06 | 2018/07 | 08

リクエスト上位は、ライトノベルとノベライズ 


 新任の司書がこの棚を見て一言 (※クリックで見やすくなります)
 201806.jpg
「この学校は漫画も置いてるんですね!」

 パッと見、漫画のようですが、中は違います。
 所謂「漫画のノベライズ」という本です。
 ハガレン、おそ松、キングダムハーツ、メイちゃんの執事、イナズマイレブン・・・以外はジャンプ漫画かな。棚の殆どがジャンプ漫画で占められてる! 集英社さんは潤ってるわね
 タイトル別では「ハイキュー」が多いですね。 2.5次元舞台もやってるし、凄く熱い作品なのでしょうか。
 この勢いで、東京オリンピックでもバレーボールが盛り上がるといいなぁ(*^∇^*)

 ところで、ウチの中学校の図書館の蔵書は、約1万3千冊。
 自分が中学生時代にはなかった「ライトノベル」が、900番台(913)の書架にずら━━━━っと並んでいます。

 司書もブックヘルパーも、ライトノベルに全く明るくないので、新刊が入る度、分類に頭を悩ませます。
 表紙がアニメ絵だったり、カラーイラストや挿絵が多いと「ライトノベル」かな? と感じます。
 あと、シリーズが長いのも特徴かしら。

 1980年代に『なんて素敵にジャパネスク』(作:氷室冴子)などの「ジュニア小説」というジャンルが流行りました。
 ライトノベルは、それの今風な呼び名では・・・・というのが、ウチの図書館の認識です。
 当たらずとも遠からず、でしょうか?

 同じようにNHKの衛星アニメ劇場で放送されながら、ライトノベルと文芸書に分かれる場合もあります。
 『彩雲国物語』(作:雪乃紗衣)はライトノベル。 『十二国記』(作:小野冬不由美)は文芸書です。
 小野冬不由美さんの作品は、一括で文芸書扱い。
 アニメ関係でも有名な 冲方 丁(うぶかた とう)さんも文芸書のくくりですね。
 時間があれば、ライトノベルが何冊あるか確認してみようかな。

 こども達が、一冊でも多く本を読んでくれるなら、最初のきっかけがゲームや漫画、ディズニー映画のノベライズでも、ライトノベルでもいいんです。
 昼休みには、気軽に図書館に来てほしい。
 今ならもれなく、ブックヘルパーのおばちゃんの「スマイル」も付いてくるよ!


ランキングに参加しています。お帰りの際にクリックして頂けると励みになります
     にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
    にほんブログ村 
  あ り が と う ご ざ い ま し た
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunsuirei8019.blog93.fc2.com/tb.php/970-57ff4915