵コメさんが寝込んだのって、もしかして義妹さんが福岡へ帰宅された後?
寒暖の差が激しい気候とストレスが、風邪の一因なのでは?
自分も結構シビアな状況と思いますけど、鍵コメさんの日常もかなりしんどいようにお見受けします。

お互いに靴下を履くのに苦労したり、下りの階段がコワくなったりする年代です。
(どちらにも苦労していなかったらスミマセン)
寒さが緩んだり即厳しくなったりで、身体が付いていきませんが、お身体はくれぐれもご自愛くださいませ。

お返事が遅くなって御無礼いたしました<(_"_)>
  • [2016/12/19 20:17]
  • URL |
  • ローガン渡久地
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/935-84df7e8f