06 | 2018/07 | 08

梨といえば「二十世紀(にじっせいき)」 


 姑が犬の散歩中に転んで骨折し、私が初めて介護に直面し一喜一憂していた頃、
 「あなたは双方のご両親四人が近くに住んでるから、近い将来四人の介護がのしかかってきますよ」
 と予言されていた事が、現実味を帯びております。
 嬉しくない。

 最近嬉しかったのは、毎年恒例のが届いたこと。
 IMG_1079.jpg
 大きくて、水分が多くて甘い、二十世紀です。

 私の世代は、運動会も体育祭も秋だったから、家族と食べるお弁当には、や柿が付き物でした。
 運動会の思い出とは、切っても切れない。

 運動場に敷いた、ペラペラで薄いシートは座り心地が悪かったはずなのに、そんな事は全く気にならなかった。
 美味しくて楽しい記憶で溢れています。
 自分が親になって分かったけど、あのお弁当を作るのは、凄く大変だったと思います。
 「アレが食べたい」「コレも入れて」
 おにぎりの形からおかず、おやつに果物に至るまで、リクエストしまくっていた私。
 それに応えてくれていた母は、偉大でしたね。

 うん、感謝の気持ちが蘇って来た。
 もっとやさしい気持ちで、入院中の母に接しなきゃ。
 ステージ4の食道癌だった父と違い、余名宣告などない病状なのに、あんまり「痛い死にたい私は終わりだ」と言うから、以前に比べてあきらかに、やさしい言葉や態度が減ってきてたわ自分。
 母が産んでくれなきゃ、今の私はいないのに・・・

 父は母のために、を剥いて持って行ってます。


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

鍵コメ(10/6)様へお返事です

鍵コメ(10/6)様、お返事が大変遅くなり申し訳ございません。

「長男の嫁」は逃れられない義務を負いますね。
さらに私の場合、実家の両親は私の近くで、長男(弟)は県外ですからね。
「老いた父母の介護は、子として当然やるべき」
と思うんだけど、実際やってみるとね。

やさしい言葉を頂いて感謝しています。
どちらの両親からも「無理しないで」とは言われるんだけど・・・・
あーw
無限愚痴ループに陥りそうなのでやめておきます。
マジで悩んでもしかたないし!

コメント、とっても嬉しくて心に沁みました。
親御さんの最期を看取ったからこその言葉には、真実や力が篭っているように感じました。
鍵コメさん、本当にありがとうございました!!
  • [2017/10/18 16:55]
  • URL |
  • ローガン渡久地
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/942-b469bb27